【調査】横浜予備校はどんな塾?横浜で話題の塾を調べてみた【評判】

【調査】横浜予備校はどんな塾?横浜で話題の塾を調べてみた【評判】

子供が志望校に合格するために評判の良い予備校や塾に通わせたいという親御さんは多いでしょう。

そこで今回は、横浜にある予備校のなかでも特に評判の良い「横浜予備校」の先生にお話をうかがいながら、予備校選びのポイントや横浜予備校の人気の理由について紹介していきます。

Contents

予備校とは?塾との違い

予備校とは?塾との違い

予備校と塾はどちらも学習を行う場所ですが、全く同じものではありません。

予備校とは、志望校毎の入試情報をもとに大学入試に向けて専門的な対策学習を行う場所です。

各大学の入試対策に特化した講義形式の授業を行う予備校が多く、志望する大学に合格するためのテクニックが学べるというメリットがあります。

また予備校の場合、大学受験を目指す高校生だけでなく、既卒生(浪人生)も一緒に授業を受けるため、学校の授業で習う内容はすでに理解しているという前提でカリキュラムが組まれので、より高度な内容を学べるでしょう。

塾の場合は、学校での成績を上げていくためのテスト対策や苦手科目の克服などを目的とし、大学受験に向けて学力向上を目指す学習を行います。

小学生、中学生、高校生などの年齢や基礎学力に合わせて学習内容が決められ、学校の授業と同じように先生が生徒を指名して質問して答えさせるなど、会話をしながら学習を進めていくケースが多いです。

予備校と比べて先生と生徒の距離が近く、分からないことがあれば気軽に質問がしやすいというメリットがあります。

予備校の選び方

予備校の選び方

子供を志望校に合格させるために、評判の良い予備校を選びたいと考えるのは当然のことです。

しかし、具体的にどのようなポイントを比較しながら選べば良いのか、予備校の選び方が分からないという親御さんも多いのではないでしょうか。

そこで続いては、予備校選びのポイントをご紹介します。

大人数の講義形式か個別指導形式か

予備校で行う学習方法には、大人数で受ける講義形式と個別指導形式があります。

講義形式の予備校では、複数の生徒に対して一斉に講義を行いますが、学校のように先生が生徒を指名して質問に答えさせるといったことはあまりありません。

また、最近は実際に予備校に通って授業を受けるのではなく、映像による授業を行っている予備校もあります。

映像による授業であれば、いつでもどこでも、時間や場所を気にせず授業を受けることができます。

さらに聞き取れなかったところや理解できなかったところは後からでも見直すことができるため、自分のペースでじっくり学習したいという方に向いています。

一方で、講義形式の場合は講師に対して気軽に質問がしづらく、また基本的な内容は理解している前提で講義が進むため、ただ講義を受けるというだけでなく、予習や復習をしっかりと行うなどの自己管理が必要です。

自主的に理解したいという気持ちが強い場合は講義形式の予備校がおすすめですが、講師とコミュニケーションを取りながら一人一人の学力レベルに合わせた授業を希望する場合は個別指導形式を選ぶと良いでしょう。

志望校への合格者数をチェック

予備校を選ぶときは、志望校への合格率と特待制度の有無をチェックしましょう。

合格数が多くても、もし特待制度のある予備校であればその合格者の多くは特待制度で通っていた生徒である可能性が高いです。

また受験する母数が多ければその分合格者数も増えます。

以上のことから、特待制度がなく合格率が高い予備校はそれだけ指導力が高いということになります。

無料体験授業を受ける

どんなに評判の良い予備校であっても、講師との相性が合わなければ思うように成績が伸びない可能性があります。

多くの予備校では無料体験授業を行っていますので、気になる予備校が見つかったら入塾を決める前に無料体験を受けてみると良いでしょう。

講師との相性や学習方法、サポート体制など、さまざまな視点で比較しながら相性の良い予備校を選ぶことが大切です。

横浜にある予備校一覧

横浜市にある評判の良い予備校をいくつか紹介します。

予備校名授業方式
四谷学院 集団指導
WIP 少人数制予備校 集団指導、個別指導
横浜予備校完全個別指導、少人数制+復習徹底特訓、自主学習徹底管理
駿台予備校集団指導(オンデマンドシステムを利用した個別視聴可)
河合塾集団指導、映像授業、チューターサポート
東進ハイスクール映像授業
Z会集団指導、個別指導

