HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【徹底比較】高齢者配食で起業!加盟するならフランチャイズ 4社どこがベストか?【評判】

 

日本における高齢者人口が年々上昇傾向にあるなか、高齢者を対象とした配食サービスの需要が高まっています。

高齢者配食ビジネスは成長性の高いビジネスとしても注目されているため、新規参入したい、開業を目指したいという方も多いのではないでしょうか。高齢者配食ビジネスで開業したいという方は、独自開業する前にフランチャイズ加盟を検討されてみてはいかがでしょうか?

この記事では、高齢者配食サービスのフランチャイズ本部として評判の高い4社を徹底比較しました。高齢者配食のフランチャイズを選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

 

自己紹介

無数に存在するフェイク情報。これを正すことに指名を感じ、不定期で記事を作成しています。とにかく嘘が嫌い。嘘に騙される自分も嫌い。複数の加盟開発やクラウドファンディングに携わり、独立と労働についての見識はある程度心得ています。

 

 

高齢者配食とは

高齢者配食フランチャイズ

高齢者配食とは、高齢者世帯を対象に栄養バランスのよいお弁当などの食事を提供するサービスのことを指します。高齢者が対象ということもあり、加齢により嚥下(えんか)が困難な方でもおいしく食事ができるように、やわらかめの普通食やきざみ食、ミキサー食やムース食を提供するなど、様々な工夫が施されています。また、お弁当を届ける際に安否確認なども行います。

高齢者を対象とした配食サービスでは、糖尿病を患う方や腎臓病で透析が必要な方も多いため、「カロリー調整食」「たんぱく質調整食」「透析食」など、高齢者の体調やニーズに合わせた食事を提供する必要があります。

そのため、新たに高齢者の配食サービスを始めるためには、疾患のある高齢者に向けた食事に関する様々な知識が必要になります。

これらの理由から、高齢者配食ビジネスの開業を検討する場合、すでにノウハウを持ったフランチャイズ本部に加盟することが最短かつ安全な道のりだと言えます。

 

高齢者配食フランチャイズの仕組み

高齢者配食のフランチャイズは、フランチャイズ本部(フランチャイザー)と契約し、加盟金やロイヤリティを支払うことで、加盟店側はお店の看板や商品の販売権、経営ノウハウを得るという仕組みです。

フランチャイズ本部は、仕入れからメニュー開発、顧客獲得や販売など、ビジネスを成功に導くためのノウハウを持っています。そのため、フランチャイズを活用すれば未経験者でも短期間での開業ができ、かつ本部のサポートを受けながら安心して経営することができます。

 

高齢者配食フランチャイズの特徴

経費を抑え、売上を伸ばす

高齢者配食フランチャイズの場合、地域のケアマネージャーや看護師、病院からの紹介によって配食の依頼を受けることがほとんどです。すでに知名度のあるフランチャイズチェーンであれば、高額な販促費をかけなくても、ケア施設や病院への挨拶回りによって売上を伸ばすことができるでしょう。

 

簡潔な業務

高齢者に届ける食事はフランチャイズ本部の製造工場やメーカーで調理され、加盟店には完全調理済みの食材が届きます。フランチャイズ加盟店では届いた食材を開封して盛り付ける、湯煎して盛り付けるといった作業がメインとなるため、調理未経験者でも安心して始めることができるというメリットがあります。

さらに、調理が不要なため大掛かりな店舗の施工も必要ありません。7~10坪ほどの小さなスペースがあれば、自宅や既存の店舗を活用してビジネスを始めることも可能です。

 

低資金開業、小規模経営が可能

配達はお客様の要望に応じて、1日1回~3回、車やバイクを使って配達します。調理の手間が無いことから、1日50~80食程であればオーナー1名でも事業を始めることができ、初期から高額な人件費を負担する必要はありません。

配食サービスの代金は、銀行振込や月末現金払いなどの方法で、お客様から直接入金されます。その中から、ロイヤリティや仕入代金を本部へ支払うという流れが一般的です。

 

