HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G1第38回ジャパンカップ2018|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

 2018 G1ジャパンカップ有力データ

1981年に創設された本競走は世界に通用する強い馬を育成することを目指し、外国の強豪馬を招待して競わせることを目的としていました。

創設当初の10年間は、招待馬に圧倒され日本馬は1984年のカツラギエースと1985年のシンボリルドルフによる2勝しかできませんでした。しかし2007年以降は招待馬は1頭も馬券に絡むことができておらず、完全に形勢が逆転しています。

 

賞金

1着:3億円

2着:1億2,000万円

3着:7,500万円

4着:4,500万円

5着:3,000万円

 

 レースの売上

2017年 221億8,536万7,100円

2016年 206億5,703万2,300円

2015年 191億1,775万6,400円

2014年 206億6,148万9,800円

2013年 173億2,187万8,200円

2012年 200億9,852万2,000円

2011年 183億4,589万1,000円

 

 

東京競馬場へのアクセス

交通手段

京王線府中競馬正門前駅」から専用歩道橋にて正門まで徒歩約2

京王線東府中駅」南口から東門まで徒歩約10

JR武蔵野線南武線府中本町駅」臨時改札口から専用歩道橋にて西門まで徒歩約5

西武線是政駅」から南門まで徒歩約10

東京競馬場 アクセス

 

 

昨年の来場者数は10万人超え、G1レースの中でも雨天関係なく混雑します。撮影に来ている人も多く、最終コーナーやゴール付近はとても混雑します。パドックなども目的の馬を見たい場合は2レース前からポジションを取りに行かないと常にひしめき合っています。車で向かう場合は、行きはいいのですが帰りはあえて閉門ギリギリまで残ったほうがストレスなく帰ることができます。渋滞がすごいです。

 

入場料:200

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

東京競馬場指定席

現地で観戦しようと思う人へ簡単に指定席について調べ、オススメをピックアップしました。

 

B指定席(フジビュースタンド56階)

当日発売、11,500円からなとなる全席二人掛けの席となっており、席は全席屋外、2席毎に1台ずつモニターが設置されており、コンセント完備はもちろんゴール手前での攻防を間近で観戦することができます。

 

C指定席(フジビュースタンド56階)

当日発売 全席二人がけの席となっており、モニター付きでこちらもコンセント完備、

値段も1,000円とお手頃となっており屋外席なので天気のいい日は是非とってほしい席です。

 詳細はこちらでご確認ください。

 

  

周辺駐車場料金2,000

パークウインズ時(場外発売時)1,000円)

注記:JRA直営駐車場のほか民間駐車場があります。

注記:駐車可能台数は1,200台。車で行く=停められる とは限らないので注意が必要です。また、周辺の道路が超混雑するので、公共交通機関のご利用を強く強くおすすめいたします。

JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

 

コース紹介

東京競馬場 コース

東京 芝2,400m

スタートから1コーナーまでは約350mあり、2コーナーを越えたあたりまで緩やかな下りが続きます。その後やや急な上りがあり3コーナーまで下ります。最終の直線は525.9mもあり、上り坂(約160m)を越えると300mほど平坦な道となります。坂を登ってからの加速を必要とする直線は持久力と瞬発力の両方が求められます。終盤に力を発揮する為、極力ロスを少なくできる、器用で操縦性の高いことも重要です。

 

データで見る傾向と対策 過去10年分

配当
年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2017 1,330円 1,770円 5,250円

1,300

13,360円
2016 380円 2,570円 3,990円 8,050円 36,260
2015 920円 10,160円 18,510円 6,350円 53,920円
2014 890円 4,120円 7,800円 19,750円 91,790円
2013 210円 2,500円 3,330円 63,800円 224,580円
2012 660円 700円 1,580円 1,010円 5,550円
2011 340円 2,300円 4,180円 80,880円 324,680円
2010 880円 710円 1,880円 4,940円 25,110円
2009 360円 1,020円 2,020円 2,460円 11,690円
2008 4100円 7,620円 25,160円 6,410円 68,950円

