【東京都町田市】おすすめのサッカースクールを紹介|町田JFCサッカースクール【評判】

【東京都町田市】おすすめのサッカースクールを紹介|町田JFCサッカースクール【評判】

記事公開日:2021年06月10日

取材者プロフィール

小宮大輝(こみや ひろき)
1988.7.26 横浜市出身

中学校から本格的にサッカーを始めて、全てのポジション経験あり。最終的にはGKに。
高校~専門学校に進み、専門学校時代全国大会ベスト8進出。日本サッカー協会公認C級ライセンス保持。

選手歴:
フットサル選手(サテライト)、ビーチサッカー選手、現在神奈川県社会人サッカーチーム所属。

指導歴:
幼稚園~小学生対象サッカースクール運営経験あり。GKスクール、中学校トレセンコーチ、高校専属コーチ、専門学校監督経験あり。現在都内大学サッカー部コーチ兼務。

今回は東京都町田市に拠点を置く「町田JFCサッカースクール」を取材させていただきました。

町田市は島を除いた東京都の最南端に位置する市です。

都心から電車で30分程度という便利な場所にありながら緑豊かな公園や桜の名所がいくつもあり、自然と文化が共存した魅力のある町です。

今回は、そんな東京都町田市でサッカースクールをお探しの方に向けて、町田市で人気の「町田JFCサッカースクール」を紹介します。

町田JFCサッカースクールとは

町田JFCサッカースクールとは

町田JFCサッカースクールは、特定非営利活動法人町田JFCが運営するサッカースクールで、町田市内で幼児から小学生までを対象として活動しています。

キッズ・ジュニア・ジュニアアドバンスの3カテゴリーで構成され、市内6つの小学校を練習場所としてサッカースクールを運営しており、日本サッカー協会公認指導員が中心となって、子どもたちの育成を行っています。

町田JFCサッカースクールでは、クラスごとにより良い状況判断のできる選手の育成を目指すほか、練習活動や試合活動だけではなく、町田JFCでの活動を通じて子どもたちが生涯サッカーを楽しむことができるような育成を目指しています。

サッカースクール概要

スクール名町田JFCサッカースクール
URLhttps://www.machidajfc.org/
運営会社特定非営利法人町田JFC
代表者花田 演
住所東京都町田市本町田2507番地7 ハ13-105
ユニフォーム指定ユニフォームあり
対象年齢小学1~6年生
無料体験あり(3回まで無料)

サッカースクールを町田市で開校した理由

取材時に、町田JFCサッカースクールを立ち上げた理由をお聞きしたところ、「少子化の影響による近隣小学校の統廃合計画を見越して、1992年に地域のクラブ・少年団6チームを合併して町田JFCサッカースクールを立ち上げることになった」とのことでした。

現在では地域の拠点となる小学校で開催している町田JFCサッカースクールですが、立ち上げ当時、専任のスタッフを配置して運営しているスクールは、ボランティアでやっているクラブと指導員が入ってやっているクラブだと、営利目的で会社に委託しているクラブと思われて、小学校がグラウンドを貸してくれないこともあったそうです。

しかし、NPO法人化してからは、地域貢献の一環として、支援ボランティアという形で学校に週2回授業補助として入り、児童を見守る活動を行うことで先生たちの理解を得られ、地域の小学校での活動を行いやすくなったとのことでした。

サッカースクールの理念

町田JFCサッカースクールの理念は、「サッカーを通じた地域貢献を目指すとともに、生涯スポーツとして長期間に渡ってサッカーに携わることができる選手を1人でも多く日本サッカー界に送りだすこと、そしてサッカーをもっと楽しんでくれる子どもたちを育成すること」です。