高齢者配食サービスの需要

社会が何故高齢者配食サービスを求めているかを簡単に解説します。

内閣府が公表する「令和元年版高齢社会白書」によると、平成30年の日本における65歳以上の高齢者の人口は3,558万人、総人口に占める高齢者の割合(高齢化率)は28.1%で、現在日本は4人に1人が高齢者という時代になっています。

さらに2025年には人口の30%以上が高齢者と予測されており、増加傾向は2042年まで続くと言われています。

なかでも都心部における75歳以上の高齢者人口は、今後急速に加速することが見込まれています。高齢者人口の割合が多くなっていることで、高齢者だけの世帯の数も増加しています。

その背景には、高齢者の受け入れが可能な施設には限りがあり、介護施設への入居希望者全員が介護施設に入れないことが原因の1つとなっています。また、介護施設には入りたくない、できる限り自宅で過ごしたいと望んでいる高齢者も多くいます。

しかし、私生活をおくるうえで特に問題のない高齢者でも、3食の食事を用意することは年齢とともに大きな負担になります。料理をすることはもちろんですが、高齢になると買い物に出かけることが体力的に困難になってきます。近くにお店がない方の場合は、電車やバス、自家用車などで買い物に行かなければいけないため、さらに負担が大きくなります。

家族と一緒に暮らしている高齢者も少なくありませんが、仕事をしながら毎日高齢者の食事を用意することは家族にとっても負担になります。高齢者のみの世帯だけではなく、高齢者と一緒に生活する家族からしても、体調に合う栄養バランスのとれた食事を配達してもらえる高齢者配食サービスの需要は、今後さらに高まることが予想されます。

 

高齢者配食事業で評判の高い4社フランチャイズ本部を徹底比較!

高齢者配食フランチャイズ


フランチャイズに加盟して事業を始める場合、加入するフランチャイズ本部選びがとても重要です。ここからは、評判の高い高齢者配食フランチャイズ本部4社について、次の8項目を徹底比較しました。加盟検討の参考材料としてお役立てください。

 

  1. 高齢者配食サービスの特徴
  2. 高齢者配食のメニュー・料金
  3. フランチャイズへの加盟条件(加盟金・保証金・ロイヤリティ・会費・契約期間)
  4. フランチャイズ本部の雰囲気
  5. フランチャイズ店舗数
  6. 収益シミュレーション
  7. 運営会社情報

 

まごころ弁当(株式会社シルバーライフ)

高齢者配食フランチャイズ

https://www.magokoro-bento.com/fc/lp.html


高齢者向け配食サービス「まごころ弁当」を運営するフランチャイズ本部は、株式会社シルバーライフです。

 

1. 高齢者配食サービスの特徴

まごころ弁当は、メニューに使用する材料の8割が国内産、野菜は4割以上が契約農家で専用栽培されたものを使用するなど、安心、安全な食事にこだわった高齢者向け配食サービスです。栄養士が考える日替わりの献立は、どれも栄養バランスがよくカロリーが調整されています。

 

2. 高齢者配食のメニュー・料金

まごころ弁当の高齢者向けメニューは、次の6種類です。

メニュー

価格

特徴

小町

350円~

低カロリー、低塩分で料金が手頃なのが特徴

普通食

500円~(おかずのみ450円~)

・70歳前後の高齢者の必要なカロリーや栄養素が摂れるのが特徴

・おかずのみだけでも注文可能

カロリー調整食

650円~(おかずのみ600円~)

・カロリーや塩分制限が必要な高齢者向け

・おかずのみでも注文可能

たんぱく調整食

 

800円~(おかずのみ700円~)

たんぱく調整米使用の場合+50円

たんぱく質の摂取量の注意が必要な方向け

・おかずのみ、たんぱく調整米の使用した注文も可能

ムース食

 

590円~(おかずのみ540円~)

・噛むことや飲み込むことが困難な方向け

・おかずのみでも注文可能

やわらか食

740円~(おかずのみ700円~)