基本的には人気上位勢が優勢で荒れにくいことがわかります。今年も強豪揃いではあるので、無理に穴馬を見つけるよりは無難にいく方が良いかもしれません。

 

人気・オッズ
単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 3-3-2-2 30.0% 60.0% 80.0%
2番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
4番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
5番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
6,7番人気 0-3-3-4 0.0% 15.0% 30.0%
8,9番人気 1-0-1-18 5.0% 5.0% 10.0%
10番人気以下 0-0-2-82 0.0% 0.0% 2.4%

 

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝
2.9倍以下 1-2-2-0 20.0% 60.0% 100.0%
3.0~3.9倍 3-1-1-3 37.5% 50.0% 62.5%
4.0~4.9倍 0-1-0-6 0.0% 14.3% 14.3%
5.0~9.9倍 4-1-2-14 19.0% 23.8% 33.3%
10.0~14.9倍 1-3-2-10 6.3% 25.0% 37.5%
15.0~19.9倍 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%
20.0~29.9倍 0-2-1-7 0.0% 20.0% 30.0%
30倍以上 1-0-2-97 1.0% 1.0% 3.0%

5番人気以下が好走しています。1番人気の複勝率は80%となっており、2011年のデインドリーム、2014年のジェンティルドンナを除き馬券に絡んでいます。(ただしジェンティルドンナは2013年優勝馬) オッズだと2.9倍以下はなんと複勝率100%です。今年はアーモンドアイが予想オッズで2.9倍以下になりそうです。馬を見てもデータを見ても買わない決断はなかなかできないですね。

 

 

 

年齢
年齢 成績 勝率 連対率 複勝
3歳 2-2-2-24 6.7% 13.3% 20.0%
4歳 6-3-3-41 11.3% 17.0% 22.6%
5歳 2-4-3-35 4.5% 13.6% 20.5%
6歳 0-1-0-24 0.0% 4.0% 4.0%
7歳 0-0-2-12 0.0% 0.0% 14.3%
8歳 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0%

 過去10年で優勝馬は全て5歳以下で、特に4歳に好走馬が多くみられます。6歳以上は3着以内に入った馬が3頭のみで、唯一2着の結果を残しているのが2007年のポップロックとなっています。

 

性別
性別 成績 勝率 連対率 複勝
牡馬 6-9-9-123 4.0% 10.2% 16.3%
牝馬 5-2-2-15 20.8% 29.1% 37.5%
セン馬 0-0-0-11 0.0% 0.0% 0.0%

過去のデータだと牝馬の成績が優秀です。出場しているのがそうそうたる馬というのもありますが、アーモンドアイがここにその名を刻むことができるのでしょうか。

 

馬体重
馬体重 成績 勝率 連対率 複勝
458kg以下 1-2-0-21 4.2% 12.5% 12.5%
460~478kg 4-2-1-25 12.5% 18.8% 21.9%
480~498kg 4-3-5-53 6.2% 10.8% 18.5%
500~518kg 0-3-4-31 0.0% 7.9% 18.4%
520kg以上 1-0-0-14 6.7% 6.7% 6.7%

過去10年だと500kg以上で優勝したのは2016年のキタサンブラックのみとなっており、460~478kgが好走傾向にあります。

 

出走予定馬
馬名 騎手 前走
アーモンドアイ C.ルメール 秋華賞1着
スワーヴリチャード

M.デムーロ

天皇賞・秋10着
サトノダイヤモンド J.モレイラ 京都大賞典1着
シュヴァルグラン C.デムーロ 京都大賞典4着
キセキ 川田将雅 天皇賞・秋3着
マカヒキ 武豊 天皇賞・秋7着
カプリ R.ムーア 英チャンピオンシップ4着
ミッキーロケット 未定 天皇賞・秋5着
サンダリングブルー F.ベリー カナディアンインター2着
サトノクラウン 未定 宝塚記念12着
ガンコ 未定 アルゼンチン共和国杯6着
ミッキースワロー 横山典弘 天皇賞・春13着
ウインテンダネス 内田博幸 アルゼンチン共和国杯4着
サウンズオブアース 田辺裕信 毎日王冠9着
ノーブルマー 高倉稜 アルゼンチン共和国杯9着
ハッピーグリン 未定 富士ステークス11着