ボールにたくさん触ることで、子どもたちは上手にボールを扱う技術や正しく蹴る技術を養い、適切な判断をしてプレーができるようになります。

さらに、よりサッカーを上達したい子にはジュニアアドバンスコースを設け、チームとして大会などの公式戦に出場して上を目指していくそうです。

町田JFCサッカースクールには、サッカー選手を目指す子、身体を動かしたい子、居場所を確保したい子など、さまざまな子どもたちが在籍しています。

町田JFCサッカースクールでは、サッカースクールに求められるのは、ただサッカーの技術を教えるだけでない幅広さがあると感じていて、サッカースクールに通ってくれる子どもたち全員がサッカーをもっと楽しむことができるよう、一人一人に合った指導に取り組んでいるとのことでした。

町田JFCサッカースクールの強みと特徴

町田JFCサッカースクールの強みと特徴

続いては、町田JFCサッカースクールの強みと特徴を紹介します。

市内のエリアごとにスクールが行われている

町田JFCサッカースクールは、町田市内で6つのサッカースクールを運営しており、境川(忠生第三小学校)・藤の台(藤の台小学校)・図師(図師小学校)・木曽(七国山小学校)・SSS(本町田小学校)・町田第一(町田第一小学校)とエリアごとに活動をしています。

スクールごとに担当するコーチは異なり、チームごとの育成方針や特徴があります。希望があればエリア外の場所のスクールにも通うことができるため、自分に合ったサッカースクールで練習を行うことができるでしょう。

他のサッカースクールやクラブとの併用で町田JFCサッカースクールに通うことはできませんが、町田JFCサッカースクールは誰でも入会することができます。

色々な小学校の児童と友達になれる

町田JFCサッカースクールでは、町田市内各小学校の児童が集まってサッカーの練習を行うため、色々な小学校に通う児童と友達になることができます。

6スクール合同で各学年合宿を行ったり、遠足をしたりするので、同じスクール内だけではなく、他校の子どもたちとも練習やイベントを通して仲良くなることができるでしょう。

また、男児だけではなく、女児も複数名いるため、男女問わず仲を深めていくことができるサッカースクールです。

多彩なクラス分け

町田JFCサッカースクールは、キッズ・ジュニア・ジュニアアドバンスといった3種類のコースに分けられるだけではなく、学年ごとにクラス分けが行われています。

1年生から6年生まで各スクール学年20名を定員として活動をしており、自分のレベルに応じて上のジュニアアドバンスでサッカーの技術力を高めることができます。

保護者の手伝いがない

町田JFCサッカースクールは、保護者の手伝いがないことも特徴的です。

町田JFCサッカースクールでは練習だけではなく、試合も行っています。

しかし、遠征時のバス送迎などすべて町田JFCサッカースクールが行うため、保護者の引率やお手伝いは不要です。

保護者の方は安心してお子さんを任せることができるでしょう。

また、活動の連絡は「PiCRO」というコミュニケーションツールを導入しており、町田JFCサッカースクールと保護者の方とでメッセージや出席連絡、スケジュールの確認などを行うことができます。

ジュニアユースを目指せる

町田JFCサッカースクールには、キッズ・ジュニア・ジュニアアドバンスだけに留まらず、プロを目指す中学生を対象とした「ジュニアユース」が設けられています。

ジュニアユースでは、徹底した個人技指導と高いレベルの進路指導で、子どもたちの夢の実現をバックアップしてくれるクラスです。

個人技を中心としながらも、オリジナルのトレーニングとゲームを通じ、子どもたちが夢に向かって突き進む背中を押してくれます。

町田JFCサッカースクールではこうした、中学生になっても活動できる場を設けていることから、小学生の子どもたちがスクール卒業後に上を目指すことができる環境が整っています。

町田JFCサッカースクールの指導者プロフィール

芹澤 雅人(せりざわ まさと)

1981.7.13

担当スクール:境川スクール

指導歴:日本大学第三高校→町田JFC、東京都第7地域トレセン、東京トレセン、関東GKキャンプU14チーフコーチ、東京都少年国体選抜GKコーチ、東京都少年連盟チーフGKコーチ