おかゆ、きざみ食を食べている高齢者向け

・おかずのみでも注文可能

 まごころ弁当は、きざみ食やムース食のような噛むことや飲み込むことに困難な高齢者向けのメニューだけではなく、カロリー、塩分、たんぱく質の摂取量の制限がある高齢者に対しても、それぞれ対応したメニューを用意しているのが特徴です。また、おかずのみで注文することができ、ご飯は自分の好みの固さのものを食べたいという人など、幅広いニーズに対応しています。

 

3. フランチャイズへの加盟条件(加盟金・保証金・ロイヤリティ・会費・契約期間)

まごころ弁当をフランチャイズ展開している株式会社シルバーライフは、加盟金やロイヤリティが一切かからないのが特徴です。

 

フランチャイズ加盟条件

加盟金

0円

保証金(ただし審査あり)

0円

ロイヤリティ

0円

システム料

0円

会費(定額、税抜)

月30,000円

契約期間

5年間

まごころ弁当のフランチャイズに加盟するにあたり加盟金、保証金、ロイヤリティ、システム料は必要ありませんが、会費という名目で毎月30,000円が発生します。事業を始めるためには物件を取得する必要があるため、店舗の取得費や必要な改装工事費などで150万円ほどの初期費用や運転資金の準備が必要になります。

 

4. フランチャイズ本部の雰囲気

まごころ弁当を展開している株式会社シルバーフーズの代表は、店長をしていた経験のある方です。実践に基づいた経験からノウハウをマニュアル化しているため、実績を出しやすいと言えます。

また、各店舗には担当のSV(スーパーバイザー)が付き、物件の探し方から店舗準備期間もしっかりサポートをしてもらえます。担当SVは全員が店長経験者なので、店長経験を持つ代表と担当SVから、自らの店長経験を生かした経営支援を受けることが可能です。

店舗開業の前後は担当のSVが店舗に入り、試食品の調理指導をはじめ、店舗内業務や営業のロープレ研修が実施されますので、安心して業務をスタートすることができます。もちろん、開業前だけではなく開業後もスタッフの採用や店舗運営に関する継続的な支援、相談を行なってもらえるので、フランチャイズ本部と加盟オーナーの関係は良いと考えられます。

 

5. フランチャイズ店舗数

株式会社シルバーライフは、まごころ弁当と配食のふれ愛を展開しています。2019年7月の19期現在のFC加盟店数は、まごころ弁当が430店、配食ふれ愛が299店で合計729店舗となっています。

 

6. 収益シミュレーション

株式会社シルバーライフでは、1日の販売数が50食の場合、200食の場合、600食の場合のモデルケースの収益シミュレーションを公表しています。

 

<50食 平均販売単価475円想定の場合>

売上

日食(1)

50食

 

客単価(2)

475円

 

売上(3)=(1)×(2)× 30

712,500円

100.0%

原価(4)

307,088円

43.1%

売上総利益(5)=(3)-(4)

405,413円

56.9%

経費

雑給

0円

0.0%

家賃

80,000円

11.2%

ロイヤリティ

ゼロ

0%

会費

30,000円

4.2%

水道光熱費

20,000円

2.8%

燃料費

12,000円

1.7%

雑費

30,000円

4.2%

経費合計(6)

172,000円

24.1%

営業利益(5)-(6)

233,413

32.8%

 

<200食 平均販売単価475円想定>

売上

日食(1)

200食

 

客単価(2)

475円

 

売上(3)=(1)×(2)× 30

2,850,000円

100.0%

原価(4)

1,228,350円

43.1%

売上総利益(5)=(3)-(4)

1,621,650円

56.9%

経費

雑給

600,000円

21.1%

家賃

80,000円

2.8%

ロイヤリティ

ゼロ

0%

会費

30,000円

1.1%

水道光熱費

60,000円

2.1%

燃料費

36,000円

1.3%

雑費

90,000円

3.2%

経費合計(6)