横浜市周辺には、全国展開している大手予備校だけではなく、少数精鋭で個人が経営している予備校など多数の予備校があります。

全国展開している大手予備校のメリットは、入塾者数が多いのでその分受験生に関するデータが豊富なことです。

しかし、必ずしも大手の予備校が良いということではありません。医療系の学部に強い予備校、理系の大学に強い予備校、文系の大学に強い予備校など、予備校によって得意な分野、不得意な分野がありますので、それぞれの特徴を調べてみましょう。

またどんなに評判の良い予備校であったとしても、学習方法や先生との相性は人によって違います。

予備校を選ぶ際は無料体験授業を受け、実際の授業を体験したうえで、自分に合うと感じた予備校を選ぶことが大切です。

予備校・塾によくある問題点

予備校や塾の現状として、よくある問題点は以下の7点です。全国展開している大手予備校など評判の良い予備校であっても、このような問題点は見受けられます。

  1. カリキュラムや授業が順調に勉強をすすめてきた生徒に向けて作られているため、授業についていけない生徒がいる
  2. 講義を受ける生徒の人数が多い予備校の場合、講師側は生徒全員が理解しているかを確認することが難しく、生徒側は簡単に質問することができない
  3. 予備校・塾ともに下位クラスを担当するのは経験の浅い先生が多く、良い先生にあたらないことが多い
  4. 既存のプロ講師による個別授業は分かりやすく質問しやすいが、単価が高額すぎて合格に必要なコマ数を確保できない。
  5. 勉強の仕方がわからない生徒に対して勉強の仕方を教えることはないため、勉強の仕方が分からない生徒はいつまでたってもできるようにならない
  6. みんなと同じ授業を受けて同じ参考書を読んで勉強すると、自分だけでなく周りも成績が上がってくるため、なかなか差が縮まらない(偏差値が伸びない)
  7. わかりやすい授業を受けることはできるが、予習や復習は生徒自身で行う必要があるため、勉強の仕方を知っている生徒は伸びるが、そうでない生徒は伸びにくい

横浜の予備校で話題の「横浜予備校」とは

横浜の予備校で話題の「横浜予備校」とは

横浜予備校は、予備校や塾が抱える問題点を解決すべく、どんな生徒の悩みにも一つずつ全力で答え、スタッフ一丸となって手厚い指導を行っています。

予備校でありながらも完全個別指導や少人数制授業を取り入れ、どんな生徒であっても志望校への逆転合格を目指せます。

そこで続いては、「横浜予備校」とはどんな予備校なのかを詳しく紹介していきます。

横浜予備校とは

横浜予備校とは、2014年に開校された予備校です。スタート時は小さな部屋から始まった予備校ですが、卒業生の紹介で生徒数の数が増え、少しずつ大きくなっていきました。

横浜予備校は、『勉強に苦手意識を持っている生徒、志望校合格まで程遠い生徒の役に立ちたい』という塾長の思いから立ち上げられた予備校のため、偏差値40台から医学部合格、商業高校から早稲田大学など、逆転合格実績が多数あります。

志望校に合格したいという目標を持ちながらも勉強に対して自信が持てない生徒に向き合い、最大定員4名までの極少人数制授業と1対1の完全個別指導を行うことで、志望校合格に向けて目を輝かせて勉強に励む姿を見てきました。

どん底からの逆転合格をつかみとった生徒も多数います。「今の自分をなんとかしたい!」「志望校に絶対に合格したい!」という方はぜひ横浜予備校の無料体験で実際の授業を体験してみてください。

スクール概要

スクール名横浜予備校
住所神奈川県横浜市中区花咲町1-18
第一測量桜木町ビル5F
電話番号045-250-3915
受付時間10:00〜22:00
定休日年中無休
塾長佐藤 徹

横浜予備校の特徴とは?