指導者ライセンス:公認B級、公認GKレベル2

嬉しかったエピソード:選手たちがうまくいかないことにチャレンジし続け、できるようになった実感をもって喜んでいる姿を見ているとき。

小原 貴裕(おはら たかひろ

1986.10.19

担当スクール:藤の台スクール

指導歴:神奈川県立座間高校→町田JFC、東京都第11ブロックトレセン

指導者ライセンス:公認D級

嬉しかったエピソード:日頃のトレーニングの成果を試合で発揮し、試合に勝って仲間と喜んでいる姿を見たとき。

荒木田 亮(あらきだ りょう)

1995.1.3

担当スクール:図師スクール

指導歴:南大谷SC→千年SC→町田JFC、町田トレセン、東京都第11ブロックトレセン

指導者ライセンス:公認D級

嬉しかったエピソード:選手たちが努力を続け、壁を乗り越え変化を感じたとき。

桜木 健人(さくらぎ けんと)

1986.4.27

担当スクール:木曽スクール

指導歴:町田JFC

指導者ライセンス:公認C級、キッズリーダー

嬉しかったエピソード:上手くいかないことを何度も挑戦し上手くなるまでチャレンジしている姿を見たとき。

山田 祐司(やまだ ゆうじ)

1982.7.28

担当スクール:SSSスクール

指導歴:FCシバタジュニアユース→町田JFC

指導者ライセンス:公認C級

嬉しかったエピソード:一生懸命練習に励み、選手自身が上達を実感し喜んでいる姿を見たとき。

築城 将一(ついき しょういち)

1996.12.8

担当スクール:町田第一スクール

指導歴:町田JFC

指導者ライセンス:公認C級

嬉しかったエピソード:嬉しかったこと:出来ない事に挑戦している選手が練習を重ね、出来るようになったとき。

町田JFCサッカースクールの練習スケジュールと料金詳細

町田JFCサッカースクールの練習スケジュールと料金詳細

町田JFCサッカースクールでは、年会費・月会費が必要となります。

4月以降の入会者に関しては年会費の割引が適用されることもあり、各校やコースごとに練習スケジュールと料金が異なります。

また、町田JFCサッカースクールでは、クラブ指定のウェアを購入して練習を行う必要があります。

そこで続いては、詳しい練習スケジュールと料金を紹介します。

キッズコース

町田JFCサッカースクールでは、本町田(SSS)・藤の台・緑ヶ丘に限り、園児男女(年中・年長)を対象としたキッズコースが設けられています。

どの校のキッズコースも練習だけではなく、土日祝で年数回程度の試合も行われます。

本町田(SSS)スクール練習場所:本町田小学校
練習日:土曜日10:00~11:30
年会費:2,000円
月会費:2,000円
藤の台幼稚園スクール ※藤の台幼稚園児のみ入会可練習場所:藤の台幼稚園
練習日:火曜日14:00~15:00
年会費:2,000円
月会費:3,000円
緑ヶ丘スクール練習場所:緑ヶ丘グランド
練習日:水曜日15:00~16:00
年会費:2,000円
月会費:2,000円

ジュニアスクール

町田JFCサッカースクールのジュニアスクールでは、小学生男女(1~6年生)を対象としています。ジュニアスクールでは練習だけではなく、月2回程度の試合が行われています。

町田JFCサッカースクールは、他のサッカースクールやクラブとの併用はできないので注意しておきましょう。

境川スクール(木曽東・木曽西・忠生)練習場所:忠生第三小学校
練習日:水曜日16:00~17:00(1・2年生)、金曜日17:00~19:00(3~6年生)
年会費:10,000円
月会費:6,000円
藤の台スクール(藤の台団地・薬師台・金井・金井町・大蔵)練習場所:藤の台小学校
練習日:水曜日16:00~17:00(1・2年生)、金曜日17:00~19:00(3~6年生)
年会費:10,000円
月会費:6,000円
図師スクール(図師町・小山田町)練習場所:図師小学校
練習日:水曜日16:00~17:00(1・2年生)、金曜日16:30~18:30(3~6年生)
年会費:10,000円
月会費:6,000円
木曽スクール(木曽町・山崎町)練習場所:七国山小学校
練習日:水曜日17:00~18:30(1・2年生)/17:30~19:30(3~6年生)、金曜日17:30~19:30(3~6年生)、土曜日13:00~15:00(1・2年生)
年会費:10,000円
月会費:6,000円
SSSスクール(本町田)練習場所:本町田小学校、少年サッカー場
練習日:水曜日16:00~18:00(1・2年生)/17:00~19:00(3~6年生)、金曜日17:00~19:00(4~6年生)、土曜日15:00~17:00(1~3年生)
年会費:10,000円
月会費:6,000円
町田第一スクール(中町・旭町・森野)練習場所:町田第一小学校
練習日:水曜日16:00~17:30(1・2年生)/17:00~19:00(3~6年生)、金曜日16:30~18:00(1・2年生)/17:30~19:00(3~6年生
年会費:10,000円
月会費:6,000円