896,000円

31.4%

営業利益(5)-(6)

725,650

25

 

<600食 平均販売単価475円想定>

売上

日食(1)

600食

 

客単価(2)

475円

 

売上(3)=(1)×(2)× 30

8,550,000円

100.0%

原価(4)

3,685,050円

43.1%

売上総利益(5)=(3)-(4)

4,864,950円

56.9%

経費

雑給

1,800,000円

21.1%

家賃

80,000円

0.9%

ロイヤリティ

ゼロ

0.0%

会費

30,000円

0.4%

水道光熱費

150,000円

1.8%

燃料費

96,000円

1.1%

雑費

180,000円

2.1%

経費合計(6)

2,336,000円

27.3%

営業利益(5)-(6)

2,528,950

29.6%

こちらはすべて平均単価を475円で計算した数字です。平均単価が高くなればその分利益があがります。

 

7. 運営会社情報

会社名

株式会社シルバーライフ

本社所在地

〒160-0023東京都新宿区西新宿4-32-4ハイネスロフティ2階

関東工場

〒370-0603群馬県邑楽郡邑楽町中野1678-1

受付センター

〒370-0503群馬県邑楽郡千代田町大字赤岩字上宿北195-1

電話

03-6300-5622(本社代表)

代表取締役

清水 貴久

設立

2007年10月

従業員数

255人(パート・アルバイト含む)※2019年7月末現在

 

 

ライフデリ(株式会社グランフーズ)

高齢者配食フランチャイズ

https://lifedeli.jp/

高齢者向け配食サービス「ライフデリ」のフランチャイズ本部は、株式会社グランフーズです。

 

1. 高齢者配食サービスの特徴

ライフデリが使用する野菜の国産比率は85%以上です。ライフデリでは、曲がった野菜や規格外の大きさになった野菜など、味や品質はとても良いのに見た目だけが原因でスーパーや農協が買取らない国内の野菜を、契約農家から直接買い取ることで、安くて美味しいお弁当の提供を実現しています。

昨今注目されている食品ロスとの関係性も強く、安さだけでなく社会貢献度が高いこともサービスの特徴です。

 

2. 高齢者配食のメニュー・料金

ライフデリの高齢者向けメニューは、次の6種類です。 

メニュー

価格

特徴

普通食

522円~(おかずのみ475円~)

・一般の高齢者や生活習慣が気になる向け

・おかずのみだけでも注文可能

・配達は昼食と夕食の2回

カロリー調整食

732円(おかずのみ667円)

※朝食をご希望される方は、565円~(おかずのみ482円~)

 

・糖尿病・糖尿病予備軍の方向け

・おかずのみでも注文可能

・配達は昼食と夕食の2回

・朝食は前日の昼食か夕食の配達時

透析食

 

806円(おかずのみ741円)

※朝食をご希望される方は、649円~(おかずのみ565円~)

・腎臓病で透析治療中の方向け

・おかずのみでも注文可能

・配達は昼食と夕食の2回

・朝食は前日の昼食か夕食の配達時

腎臓食

 

806円(おかずのみ741円)

※朝食をご希望される方は、649円~(おかずのみ565円~)

・腎臓病でまだ透析治療を受けていない方向け

・おかずのみでも注文可能

・配達は昼食と夕食の2回

・朝食は前日の昼食か夕食の配達時

やわらか食

741円(おかずのみ695円)

・噛む力が弱くなった方(きざみ食をご希望の方)向け

・おかずのみだけでも注文可能

・配達は昼食と夕食の2回

ムース食

649円(おかずのみ602円)

※朝食をご希望される方は、445円(おかずのみ343円)

・嚥下が困難な方(ミキサー食をご希望の方)向け

・おかずのみでも注文可能

・配達は昼食と夕食の2回

・朝食は前日の昼食か夕食の配達時

 

3. フランチャイズへの加盟条件(加盟金・保証金・ロイヤリティ・会費・契約期間)

