HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G1ジャパンカップ2019|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

 2019 G1ジャパンカップ有力データ

1981年に創設された本競走は世界に通用する強い馬を育成することを目指し、外国の強豪馬を招待して競わせることを目的としていました。

創設当初の10年間は、招待馬に圧倒され日本馬は1984年のカツラギエースと1985年のシンボリルドルフによる2勝しかできませんでした。しかし2007年以降は招待馬は1頭も馬券に絡むことができておらず、完全に形勢が逆転しています。

 

賞金

1着:3億円

2着:1億2,000万円

3着:7,500万円

4着:4,500万円

5着:3,000万円

 

 レースの売上

2017年 221億8,536万7,100円

2016年 206億5,703万2,300円

2015年 191億1,775万6,400円

2014年 206億6,148万9,800円

2013年 173億2,187万8,200円

2012年 200億9,852万2,000円

2011年 183億4,589万1,000円

 

 

東京競馬場へのアクセス

交通手段

京王線府中競馬正門前駅」から専用歩道橋にて正門まで徒歩約2

京王線東府中駅」南口から東門まで徒歩約10

JR武蔵野線南武線府中本町駅」臨時改札口から専用歩道橋にて西門まで徒歩約5

西武線是政駅」から南門まで徒歩約10

東京競馬場 アクセス

 

 

昨年の来場者数は10万人超え、G1レースの中でも雨天関係なく混雑します。撮影に来ている人も多く、最終コーナーやゴール付近はとても混雑します。パドックなども目的の馬を見たい場合は2レース前からポジションを取りに行かないと常にひしめき合っています。車で向かう場合は、行きはいいのですが帰りはあえて閉門ギリギリまで残ったほうがストレスなく帰ることができます。渋滞がすごいです。

 

入場料:200

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

東京競馬場指定席

現地で観戦しようと思う人へ簡単に指定席について調べ、オススメをピックアップしました。

 

B指定席(フジビュースタンド56階)

当日発売、11,500円からなとなる全席二人掛けの席となっており、席は全席屋外、2席毎に1台ずつモニターが設置されており、コンセント完備はもちろんゴール手前での攻防を間近で観戦することができます。

 

C指定席(フジビュースタンド56階)

当日発売 全席二人がけの席となっており、モニター付きでこちらもコンセント完備、

値段も1,000円とお手頃となっており屋外席なので天気のいい日は是非とってほしい席です。

 詳細はこちらでご確認ください。

 

  

周辺駐車場料金2,000

パークウインズ時(場外発売時)1,000円)

注記:JRA直営駐車場のほか民間駐車場があります。

注記:駐車可能台数は1,200台。車で行く=停められる とは限らないので注意が必要です。また、周辺の道路が超混雑するので、公共交通機関のご利用を強く強くおすすめいたします。

JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

 

コース紹介

東京競馬場 コース

東京 芝2,400m

スタートから1コーナーまでは約350mあり、2コーナーを越えたあたりまで緩やかな下りが続きます。その後やや急な上りがあり3コーナーまで下ります。最終の直線は525.9mもあり、上り坂(約160m)を越えると300mほど平坦な道となります。坂を登ってからの加速を必要とする直線は持久力と瞬発力の両方が求められます。終盤に力を発揮する為、極力ロスを少なくできる、器用で操縦性の高いことも重要です。

 

データで見る傾向と対策 過去10年分

配当
年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2017 1,330円 1,770円 5,250円

1,300

13,360円
2016 380円 2,570円 3,990円 8,050円 36,260
2015 920円 10,160円 18,510円 6,350円 53,920円
2014 890円 4,120円 7,800円 19,750円 91,790円
2013 210円 2,500円 3,330円 63,800円 224,580円
2012 660円 700円 1,580円 1,010円 5,550円
2011 340円 2,300円 4,180円 80,880円 324,680円
2010 880円 710円 1,880円 4,940円 25,110円
2009 360円 1,020円 2,020円 2,460円 11,690円
2008 4100円 7,620円 25,160円 6,410円 68,950円

基本的には人気上位勢が優勢で荒れにくいことがわかります。今年も強豪揃いではあるので、無理に穴馬を見つけるよりは無難にいく方が良いかもしれません。

 

人気・オッズ
単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 3-3-2-2 30.0% 60.0% 80.0%
2番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
4番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
5番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
6,7番人気 0-3-3-4 0.0% 15.0% 30.0%
8,9番人気 1-0-1-18 5.0% 5.0% 10.0%
10番人気以下 0-0-2-82 0.0% 0.0% 2.4%

 

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝
2.9倍以下 1-2-2-0 20.0% 60.0% 100.0%
3.0~3.9倍 3-1-1-3 37.5% 50.0% 62.5%
4.0~4.9倍 0-1-0-6 0.0% 14.3% 14.3%
5.0~9.9倍 4-1-2-14 19.0% 23.8% 33.3%
10.0~14.9倍 1-3-2-10 6.3% 25.0% 37.5%
15.0~19.9倍 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0%
20.0~29.9倍 0-2-1-7 0.0% 20.0% 30.0%
30倍以上 1-0-2-97 1.0% 1.0% 3.0%