ジュニアスクールでは、4月以降に入会した場合、年会費の割引が設けられています。

ジュニアアドバンスコース

町田JFCサッカースクールでは、より高いレベルで戦えるチームを目指したジュニアアドバンスコースが設けられています。

ジュニアアドバンスコースでは、サッカーで必要な技術だけではなく、判断の向上やオフ・ザ・ピッチにおいても自立できる選手の育成に取り組んでいます。

ジュニアアドバンスコースの対象は小学1~6年生で、1~5年生はジュニアスクール所属の希望選手が入会できます。

小学1~4年生は週1回の練習、小学5年生は週2回の練習ができ、6年生はジュニアスクールに所属せずに週3回練習を行います。

U-7・8(1・2年生)練習場所:忠生第三小学校
練習日:火曜日16:30~17:45(長期休暇は練習なし)
年会費:なし
月会費:2,500円
U-9・10(3・4年生)練習場所:忠生第三小学校
練習日:火曜日17:30~19:00(長期休暇は練習なし)
年会費:なし
月会費:3,000円
U-11(5年生)練習場所:町田第一小学校
練習日:火曜日18:30~20:30、木曜日18:30~20:30(長期休暇は練習なし)
年会費:なし
月会費:4,000円
U-12(6年生)  練習場所:町田第一小学校
練習日:練習場所:町田第一小学校
練習日:火曜日18:30~20:30、水曜日18:30~20:30、金曜日18:30~20:30
年会費:10,000円
月会費:12,000円
※Aチームは三井のリハウス東京都U-12サッカーリーグ東京都1部リーグ参戦
※Bチームは三井のリハウス東京都U-12 サッカーリーグ11ブロック1部リーグに参戦

町田JFCサッカースクールの無料体験はある?

町田JFCサッカースクールの無料体験はある?

町田JFCサッカースクールでは、町田市内の境川・藤の台・図師・木曽・SSS・町田第一の6校すべてのキッズ・ジュニアスクールにて、無料体験会を行っています。

町田JFCサッカースクールの無料体験会は、一人3回まで参加することができ、友達と一緒に参加をすることが可能です。

異なるスクール校での体験練習も行うことができるので、自分に合ったスクールを選ぶことができます。

各スクールとも定員は20名で先着順となるため、気になる方は早めにお申し込みください。

町田JFCサッカースクールの無料体験会は、上の画像のQRコードを読み込み、体験申し込みフォームから申し込むことができます。

無料体験会当日は動きやすい服装で参加していただき、飲み物とボールを持参しましょう。ボールがない場合はクラブから貸し出してもらえるので、安心してください。

町田JFCサッカースクールの練習風景

町田JFCサッカースクールの練習風景をご紹介いたします。

町田JFCサッカースクールの練習風景1
町田JFCサッカースクールの練習風景

町田JFCサッカースクールの夢・目標

町田JFCサッカースクールの夢・目標

今回は取材をする中で、町田JFCサッカースクールの夢・目標をお聞きしました。

町田JFCサッカースクールでは、子どもたちにサッカーを大好きになってもらい、大人になってもサッカーを楽しめるスキルを身につけてもらうことを目指しているそうです。

そして、将来的に今いる選手たちの子どもが、当クラブでサッカーをやってみたいと思ってもらえるようなサッカースクールにしていきたいとのことでした。

町田JFCサッカースクールの卒業生の目指すところ

町田JFCサッカースクールの卒業生の目指すところは何かをお聞きすると、町田JFCにはジュニアユースがあるため、町田JFCサッカースクールを卒業後はジュニアユースでの活躍を目指してほしいとのことでした。