横浜予備校では、塾や予備校に起こりがちな問題点を解決するために、一人でも多くの勉強に困っている生徒を笑顔にしたいという夢を持って指導を行っています。

講師と生徒の距離が近い

一般的な予備校の場合、集団指導による講義形式の授業を行うところが多く、講師と生徒の距離が遠くなる傾向があります。

しかし、横浜予備校では講師と生徒の距離を縮め、不安なことや心配なことを気軽に相談することができる環境を提供します。

講師が生徒に寄り添うことで、不安を解消するための適切なアドバイスができるだけでなく、生徒一人一人に合った最適なカリキュラムを提供することができるため、苦手科目に自信が持てるようになります。

苦手な理由を徹底的に探り、やる気を起こす

横浜予備校では、苦手な理由を徹底的に探ることを大切にしています。

なぜなら、苦手な理由が分からないまま勉強時間だけを費やしても、成績は向上しないからです。

苦手な理由を知り、理解できなかった部分を徹底的に復習することで、理解する楽しさを知ることができ、自信が持てるようになります。

横浜予備校では、分からない→苦手→やる気が起こらないという負のスパイラルを断ち切り、勉強に自信が持てるようになる指導をしています。

学習計画の作成と実行

生徒の苦手な理由に基づき、一人一人に合った学習計画を作成して実行するだけではなく、学習効率を上げるために定期的に面談を行いながら志望校への合格を目指します。

復習徹底特訓でできる自分を体感できる

横浜予備校には、自動的に授業を復習・定着させる復習徹底特訓と呼ばれるシステムがあります。

自分に合った段階からチャレンジすることができ、分からない部分はプロの講師のサポートを受けながら少しずつレベルを上げて、着実に理解度を深めていきます。

理解が深まることで成績がアップしますので、できる自分が体感できるようになり、自分に自信が持てるようになります。

入会金、教材費、施設使用料がかからない

一般的な予備校の場合、予備校の費用は一括払いのところが多いため、高額な費用を一気に支払う必要があります。

しかし横浜予備校は、入会金、教材費、施設使用料がかかりません。

また、横浜予備校では受講数に応じて割引が適用され、受講数が多くなるほど割引率が高くなる仕組みとなっています。

横浜予備校の料金・コース

横浜予備校の料金・コース

授業受ける、受けた授業を身につける、自発的に復習する、苦手を克服するといった失敗しない勉強法の確立するためのシステムが横浜予備校にはあります。

横浜予備校はスタッフ一丸となり、「そこまで、やるのか!?」という所まで手厚い指導をしています。

既卒生医学部コース

医学部を目指す生徒を対象としたコースです。

1クラス2~4名のレベル別クラス編成で、一人ひとりを綿密に指導していきます。

また、極少人数指導だけでなく追加で苦手科目のみを、完全個別指導で追加受講できるので安心です。

既卒生難関大コース

国公立・早慶・MARCHなどの難関大を目指す生徒を対象としたコースです。

1クラス2~4名の極少人数クラスで授業を行います。

科目ごとに学力別でクラスを編成するため、苦手科目がある人でも安心して自分のレベルにあった授業を受けることができます。

また、本当についていくのが大変な科目がある場合は、完全個別指導の併用もできるので安心です。

日曜開講横浜市立大学医学部医学科専門コース

横浜市立大学医学部医学科に何が何でも合格したい!という強い思いを持った生徒のための講座です。

各予備校のトップクラスの先生が講義を担当します。

日曜日に講座を開講するので、他の予備校に通いながらダブルスクールで受講することも可能です。

また、一人ひとりに横浜市立大学医学部医学科に通っている現役の学生チューターがあなた専門の担当となり、受験勉強の相談の強力な味方になってくれます。

