【下手でも勝てるFX】802日目報告|ポジポジ病はただの興味津々状態

FXスワップ運用802

目的と概要

当ブログの目的は、初心者でも、下手でも、時間がなくても、誰でも利益を積み上げるトレード手法を作り出すことです。

トレードに必勝法は存在しませんが、必敗方(それをやれば確実に負ける)は存在するため、その逆を行うことで理論上「負けることができない手法」を作れると考え検証を開始しました。

検証は2018年12月26日から。

Twitterではポジション状況や約定履歴をアップしています。

各記事の冒頭部分は初めて訪問いただいた方向けに同じ内容となっています。
読者様のスクロールを軽減するために折り畳んでいますので、初めての方は以下をクリックして展開をお願いいたします。

ただ一つ。プラスでは決済せず、マイナス時にのみ決済する。

FXトレードにおいて重要視されるロスカット。

ロスカットの役割は、損失を確定させ(失敗を認め)マイナスポジションを整理することです。

主に予測とは反した値動きが発生した際に、損失拡大を食い止める意味で使われます。とても重要なものです。

その重要度を理解したうえでロスカットをしない手法を作り出します。

難しいからです。

利確とロスカットの価値は同じでも、その難易度はロスカットの方が高いと考えています。

根拠は経験からです。

FXには損小利大という格言がありますが、全く逆の「損大利小」を行ってしまうことが多々あります。原因は以下の2点。

1.損失を認める(資産が減る)恐怖から逆転の可能性に賭けてしまう
2.折角生まれた利益がマイナスに転じてしまう恐れから早めの利食い

補足として、ポジティブとネガティブは後者の方が遥かに強いという研究結果も確認されており、この損大利小現象は本能的なもので訓練しなければ不可避だと思います。

ロスカットの上手い方は高確率で勝てるはずです。

言うのは簡単、実行は難しい。

ロスカットをせずにマイナスポジションを放置することを「塩漬け」と呼んだります。

見た目上は当手法も塩漬けと言えます。

しかし、ただ単に損失を確定させたくないから塩漬けにするのと、塩漬けを想定した戦略とでは大きく意味が異なります。

本件における塩漬けとは「超長期戦」です。

検証中の手法をご説明します。

1.証拠金維持率は1500%を割らないように

2.エントリーはスワップを獲得できるポジションのみ

3.ロスカットはしない

この3つのみ。これで負けようにも負けられない状況になりました。

ルールは3つですが、検証中に小さな検証を重ねて得た、より優位性を保つための策が複数あります。策全てをまとめた解説用記事を作成していますので少々お待ちください。

完成次第内部リンクを設置します。

スワップの資産運用を主体として当初は運用していましたが、2020年初頭のコロナショックを起因とした米国金利引き下げの影響でスワップは激減しました。

伴いまして、スワップを意識しつつトレード主体の運用へと切り替えました。

オシレーターのRCIと、プライスアクションのピンバーを使ったトレードにて月間獲得pips800〜1000を維持しており、結果はでている状況です。

獲得pipsだけで見ると超級プレイヤーですが、1度のエントリーロットは0.1Lotと極小なので利益額は威張れるものではありません。

あくまでも『ロスカットをしない手法の検証中』なので、手法完成までロットを上げる予定はありません。

本日の報告書提出

2021年3月4日の口座状況をスクリーンショット

FXスワップ運用

現在資金:6,441,411円 △441,411円

FXによって資金が441,411円増えた。

(スワップで90,364円増やしました)

(トレードで351,047円増やしました)

※開始資金:2,000,000円
※累計追加資金:4,000,000円

Twitterに現在のポジション一覧をアップしました。

USD/JPY ドル円 ロング

まだ下がらず。

ドル円ポジションは30もあるので、上がってくれるのは嬉しいのですが、エントリーポイントが不明な状況となっています。

一度しっかり下がってくれるまで、いわゆる押し目待ちのような感じです。

気長に待ちます。

EUR/USD ユーロドル ショート

下げるも1.2で反発。

1.21まで上げて再度1.2チャレンジ。

下手するとレンジに入ってしまいそうですが、こちらも気長に待ちます。

EUR/GBP ユーロポンド ショート

ショートポジションは全て決済済みです。

GBP/USD ポンドドル ショート

個人的に今最も楽しみな通貨ペアです。

3/2に反発を示すピンバーが作られ、やや上昇するも1.39に戻ってきました。

日足RCIが-80付近にいることが気になりますが、強気の下目線で動きだしを待ちます。

GBP/CHF ポンドスイス ロング

全てのロングポジションを決済しました。

AUD/USD 豪ドルドル

月足でRCIいっぱい、ピンバー形成済み。

強い上昇トレンドですが、一時的な下落で0.74まで見ることができますので、ショートポジションを一ついれました。

ポジポジ病を根治するには

今朝、ポジポジ病に関するツイートを読みました。

治す方法は

「FXとの向き合い方を考える」

これで一発完治すると思います。

私がそうでした。

もう少し掘り下げますと

「どうしてそんなにポジションを取りたいの?」

と、自問自答してみてください。

「予想が当たって利益が増えていく様が楽しいから」

この意見は素晴らしいと思います。

それで勝ち続けられるのであれば最高の一言なので、ポジポジ病というよりも、立派な勝ち組トレーダーです。

「トレンドラインやネックラインなどをひき、自分の予想が当たっていた場合ポジションを取っていないともったいないから」

この意見は最も危険というか必敗への一歩を進んでしまいます。

私がそうでした。

これは検証を含んだ意見ですので、ポジションを取ったと仮定するか、最小ロットでエントリーすることが吉です。

1円でも1万円でも大切なお金ですから、お金を使わずに検証できればベストですね。

と、ここまで上目線で解説してしまいましたが、正直なところ他人から言われて治る病ではないと思います。

気の済むまで、納得いくまでポジポジして、しっかり負けてようやく治ります。

FXは極論として上か下かの二択なので、ポジポジ病を患っていても1/2でプラス決済できます。

問題はマイナスは引っ張って、プラスは早めの利食いということ。

結論としては

「ポジポジ病を根治するには、損大利小に追いやられている精神状態(資金管理)を改善しなければならない」

こちらになります。

私がそうでした。

次回はこちら

FXスワップ運用803

【下手でも勝てるFX】803日目報告|レンジは片方だけを意識


SLAM DUNK 完全版 11 (ジャンプコミックス デラックス)