また、Jリーグの下部組織や中学校の部活などでも、スクールで学んだ経験を活かして、サッカーを続けてほしいということです。

東京都町田市について

東京都町田市について

補足として、今回取材させていただいた町田JFCサッカースクールのある「東京都町田市」について紹介します。

町田市は高低差の多い地域で、少ない平地エリアに住居が集中しているため、広さに対して人口密度は高く感じると思います。

町田市の中心にある「町田駅」からの都心部へのアクセスは抜群です。

新宿駅33分(小田急線快速急行利用・乗り換えなし)
渋谷駅32分(小田急線下北沢駅で井の頭線に乗り換え・乗車時間のみ)
日比谷駅44分(小田急線代々木上原駅で千代田線に乗り換え・乗車時間のみ)
横浜駅34分(JR横浜線利用・乗り換えなし)
川崎駅41分(JR横浜線東神奈川駅でJR京浜東北線に乗り換え・乗車時間のみ)

町田市は住居の集中している平地エリアと緑の多い自然の残るエリアにしっかり分かれています。

アクセスの良さと豊富な自然や公園などの子どもにも人気の場所が多いため、子育てにぴったりとファミリー層に人気があります。

町田JFCサッカースクールの取材を終えて

町田JFCサッカースクールの取材を終えて

今回は、町田市で1992年から活動されている町田JFCサッカースクール様に取材をさせていただきました。

町田JFCサッカースクールは、エリアごとに1つの学校に集まって、合計6校で活動をしているスクールです。

小学校の放課後に学校内に入ることはかなり久々で、緊張しながらも今回は、その中の1校を見に行きました。

町田JFCサッカースクールではコロナ禍で活動が制限されている中でも、しっかりと対策をしながら活動しています。

練習メニューなどは、各校のチーフコーチを中心に考えているということで、スクールが始まると、一気に盛り上がりを見せ、積極的に動いていく子がほとんどでした。

低学年はまず、身体を動かすことから行い、その後は身体の様々なところでボールを触れることを行っていました。

サッカーを通じて、外で身体を動かして運動することの楽しさを伝えたいという想いを感じることができました。

サッカーのトレーニングでは、どこを意識してやればどうなるのか、わかりやすく丁寧に声掛けをしているのが伝わりました。

スクールの締めはゲーム形式のトレーニングで、大きく盛り上がっていました。

町田JFCサッカースクールのコンセプトは「楽しむ」ということが根底にあります。

そのため、自主的に取り組むことへの姿勢や意識を低学年のうちから分かってもらいたいという想いもあるようです。

実際、町田JFCサッカースクールで積極的にボールを呼び込んでゴールを目指す子どもたちの姿はとても楽しそうでした。

近年、スポーツに対しての温度差というものが出てきてしまい、最新ゲームなどに没頭してしまう子どもが増えてきています。

そうした中で、町田JFCサッカースクールは、市と一緒になり様々な取り組みを行っていることが、今回の取材で分かりました。

例えば、スクール外の活動の中でボランティア支援という形で授業に入ってお手伝いをしたり、運動指導を行ったりするということがあげられます。

そして、放課後にはサッカースクールを通じて、子どもたちにサッカーの魅力や運動することの楽しさを伝えていきたいという想いがあるとのことでした。

町田JFCサッカースクールは、町田市内の様々な場所で活動をしています。

ここでは、子どもたちがサッカーをする楽しさに触れることができ、さらに他校の生徒とも仲良くなれるチャンスがあります。

お子さんを町田市でサッカースクールに入れてみたいとお考えの親御さんは、お子さんと近い場所へ体験に行ってみてはいかがでしょうか?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です