現役生(高校3年)医学部・難関大コース

医学部や難関大を目指す高校3年生のためのコースです。

勉強についていけなくなることを防ぐために、授業だけではなく復習徹底特訓も実施。さらに、自習計画も一緒に立てていきます。

苦手意識が少ない科目は極少人数制指導で、苦手意識が強い科目は完全個別指導で受講することができます。

高校生 高1・高2生コース

現在の成績の向上を目指す高校生を対象としたコースです。

経験豊かなプロ講師が一人ひとりに合わせた綿密な指導を行います。

中高一貫 中学生コース

中高一貫の学校に通う生徒に対応したコースです。

学校教材に準拠した内容を指導していくので、学校の勉強を大事にしたい方におすすめです。

一人ひとりの習熟度に合わせた指導を行うので、無理なく学校の成績を伸ばすことができます。

自学自習徹底管理コース

自学自習を管理してほしい方へ向けたコースです。

主に次の8項目が指導の中心になります。

  1. 個別指導(1:1)
  2. 学習カウンセリング(1:1)
  3. 宿題
  4. 確認テスト
  5. 映像授業
  6. 推薦対策
  7. オリジナルの参考書とアプリ
  8. 年間参考書計画の作成

オンライン完全個別指導コース

医学部・難関大を目指しているが、予備校・塾に通うのが難しい生徒を対象にした講座です。

【プロ講師によるオンライン授業】+【学習計画カウンセリング】+【勉強計画の作成】+【復習徹底特訓】で医学部・難関大の合格を勝ち取ります。

料金

既卒生医学部コース入会金
教材費
面接対策
書類添削
夏期講習
冬期講習
冬期直前講習込み
268万円
年間40週間分の授業料です。
既卒生難関大コース入会金
教材費
書類添削
面接対策
夏期講習
冬期講習
冬期直前講習込み
148万円
年間40週間分の授業料です
横浜市立大学医学部医学科専門コース各教科100万円/年
現役生(高校3年)医学部・難関大コース詳しくはこちら
高校生 高1・高2生コース詳しくはこちら
中高一貫 中学生コース完全個別指導+復習徹底特訓33,000円/月
自学自習徹底管理コース詳しくはこちら
オンライン完全個別指導コース詳しくはこちら

横浜予備校の評判は?実際に利用した生徒・保護者の声

横浜予備校の評判は?実際に利用した生徒・保護者の声

横浜予備校の評判は実際どうなのでしょうか。横浜予備校を利用して志望校に合格した生徒や保護者の声を紹介します。

志望校合格を勝ち取りました!

横浜予備校で志望校合格を勝ち取りました。

横浜予備校には、通常の授業だけでなく学習度のチェックができるハマトレ(eトレとオリジナル教材を組み合わせた演習トレーニング)があり、生徒の学力を確実に向上させる仕組みと指導力が備わっています。

また、生徒に真摯に向き合って下さる先生やチューターの方々、目標実現に向かって努力を絶やさない仲間の存在、他にも一人一人に自習室とロッカーがもらえるなど、集中力を持続させる学習環境が整備されているため、勉強すればする程に長居したくなる環境です。

志望校をゆくゆくは出身大学として声に出して言ってみたいのなら横浜予備校以上の場所はありません。

横浜予備校は自分にとってベストな選択でした!

浪人していた1年間、横浜予備校にお世話になりました。

現役の時は別の予備校に通っていましたが受けた大学は全て落ち、大学受験に対する考えが甘かったことを思い知らされました。

浪人するにあたって大手予備校と横浜予備校どちらにするか迷いましたが、自分に必要なのはいつでも質問ができる環境だと思い、講師との距離が近い横浜予備校を選びましたが、この選択は自分にとってベストな選択だったと思っています。

少人数授業でいつでも質問ができるところや、勉強だけでなく受験そのものについても相談することができ、おかげで志望校に合格することができました。

医学部に合格できました!