ライフデリを展開している株式会社グランフーズへは、法人だけではなく個人でも加盟することが可能です。

フランチャイズ加盟条件

加盟金

0円

保証金

0円

ロイヤリティ

0円

研修費

100,000円

会費(定額、税抜)

月30,000円

契約期間

3年間(以降3年ごとに更新)

加盟資格

法人、個人のいずれも可

営業日

お正月三が日を除き年中無休

 

4. フランチャイズ本部の雰囲気

ライフデリを展開する株式会社グランフーズは、自由な経営スタイルが人気です。困ったときや悩んだときはいつでもフランチャイズ本部に電話で相談することができますが、他のフランチャイズのように担当のSVはつきません。

これは、株式会社グランフーズの代表がフランチャイズに加盟して開業した際、担当のSVと会議をするために合間を縫って時間を作ったにもかかわらず、薄い会議内容だったり、雑談だけして帰ってしまうことが度々あったという経験から必要最低限の人員で運営したいという考えがあるためです。

担当のSVがいることで、スポット的な相談がしやすいというメリットはありますが、時間や経営判断を奪われる可能性もあります。グランフーズの推奨する非SV形態は、加盟オーナーの自由度や裁量が十分に確保された透明性あるプランと言えます。

 

5. フランチャイズ店舗数

2012年から高齢者配食事業を開始し、2019年には全国170店舗まで店舗数が増加しました。また、競合他社と異なり、ライフデリの店舗営業エリアは完全に保護されています。これによって加盟店同士がエリアや営業先を取り合うことを防止しており、一人ひとりのオーナーを成功させるための店舗開発戦略を実施していると言えます。

 

6. 収益シミュレーション

株式会社グランフーズでは、1日の販売数が50食の場合、100食の場合、200食の場合のモデルケースの収益シミュレーションを公表しています。

 

<1日50食 オーナー1人で運営する場合>

売上

812,310 円

原価

336,413 円

41%

粗利

475,897 円

59%

人件費(社員)

0 円

0%

人件費(パート)

0 円

0%

家賃

80,000 円

10%

会費

30,000 円

4%

水道光熱費

20,000 円

2%

燃料費

20,000 円

2%

車両レンタル費

20,000 円

2%

システム利用料

18,000 円

1%

その他・雑費

30,000 円

4%

経費合計

218,000 円

27%

営業利益

257,897

32%

 

<1日100食 オーナー1人+パート、アルバイト3~4名で運営する場合>

売上

1,624,620 円

原価

672,827 円

41%

粗利

951,793 円

59%

人件費(社員)

0 円

0%

人件費(パート)

300,000 円

18%

家賃

80,000 円

5%

会費

30,000 円

2%

水道光熱費

30,000 円

2%

燃料費

50,000 円

3%

車両レンタル費

40,000 円

2%

システム利用料

18,000 円

1%

その他・雑費

50,000 円

3%

経費合計

598,000 円

37%

営業利益

353,793

22

 

<1日200食 オーナー1人+社員1名+パート、アルバイト3~4名で運営する場合>

売上

3,249,240 円

原価

1,345,654 円

41%

粗利

1,903,586 円

59%

人件費(社員)

250,000 円

8%

人件費(パート)

400,000 円

12%

家賃

80,000 円

2%

会費

30,000 円

1%

水道光熱費

50,000 円

2%

燃料費

90,000 円

3%

車両レンタル費

60,000 円

2%

システム利用料

18,000 円

0%

その他・雑費

70,000 円

2%

経費合計

1,048,000 円

32%

営業利益

855,586

26%

 株式会社グランフーズの場合は平均単価ではなく、開業3~6ヶ月までに1日50食を、開業12~15ヶ月で1日100食を、開業2~3年で1日200食を達成することを目標にした収益シミュレーションになっています。

 