 

2017年優勝馬

シュヴァルグラン

調教師:友道康夫栗東所属) 馬主:佐々木主浩

血統

 ハーツクライ       サンデーサイレンス

            アイリッシュダンス

 

母ハルーワスウィート  Machiavellian

                 ハルーワソング

 

f:id:kbmanabu:20181114133706p:plain

 

動画

2017年:シュヴァルグラン


www.youtube.com

 

2016年:キタサンブラック


www.youtube.com

 

2015年:ショウナンパンドラ


www.youtube.com

 

2014年:エピファネイア


www.youtube.com

 

2013年:ジェンティルドンナ


www.youtube.com

 

2012年:ジェンティルドンナ


www.youtube.com

 

2011年:ブエナビスタ


www.youtube.com

 

2010年:ローズキングダム


www.youtube.com

 

2009年:ウオッカ


www.youtube.com

 

2008年:スクリーンヒーロー


www.youtube.com

 

筆者コメント

今年はアーモンドアイで決まりで良いでしょう。迷うことなくアーモンドアイを応援します。京都で復活したと言われているサトノダイヤモンド天皇賞で出遅れと衝突から温存したスワーヴリチャードに先着し、スターホースへと成り上がっていって欲しいですね。

個人的に昨年の覇者であるシュヴァルグランは応援していたのですが、昨年コンビだったボウマン騎手が騎乗停止で乗り替わりなのが少し残念です。福永騎手に戻るかと思いきやC.デムーロ騎手に鞍上が決まったとのことで、どんなレースをしてくれるのか楽しみが増えました。

 

現地に行くならお弁当を持ち込んでピクニック気分もいいですね。


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ピクニックバスケット トランク UT-1001

 

 

 

【厳選データ】G1マイルチャンピオンシップ2018|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

2018年 G1マイルチャンピオンシップ有力データ

マイルチャンピオンシップ京都競馬場、芝1,600mで行われるG1レースとして位置づけられています。そのルーツはグレード制度の導入とともに日本競馬界の短距離戦の充実を図るために1984年に創設させました。1,600mの距離ということもあり、ステイヤー、スプリンター、ダートから、様々なジャンルの馬が参戦してくるので1年を通したG1レースの中でも特に多彩な馬達が集まります。

マイルチャンピオンシップ(賞金11,000万円 24,400万円、32,800万円 41,700万円、51,100万円)京都競馬場 1118日(日曜)

 

レースの売上

2017年:1451,548万円 

2016年:1452,374万円

2015年:148888万円

2014年:1386,340万円 

2013年:127272万円

2012年:1242,045万円 

2011年:1236,150万円

 

  

京都競馬場へのアクセス

交通手段

京阪電鉄淀駅下車徒歩2

JR山崎駅からバスで約20

阪急電鉄西山天王山駅からバスで約15

 

2017年の来場者数はおよそ4万人程。例年の秋華賞よりはやや多く入るかというところです。ある程度混雑見込み。参考として同競馬場で開催されるG1天皇賞春は約65,000人、アーモンドアイの2018秋華賞44,000人でした。

 

京都競馬場 アクセス

入場料:200

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

京都競馬場指定席

現地で観戦しようと思う人へ簡単に指定席について調べ、オススメをピックアップしました。

 

ラウンジシート 当日発売

屋内席と屋外席があり、屋内席はコンセントがついています。

屋外席にコンセントはなく自由席になりますが、晴れてる日は屋外席の方が臨場感が味わえます。

 