横浜予備校は少人数制で講師と生徒の距離が近く、授業での質問だけではなく受験に関する不安なども気軽に話せる環境が整っていました。

医学部の受験に必要な面接試験の練習もしてくれて、おかげさまでずっと目標だった医学部に合格することができました。

第一志望校は無理だと言われてたのに…

上の子の予備校を探していた時に横浜予備校を知りました。

その時は定員で締め切りになっていましたが、娘は是非ここにお願いしようと決めていました。

少人数授業、専用の机と本棚、いつでも好きなだけ自習室が使える環境、コピーが無料で使えるなどが主な理由でしたが、なによりも先生が本人の希望を決して否定せず鼓舞してくださったのが大きかったです。

学校の先生や一部の同級生には志望していた学校を目指すのは厳しいことを言われましたので…。

でもそれで逆に火がつき、いつかくる爆伸びを信じ、起きている時間はほとんど勉強に充てているかのような毎日でした。

最後まで模試ではE判定で落ち込んだりもしましたが、その都度アドバイスやメンタルのケアをしていただき、「ここまで対策をしたから絶対に受かる!」との気持ちで受験に臨むことができたようです。

指定校やAOでの受験が多い中、一般、それも逆転合格を狙うとなると本当に心身共に大変そうでしたが、合格の喜びも格別です。

志望校を決め対策をたてるのは早ければ早いほどよいと思います。

これから入塾される保護者の方も、最後まであきらめずに先生方と一緒に支えてあげてください。

他塾で入塾を断られるほどの学力から早稲田大学に合格!

高2の冬に難関校受験の意思を固めたものの、大手有名進学塾には「現状の成績では難関校合格は難しい、指導はできない」と入塾を拒否されてしまいました。

希望を叶えてくれる塾はないかとネットで検索したところ、横浜予備校を知りました。

入塾の決め手となったのは、見学の際に他の塾の生徒には感じなかった塾生全員が、目標実現のために本気で勉強しているのを感じられたことです。

1日1時間の勉強すら嫌がっていた子供が、入塾後すぐに朝から夜まで自習室で勉強するようになったのは驚きました。

今回、第一志望校はもとより複数の難関校に合格出来たのは、模試の結果が悪かった時も、落ち込んで精神的に弱くなってしまいご迷惑をかけた時も、先生やスタッフの方々など誰からも見捨てられることはなく最後までサポートして頂けたことが大きいと思います。本当にありがとうございました。

横浜予備校が人気になってきた理由

横浜予備校に実際に通っていた生徒の方や保護者の声を見ると、横浜予備校が人気になってきた理由がわかります。

苦手な理由を探り、苦手な理由に合わせた個別学習プログラムで学習できる

苦手な教科がある生徒の場合、問題を解くことができず自信をなくしてしまった、成績が伸び悩んでいるがどんなに時間をかけて勉強しても成績が上がらないなど、苦手になってしまう理由は人によって異なります。

横浜予備校では苦手になってしまった理由を探り、その苦手に向き合って解決するための指導を行います。

苦手を克服すると、勉強すればするほど成績に反映されるようになり、自信が持てるようになります。

分からない部分を理解できるようになると、勉強は楽しくなります。

分からない状態をそのままにしない授業方針が、横浜予備校が人気になった理由の一つだと言えるでしょう。

現在の成績に関係なく、生徒の志望を否定しない

学校では、現在の成績のままでは志望校に合格することが難しいと判断した場合、志望校の変更を促すことがあります。

どうしても志望校に行きたいという強い希望がある場合、今の成績では合格は難しいと否定されてしまうことで、精神的に落ち込んでしまう生徒も少なくありません。

しかし、横浜予備校では生徒の志望校を否定することはりません。現在の成績に関係なく、逆転合格に向けて指導を行い、学習面だけではなく精神面のサポートもしっかり行っていきます。