7. 運営会社情報

社名

株式会社グランフーズ

本社所在地

〒151-0053東京都渋谷区代々木1-54-8 アビエス代々木3F

代表者

代表取締役 小川 雄一郎

TEL

050-3171-8071

設立

2004年10月18日設立

事業内容

1.高齢者施設向け食材販売

2.個人宅向け食材販売

3.高齢者配食店舗の運営

4.高齢者施設の厨房受託

5.高齢者配食事業FC本部の運営

 

宅配クック123(株式会社シニアライフクリエイト)

高齢者配食フランチャイズ

http://slc-123.co.jp/

高齢者向け配食サービス「宅配クック123」のフランチャイズ本部は、株式会社シニアライフクリエイトです。

 

1. 高齢者配食サービスの特徴

宅配クック123の「123」には、向こう三軒両隣のように高齢者宅にとってよい隣人のような存在でありたいという願いが込められています。

日々の食事の用意が大変になってきた高齢者の方や、男性1人で栄養バランスが偏ってしまっている方、火の扱いが不安になってきた高齢者の方、親の健康が気になるお子様からの依頼など、幅広い方のニーズに応える配食サービスを目指しているという特徴があります。

 

2. 高齢者配食のメニュー・料金

宅配クック123の高齢者向けメニューは、次の9種類です。

 

メニュー

価格

備考

普通食

594円(おかずのみ540円)

・少量ずついろいろなおかずを食べたい、バランスよく食べたい人向け

・おかずのみだけでも注文可能

カロリー・塩分調整食

820円(おかずのみ777円)

・カロリーや塩分制限が必要な高齢者向け

・おかずのみでも注文可能

たんぱく・塩分調整食

820円(おかずのみ777円)

 

たんぱく質・塩分の摂取量の注意が必要な方向け

・おかずのみでも注文も可能

透析食

820円(おかずのみ777円)

 

・透析治療中の方向け

・おかずのみでも注文も可能

ムースセット食

 

820円(おかずのみ777円)

・噛むことや飲み込むことが困難な方向け

・おかずのみでも注文可能

やわらか食

820円(おかずのみ777円)

・硬いものが食べられない、きざみ食が食べにくい方

・おかずのみでも注文可能

消化にやさしい食

820円(おかずのみ777円)

・消化器官に不調がある、消化機能が弱っている方

・おかずのみでも注文可能

健康ボリューム食

660円(おかずのみ606円)

・しっかり食べたい方、同居家族用、老人会の集まりに利用したい方など

・おかずのみでも注文可能

朝食

パンセット275円

おじやセット313円

・朝食も手軽に準備したい方

・朝食もしっかり取りたい方

※昼食、夕食をご利用の方のみのサービスです

 

3. フランチャイズへの加盟条件(加盟金・保証金・ロイヤリティ・会費・契約期間)

宅配クック123を展開している株式会社シニアライフクリエイトが公表するフランチャイズ加盟条件は次のとおりです。

フランチャイズ加盟条件

加盟金

1,800,000円

研修費

200,000円

保証金(非課税)

500,000円

備品

300,000円

暖房機器

店舗により異なるため別途見積もり

店舗設計費・施工費

店舗により異なるため別途見積もり

合計

2,800,000

 このほかに毎月ロイヤリティ、システム料、店舗総合保険料が必要になります。契約期間など詳細については公表されていないため、詳細はお問い合わせください。

 

4. フランチャイズ本部の雰囲気

宅配クック123では、先輩となるフランチャイズ加盟店オーナーの話などが公開されていないため、詳しい内容がわかりませんでしたが、開業前の市場調査や開業後しばらくはフランチャイズ本部から担当のSVが付き、オーナーの経営をバックアップしているようです。

 

5. フランチャイズ店舗数

直営店5店舗、FC加盟店320店舗

 

6. 収益シミュレーション

株式会社シニアライフクリエイトの収益シミュレーションは公表されていませんでした。

 