Lーテーブル ネット予約

テーブル単位の発売となり2名から4名で席をとれます。

友人や家族で行く時にオススメです。

 

ネット予約は会員制になるので事前に登録が必要になります。

詳細はこちらでご確認ください。

 

 

周辺駐車場料金2,000

パークウインズ時(場外発売時)1,000円)

注記:京都競馬場では駐車場タイムサービスがあります。詳しくは 京都競馬場 駐車場タイムサービスのお知らせをご覧ください。

京都競馬場 駐車場タイムサービスのお知らせ JRA

 

JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

・駐車台数は8,000台とのことです。G1dayは周辺の道路が渋滞するので、なるべく公共交通機関をおすすめします。

 

コース紹介

京都競馬場 コース

京都1,600mではスタートの直線から、最初のコーナーまで距離があります。3コーナーには高低差のある小山があり、ここから外に膨らまずにラストの直線でいかに瞬発力を出せるかが鍵となります。

 

 

 データで見る傾向と対策

配当

年度

単勝

馬連

馬単

3連複

3連単

2017

880円

2,480円

5,520円

9,300円

55,890円

2016

590円

1,590円

3,390円

8,360円

40,290円

2015

570円

1,780円

3,400円

2,000円

12,000円

2014

1,810円

3,890円

11,460円

25,760円

193,290円

2013

470円

1,930円

3,250円

2,090円

12,450円

2012

1,050円

2,520円

5,560円

9,230円

58,050円

2011

980円

12,800円

24,580円

38,920円

279,410円

2010

5,240円

14,240円

40,970円

53,970円

473,970円

2009

230円

6,690円

9,640円

20,730円

106,680円

2008

1,060円

990円

2,730円

11,700円

53,980円

単勝の配当を見ると2倍台が2009年だけで、残りはすべて5倍を越えるオッズで決まっています。3連単も10万越えが4回と多く軸馬は中穴人気の馬から選んできたいです。

 

 

枠順 着度数 勝率 複勝
1枠 1-1-1-17 5.0% 15.0%
2枠 1-1-1-17 5.0% 15.0%
3枠 2-0-1-17 10.0% 15.0%
4枠 2-5-0-13 10.0% 35.0%
5枠 0-1-0-19 0.0% 5.0%
6枠 1-0-1-18 5.0% 10.0%
7枠 1-1-5-22 3.4% 24.1%
8枠 2-1-1-26 6.7% 13.3%

6枠以外からは勝ち馬が出ていることから、枠による有利不利はなさそうなので、他の要素から軸馬を絞り込めます。

 

 

 

 

 

人気
単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 1-3-2-4 10.0% 40.0% 60.0%
2番人気 1-2-3-4 10.0% 30.0% 60.0%
3番人気 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%  
4番人気 2-0-2-6 20.0% 20.0% 40.0%
5番人気 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
6.7番人気 2-1-1-16 10.0% 15.0% 20.0%
8〜10番人気 0-0-0-30 0.0% 0.0% 0.0%

4番人気の馬の勝率が最も高いです。1番人気の馬に関しては勝率は低いが複勝率はそこそこの安定感を見せています。また6番人気以下の馬からも連対している馬が多いことから、どの馬にも勝つチャンスがあることがわかります。

 

 

脚質
脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝
逃げ 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
先行 2-2-2-31 5.4% 10.8% 16.2%
差し 6-5-5-63 7.5% 13.9%

20.2%

追込 1-2-3-47 1.8% 5.6% 11.3%

マイルチャンピオンシップでは近年、差しが決まりやすい傾向にあります。やはり直線で切れ味を活かせるかが重要な要素になります。

 

 

馬齢
年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝
3歳 1-0-1-29 3.2% 0.0% 6.4%
4歳 2-5-3-25 5.7% 20.0% 28.5%
5歳 4-4-5-44 7.0% 14.0%