横浜予備校で逆転合格を勝ち取った生徒が続々と生まれ、横浜予備校をぜひすすめたいという生徒や保護者が増えていることも、横浜予備校が人気になった理由としてあげられます。

少人数指導のため、講師と生徒がコミュニケーションをとれる

横浜予備校では少人数指導を取り入れています。

集団指導の場合、講師はすべての生徒の理解度を把握することはむずかしいため、理解できずに悩んでいる生徒がいても気づかずにそのまま授業が進められてしまうことがあります。

しかし、横浜予備校では少人数指導や個別指導によって一人一人の生徒の理解度を把握し、分からないところがある生徒を置き去りにして進んでしまうことはありません。

わからないところを無くすことができれば、勉強に自信が持てるようになります。

頑張った分だけ成績に反映されると勉強が楽しくなるため、横浜予備校に通い始めて自主的に勉強するようになったという評判も多く、人気の理由になっているのではないでしょうか。

横浜予備校に関するよくある質問

横浜予備校に関するよくある質問

横浜予備校に関するよくある質問をご紹介します。

コロナに関してどのような対策をされていますか?

横浜予備校では、以下のコロナ対策を行っています。

  • 東大医学部付属病院も導入のウイルスに効果がある空気清浄機を2台導入

横浜予備校では、奈良県立医科大学、東京工業大学の研究で新型コロナウイルスの不活性化が確認できた技術を利用している空気清浄機を2台導入しています。

この空気清浄機は、新型コロナウイルスだけではなく、インフルエンザウイルスも除去できることが確認されています。この空気清浄機の導入によりコロナへの感染リスクを大幅に減らすことが可能になりました。

  • 生徒も講師もマスク着用の義務付け

横浜予備校では生徒も講師も全員マスク着用を義務付けています。マスクを着用していない場合は、入室することができません。

  • 入室前は、検温、消毒の呼びかけ

入室前は、検温が必須です。体温が37.5℃以上あった場合は、入室することができません。体温が37.5℃以上なければ、手の消毒をして入室します。

  • 食事用のフリースペースに仕切りを設置

生徒が食事などで利用できるフリースペースには、仕切りが設置されています。壁に向かって設置されている机の両側に仕切りがありますので、安心して利用することができます。

  • 授業が終わるごとに換気を実施

授業が終わるごとに空気の入れ替えを行っています。

教えてくれるのはどんな先生ですか?

全員プロの講師です。医学部予備校や大手予備校で教えている先生や、参考書を執筆している先生が授業を担当します。

また、ハマトレを担当するのは横浜市立大学医学部医学科の先生や、東京医科歯科大学医学部医学科の先生などです。

無料体験授業・無料受験相談について

無料体験授業・無料受験相談について

予備校は、授業の内容や学習方法はもちろんですが先生との相性も大切です。

横浜予備校では、無料体験授業、無料受験相談を実施しています。

体験授業については、生徒さんの希望する教科・単元で、1対1の個別にて実施しています。

無料体験授業、無料受験相談の詳細につきましては、横浜予備校の問い合わせフォームまたは電話(045-250-3915)にてお問合せください。

結論

結論

「勉強のやり方が分からない」「志望校に合格するには偏差値を10以上、上げなければならない」「医学部に行きたいけど、今の成績では無理」「志望する難関大を言ったら友達・先生に笑われ恥ずかしい思いをした」などの悩みを持つお子さんや保護者の方におすすめしたいのが横浜予備校です。

横浜予備校では苦手な理由を徹底的に追求し、それぞれの生徒に合った学習プログラムを作成しています。

勉強時間がどんなに多くても勉強の質が悪いと成績は上昇しません。

横浜予備校では、質のよい勉強ができるように、学習面だけではなく精神面でもサポートを行っています。

実際の予備校の雰囲気を知りたい、どんな学習方法なのかを知りたいという方はぜひ無料体験授業を受けてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です