7. 運営会社情報

社名

株式会社シニアライフクリエイト

創業

1999年12月 

設立

1999年12月

資本金

28,000万円

代表取締役

高橋 洋 

所在地

東京本社 〒108-0073 東京都港区三田3丁目12番14号 ニッテン三田ビル6F

TEL:03-5427-3981 FAX:03-5427-3982

大阪支社 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目17番26号 エスプリ江坂8F

TEL: 06-6192-8101 FAX:06-6192-8102

営業所 札幌市

事業内容

1)高齢者専門宅配弁当「宅配クック ワン・ツゥ・スリー」 フランチャイズ本部の運営

2)高齢者施設向食材卸事業「特助くん」の運営

3)高齢者向コミュニティサロン「昭和浪漫倶楽部フランチャイズ本部の運営

主要株主

株式会社ファミリーマート

取引銀行

三菱UFJ銀行虎ノ門支店

みずほ銀行虎ノ門支店

従業員数

正社員 96名(2019年2月末日現在)

 

ニコニコキッチン(株式会社ソーシャルクリエーション)

高齢者配食フランチャイズ

http://nikoniko-kitchen.com/

高齢者向け配食サービスニコニコキッチンのフランチャイズ本部は、株式会社ソーシャルクリエーションです。

 

1. 高齢者配食サービスの特徴

高齢者向けのお弁当というと、どうしても特別なものだと捉えがちですが、ニコニコキッチンでは、週に1回だけ、ヘルパーさんに来てもらえないときだけなどの融通が利く注文しやすい宅配弁当をめざしています。

いわゆる介護食というものだけではなく、うどんや丼物など好きなメニューを選べるのもニコニコキッチンの特徴です。

 

2. 高齢者配食のメニュー・料金

ニコニコキッチンの高齢者向けメニューは、次の6種類です。

メニュー

価格

備考

ヘルシーメニュー

756円(おかずのみ691円)

・少量ずついろいろなおかずを食べたい、バランスよく食べたい人向け

・おかずのみで注文可能

元気メニュー

820円(おかずのみ756円)

・食欲旺盛な方やしっかり食べたい方向け

・おかずのみで注文可能

介護サポート食

820円(おかずのみ756円)

※なめらかごはん172円

・やわらか食、ムース食があります

・噛む力がなくなった方や飲み込む力がなくなった方向け

・おかずのみで注文可能

栄養管理サポート食

820円(おかずのみ756円)

※低たんぱくごはん237円

・たんぱく調整食、カロリー調整食があります

・腎臓病でたんぱく質の制限が必要な方や糖尿病などでカロリーや塩分の制限が必要な方向け

・おかずのみで注文可能

選べるメニュー

 

・うどん、そば、親子丼、うな丼などが注文できます

※メニューの詳細や価格は店舗にお問い合わせください

朝食メニュー

280円

・昼食や夕食に加えて朝食も頼みたいという方向け

・昼食または夕食の配達時にお届け

 

3. フランチャイズへの加盟条件(加盟金・保証金・ロイヤリティ・会費・契約期間)

ニコニコキッチンを展開している株式会社ソーシャルクリエーションでは、加盟金や保証金などの条件詳細が公開されていませんでした。株式会社ソーシャルクリエーションへお問い合わせください。

 

4. フランチャイズ本部の雰囲気

ニコニコキッチンを展開する株式会社ソーシャルクリエーションは、ある程度は各店舗に任せてくれる自由度の高さと、個別対応や経営指導のフォローは手厚さに定評があります。

フランチャイズに加盟した方が利用者を大切にしてくれるという感想を持っているため、フランチャイズ本部とオーナーとの関係は良いと考えられます。

 

5. フランチャイズ店舗数

現在のフランチャイズ店舗数は公開されていませんでした。

 

6. 収益シミュレーション

株式会社ソーシャルクリエーションでは、次の2パターンの収益シミュレーションを公表しています。

 