22.8%

6歳 2-1-1-31 5.7% 8.6% 11.4%

4、5歳の馬が勝率、複勝率ともに成績がいいです。3歳馬は昨年2017年のペルシアンナイトが優勝しましたが全体で見ると成績は低いです。軸馬を選ぶなら4、5歳馬から選ぶのをオススメします。

 

 

出走予定馬

アエロリット 4歳 55 牝馬 ムーア 菊沢

アルアイン 4歳 57 牡馬 川田将雅 池江

ウインブライト 4歳 57 牡馬 松岡正海 畠山

エアスピネル 5歳 57 牡馬 福永祐一 笹田

カツジ 3歳 56 牡馬 松山弘平 池添兼

グァンチャーレ 6歳 57 牡馬 未定 北出

ケイアイノーテック 3歳 牡馬 56 藤岡佑介 平田

ジャンダルム 3歳 牡馬 56 武豊 池江

ジュールポレール 5歳 牝馬 55 未定 西園

ステルヴィオ 3歳 牡馬 56 ビュイック 木村

ヒーズインラブ 5歳 牡馬 57 藤岡康太 藤岡

ブラックムーン 6歳 牡馬 57 浜中俊 西浦

ベステンダンク 6歳 牡馬 57 未定 安達

ペルシアンナイト 4歳 牡馬 57 Mデムーロ 池江

ミッキーグローリー 5歳 牡馬 57 戸崎圭太 国枝

モズアスコット 4歳 牡馬 57 Cルメール 矢作

レーヌミノル 4歳 牝馬 55 未定 本田

レッドアヴァンセ 5歳 牝馬 55 北村友一 音無し

ロジクライ 5歳 牡馬 57 Cデムーロ 須貝  

 

 

2017年優勝馬

ペルシアンナイト

調教師:池江泰寿栗東) 馬主:G1レーシング

血統

ハービンジャー    Dancil

                                Penang pearl

オリエントチャーム  サンデーサイレンス

           ニキーヤ

 

2017年 マイルCS 優勝馬 モズカッチャン


2017年のマイルチャンピオンシップ、注目を集めていたのは当日1番人気のイスラボニータエアスピネルの2頭。レースではマルターズアポジーが先導したまま最後の直線、各馬を置き去りに抜き出たのはエアスピネル、それを追従するのはサングレーザー、このまま2頭が抜き出るのだが馬群に潜んでいた18番ペルシアンナイトがラスト200mで優勝争いに紛れ込みハナ差で勝利を掴み取りました。3歳牡馬のマイルチャンピオンシップ優勝は2000年のアグネスデジタル以来17年ぶりとなる勝利。

 

 

2017年:ペルシアンナイト

www.youtube.com

 

2016年:ミッキーアイル 

www.youtube.com

 

2015年:モーリス

www.youtube.com

 

2014年:ダノンシャーク

www.youtube.com

 

2013年:トーセンラー 

www.youtube.com

 

2012年:サダムパテック

www.youtube.com

 

2011年:エイシンアポロン

www.youtube.com

 

2010年:エーシンフォワード 

www.youtube.com

 

2009年:カンパニー

www.youtube.com

 

2008年:ブルーメンブラット

www.youtube.com

 

筆者コメント

印象に残るのは2013年マイルチャンピオンシップトーセンラーです。このレースはゆったりしたペースで直線に一団で入る中、鞍上武豊騎手のトーセンラーがこの時のライバル、ダノンシャークダイワマッジョーレを一気に置き去りにし見事優勝、この時の末脚は何度見ても圧巻です。2013年マイルCSを勝つまで菊花賞3着、天皇賞春2着、京都記念2着など名だたるレースで善戦してきたが後一歩で勝利に届かなかったトーセンラーがG1の舞台で文句なしの圧勝してくれたことがファンも嬉しかったことでしょう。

 

現地で馬券を購入する時、馬券をまとめて収納できる便利アイテムです。サイズ感も大きくレジャーでの活躍も間違いなしです。お値段も2000円程度と格安なのでこの機会に是非!