5番人気以下が好走しています。1番人気の複勝率は80%となっており、2011年のデインドリーム、2014年のジェンティルドンナを除き馬券に絡んでいます。(ただしジェンティルドンナは2013年優勝馬) オッズだと2.9倍以下はなんと複勝率100%です。今年はアーモンドアイが予想オッズで2.9倍以下になりそうです。馬を見てもデータを見ても買わない決断はなかなかできないですね。

 

 

 

年齢
年齢 成績 勝率 連対率 複勝
3歳 2-2-2-24 6.7% 13.3% 20.0%
4歳 6-3-3-41 11.3% 17.0% 22.6%
5歳 2-4-3-35 4.5% 13.6% 20.5%
6歳 0-1-0-24 0.0% 4.0% 4.0%
7歳 0-0-2-12 0.0% 0.0% 14.3%
8歳 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0%

 過去10年で優勝馬は全て5歳以下で、特に4歳に好走馬が多くみられます。6歳以上は3着以内に入った馬が3頭のみで、唯一2着の結果を残しているのが2007年のポップロックとなっています。

 

性別
性別 成績 勝率 連対率 複勝
牡馬 6-9-9-123 4.0% 10.2% 16.3%
牝馬 5-2-2-15 20.8% 29.1% 37.5%
セン馬 0-0-0-11 0.0% 0.0% 0.0%

過去のデータだと牝馬の成績が優秀です。出場しているのがそうそうたる馬というのもありますが、アーモンドアイがここにその名を刻むことができるのでしょうか。

 

馬体重
馬体重 成績 勝率 連対率 複勝
458kg以下 1-2-0-21 4.2% 12.5% 12.5%
460~478kg 4-2-1-25 12.5% 18.8% 21.9%
480~498kg 4-3-5-53 6.2% 10.8% 18.5%
500~518kg 0-3-4-31 0.0% 7.9% 18.4%
520kg以上 1-0-0-14 6.7% 6.7% 6.7%

過去10年だと500kg以上で優勝したのは2016年のキタサンブラックのみとなっており、460~478kgが好走傾向にあります。

 

出走予定馬
馬名 騎手 前走
アーモンドアイ C.ルメール 秋華賞1着
スワーヴリチャード

M.デムーロ

天皇賞・秋10着
サトノダイヤモンド J.モレイラ 京都大賞典1着
シュヴァルグラン C.デムーロ 京都大賞典4着
キセキ 川田将雅 天皇賞・秋3着
マカヒキ 武豊 天皇賞・秋7着
カプリ R.ムーア 英チャンピオンシップ4着
ミッキーロケット 未定 天皇賞・秋5着
サンダリングブルー F.ベリー カナディアンインター2着
サトノクラウン 未定 宝塚記念12着
ガンコ 未定 アルゼンチン共和国杯6着
ミッキースワロー 横山典弘 天皇賞・春13着
ウインテンダネス 内田博幸 アルゼンチン共和国杯4着
サウンズオブアース 田辺裕信 毎日王冠9着
ノーブルマー 高倉稜 アルゼンチン共和国杯9着
ハッピーグリン 未定 富士ステークス11着

 

2017年優勝馬

シュヴァルグラン

調教師:友道康夫栗東所属) 馬主:佐々木主浩

血統

 ハーツクライ       サンデーサイレンス

            アイリッシュダンス

 

母ハルーワスウィート  Machiavellian

                 ハルーワソング

 

f:id:kbmanabu:20181114133706p:plain

 

動画

2017年:シュヴァルグラン


www.youtube.com

 

2016年:キタサンブラック


www.youtube.com

 

2015年:ショウナンパンドラ


www.youtube.com

 

2014年:エピファネイア


www.youtube.com

 

2013年:ジェンティルドンナ


www.youtube.com

 

2012年:ジェンティルドンナ


www.youtube.com

 

2011年:ブエナビスタ


www.youtube.com

 

2010年:ローズキングダム


www.youtube.com

 

2009年:ウオッカ


www.youtube.com

 

2008年:スクリーンヒーロー


www.youtube.com

 

筆者コメント

今年はアーモンドアイで決まりで良いでしょう。迷うことなくアーモンドアイを応援します。京都で復活したと言われているサトノダイヤモンド天皇賞で出遅れと衝突から温存したスワーヴリチャードに先着し、スターホースへと成り上がっていって欲しいですね。

個人的に昨年の覇者であるシュヴァルグランは応援していたのですが、昨年コンビだったボウマン騎手が騎乗停止で乗り替わりなのが少し残念です。福永騎手に戻るかと思いきやC.デムーロ騎手に鞍上が決まったとのことで、どんなレースをしてくれるのか楽しみが増えました。

 

現地に行くならお弁当を持ち込んでピクニック気分もいいですね。


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ピクニックバスケット トランク UT-1001