<収益例1:オーナー1名 アルバイト7名>

売上

2,100,714 円

売上原価

803,649 円

38.3%

家賃

112,000円

5.3%

雑給

261,870円

12.5%

広告宣伝費

21,105円

1.0%

ロイヤリティ

72,236円

3.4%

水道光熱費

61,173円

2.9%

燃料費

24,251円

1.2%

車両費

0円

0.0%

通信費

16,090円

0.8%

保険料

7,000円

0.3%

その他経費

183,184円

8.7%

販売一般管理費合計

758,909円

36.1%

営業利益

538,156

25.6%

 

<収益例2:オーナー1名、アルバイト11名>

売上

3,481,945 円

売上原価

1,357,958円

39.0%

家賃

70,000円

2.0%

雑給

750,000円

21.5%

広告宣伝費

30,000円

0.9%

ロイヤリティ

140,668円

4.0%

水道光熱費

90,000円

2.6%

燃料費

65,000円

1.9%

車両費

0円

0.0%

通信費

20,000円

0.6%

保険料

10,000円

0.3%

その他経費

240,000円

6.9%

販売一般管理費合計

758,909円

40.7%

営業利益

538,156

20.3%

 

7. 運営会社情報

社名

株式会社ソーシャルクリエーション

代表取締役

高崎 幸人

設立

平成14年4月

資本金

6,650万円

主要株主

高崎 幸人

所在地

〒541-0052 大阪市中央区安土町1-8-15 野村不動産大阪ビル4F

TEL:06-6264-6667 FAX:06-6271-7770

従業員数

40名

事業内容

1.在宅配食サービス

2.在宅配食サービスFC企画・運営

3.代理店の指導、育成

主要取引先

尾家産業株式会社 福島工業株式会社

 

比較結果発表

高齢者配食フランチャイズ

高齢者向け配食サービスのオススメできるフランチャイズ本部は「ライフデリ」を展開する株式会社グランフーズです。株式会社グランフーズをおすすめする理由は以下のとおりです。

 

1.加盟金、保証金、ロイヤリティが一切かからない

2.フランチャイズ本部とFC加盟店のオーナーは同じ目標を持つ仲間同士というスタンスで仕事を行っている

3.自由度が高い(本部に経営判断を奪われない)

 

夢や目標を共有することが、どれほど大事な成功要素なのかは読んでいただいている方はご存知だと思います。株式会社グランフーズでは担当のSVは付きませんが、運営や経営に悩んだ時は、代表をはじめフランチャイズ本部の方にいつでも気軽に相談することができます。

また、フランチャイズ本部からの縛りがほとんどなく、店舗の運営方法に関しても加盟オーナーが自由に考えて行動することができます。この方針によって本部のやり方に納得できないといったストレスや摩擦が生じることがありません。

私の知る限り、自由度の高さは超長期ビジネスにおいて必要不可欠であり、独立の意味でもあると思います。どのフランチャイズにおいても「自由度が低い=本部の実質的な社員」と感じているオーナーは少なくありません。

お弁当を注文してくださるお客様だけではなく、加盟店オーナーにも自由と責任のもと幸せになってほしいというフランチャイズ本部に加盟することで、仕事を楽しみながら店舗を拡大していけるのではないでしょうか。

以上のことから、加盟検討中の方は一度ライフデリ(株式会社グランフーズ)の説明へ参加されることを強くおすすめいたします。

 

最後に

周知のとおり、高齢者の割合は年々増加傾向にあります。そのため、高齢者だけの世帯や高齢者の介護をしながら生活する方の人数も増加することになり、高齢者配食業界のニーズが高まっていく可能性は極めて高いです。

多くのニーズが存在するから開業するというのもビジネス視点で見れば確かに正解ですが、実際にサービスを利用するご本人やご家族の方を、何よりも第一に考えられる方々に参入していただきたいと個人的に感じています。

自分で食事の用意が出来ないというのは本当に辛く悲しいことで、この気持ちを理解する心が開業する資格のように思えます。本部の考えるサービスコンセプトや高齢化の現状に対する考えなどを交えて、説明会に臨まれてみてはいかがでしょうか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。良い出会いがありますように。