(ヨーテイ) Youtei セキュリティー 旅行 ネックポーチ カラビナで取外し可能 17*10*1(cm) (キャメル)

【全レース動画】ジェンティルドンナ|まとめ

皆さんこんにちは。

今回は日本歴代賞金ランキング3位(牝馬ではぶっちぎり1位)に輝くジェンティルドンナの軌跡を書きます。余計なうんちくは出さずに簡潔明瞭に。

ジェンティルドンナ ドバイ

 

基本データ

馬名:ジェンティルドンナ

生年月日:2009220

馬名の由来:イタリア語で貴婦人

馬主:サンデーレーシング

生産者:ノーザンファーム

調教師:石坂正栗東

血統:父 ディープインパクト サンデーサイレンス

               ウインドインハーヘア

   母 ドナブリーニ    Bertolini

               Cal Normas Lady

 

 

 

2011年(2歳)

1119日 京都 2新馬 1600 不良 M.デムーロ 1番人気(2.1) 2

 

1210日 阪神 2歳未勝利 1600 良 I.メンディザバ 1番人気(1.6) 1

www.youtube.com

 

デビュー前から期待されていた当馬。新馬戦は不良馬場の中9番手を進み差しの構えを見せるも勝ち馬エーシンフルマークに一歩及ばず2着。続く未勝利戦では外枠からスタートを決めて3.4番手を追走。そのまま直線を向いてスペースが生まれてからしっかり加速。どう見ても一頭推進力が違う。あっさり。あがりは34.1。ここからは先行策一本。

 

 

2012年(3歳)

18日 京都 シンザン記念G3)芝1600 良 C.ルメール 2番人気(4.0) 1

www.youtube.com

 

33日 阪神 チューリップ賞G3)芝1600 良 岩田康誠 2番人気(4.4) 4

www.youtube.com

 

48日 阪神 桜花賞G1)芝1600 良 岩田康誠 2番人気(4.9) 1

www.youtube.com

 

520日 東京 優駿牝馬G1)芝2400 良 川田将雅 3番人気(5.6) 1

www.youtube.com

 

916日 阪神 関西ローズSG2)芝1800 良 岩田康誠 1番人気(1.6) 1

www.youtube.com

 

1014日 京都 秋華賞G1)芝2000m 良 岩田康誠 1番人気(1.3) 1

www.youtube.com

 

1125日 東京 ジャパンCG1)芝2400 良 岩田康誠 3番人気(6.6) 1

www.youtube.com

 

いやはや、チューリップ賞を落としたものの、76勝(内G1 4つ)という成績はまさに優駿オークスヴィルシーナ5馬身差です。この年のダービーはディープブリランテ(岩田)がフェノーメノをハナ差凌いで勝ったのですが、ジェンティルが出走していたらと考えてしまいます。

それだけでなく、三冠馬対決となったジャパンカップでは、あの暴君オルフェーヴルとの叩き合いで競馬ファンを魅了しました。ぶつけた(タックル)疑惑でネットは盛り上がりましたが、結果は変わらず1着。前走秋華賞から-14キロと馬体を減らしての挑戦でしたが見事3歳でジャパンカップの栄冠を手にしました。

余談ですが、1ジェンティルドンナ2オルフェーヴル3ルーラーシップの馬主は全てサンデーレーシング。おまけに5着のフェノーメノサンデーレーシング。総獲得賞金は44千万円。ため息です。

 

 

2013年(4歳)

330日 アラブ ドバイシーマC(G1)芝2410 良 岩田康誠 1番人気 2

www.youtube.com

 

623日 阪神 宝塚記念G1)芝2200 良 岩田康誠 1番人気(2.4) 3

www.youtube.com

 

1027日 東京 天皇賞・秋G1)芝2000 良 岩田康誠 1番人気(2.0) 2

www.youtube.com

 

1124日 東京 ジャパンCG1)芝2400 良 R.ムーア 1番人気(2.1) 1

www.youtube.com

 

ドバイへの輸送もあり2013年は4戦。3歳での活躍から人気は全て1番人気。全て馬券圏内です。素晴らしい。宝塚ではゴールドシップに、天皇賞では覚醒したジャスタウェイに大きく負けてしまいましたが、連覇のかかるジャパンカップでは名手を背に接戦をものにしました。レースセンスと折り合いが良く、しっかりと脚を使ってくれるのは不発に怯える馬券購入者からしてもありがたいですよね。さぁ、次はラストイヤーです。

 

 

2014年(5歳)

216日 京都 京都記念G2)芝2200 稍重 福永祐一 1番人気(1.6) 6

www.youtube.com

 

329日 アラブ ドバイシーマCG1)芝2410 良 R.ムーア 2番人気 1

www.youtube.com

 

629日 阪神 宝塚記念G1)芝2200 良 川田将雅 3番人気(4.1) 9

www.youtube.com

 

112日 東京 天皇賞・秋G1)芝2400 良 戸崎圭太 2番人気(4.7) 2

www.youtube.com

 

1130日 東京 ジャパンカップG1)良 R.ムーア 1番人気(3.6) 4

www.youtube.com

 

1228日 中山 有馬記念G1)良 戸崎圭太 4番人気(8.7) 1

www.youtube.com

 

休み明けということもあってか、京都記念でついに単勝1倍台をとばす。私の戦士たちも散ってしまいました。G21倍台は怖いですね。オルフェーヴル阪神大賞典でやらかしていました。年度代表馬には休み明けでも期待しちゃうんですよね。冷静に見定めなければなりません。

 

リベンジレースであるドバイシーマクラシックにはデニムアンドルビーと共に出走。このレースは世界を沸かせました。いつも通りのレース運びで先頭集団に取り付きますが、最終コーナーで馬群が一気に凝縮すると内、前に壁、さらに外から蓋をされ追うに追えません。ジェンティルドンナも苦しみます。そこでR.ムーアのとった判断はブレーキをかけて外の馬を行かせ、更に外に振るという日本では見れない騎乗。一度ブレーキをかけてからの再加速はレースセンスが良くないと出来ません......ジェンティルはそのセンスを持っているじゃないですか。しっかりと反応し急加速すると一気に前を捉えて突き離しました。お見事。後続との接触もありえるため危険な騎乗ですが、勝ちへの執念で導かれたようでした。

 

この黄金コンビで3連覇を狙ったジャパンカップは、究極仕上げの菊花賞エピファネイアになす術なく敗れます。しかし、ラストイヤーのテーマはリベンジ。多分。ドバイシーマに続き引退レースの有馬記念では、ジャパンカップエピファネイア、宝塚のゴールドシップ天皇賞ジャスタウェイをまとめてリベンジ。有終の美を飾りました。票は4番人気とデビュー以来最も人気を落としましたが、偉大なる父ディープインパクトに並ぶG1 7勝という栄光をもってターフを去りました。

 

 

引退・記録

www.youtube.com

 

通算成績:

19戦10勝(10-4-1-4)

 

勝利G1桜花賞優駿牝馬秋華賞ジャパンカップ2012ジャパンカップ2013、ドバイシーマC有馬記念

 

栄冠:

史上4頭目牝馬三冠

史上初ジャパンカップ連覇

2012年度代表馬

2012最優秀3歳牝馬

2013最優秀4歳以上牝馬

2014年度代表馬

2014最優秀4歳以上牝馬

 

総獲得賞金:

172,603万円

 

いかがでしたでしょうか?2018年11月現在でこの記事を書いた理由は、アーモンドアイへの期待に他なりません。余裕を持って牝馬三冠を獲得し、この後どんな走りを我々に見せてくれるのか。ジェンティルドンナ同様にジャパンカップへ駒を進め、古豪との戦いに挑むようですが、怪我だけは...怪我だけはしないように祈りながら馬券を握りしめたいと思います。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

記事を書きながら買ってしまいました...


大判バスタオル ジェンティルドンナ 70×150cm