HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G1皐月賞 2019|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

2019 G1皐月賞 有力データ

クラシックの1冠目、G1皐月賞が4月14日(日)に中山競馬場で開催されます。クラシック三戦の中で「最も速い馬が勝つ」といわれるこのレース、たしかに最近では皐月賞の勝ち馬がその後ダービーと菊花賞に参加しないことも多く、また皐月賞好走馬のペルシアンナイト、キングヘイローなども古馬になってからの主戦距離はマイルになっていますので、この速い馬が勝つというイメージがわかりやすいと思います。

 

賞金

1着:1億1,000万円

2着:4,400万円

3着:2,800万円

4着:1,700万円

5着:1,100万円

 

 レースの売上

2018年 178億3,337万

2017年 188億7,350万

2016年 186億4,631万

2015年 168億3,778万

2014年 174億3,005万

2013年 161億6,182万

2012年 169億3,693万

2011年 151億3,553万

 

 

 

中山競馬場へのアクセス

・JR西船橋駅からバスで約15分、徒歩で30分。

・JR船橋法典駅から専用地下道(動く歩道設置)で徒歩約10分。

・京成東中山駅からはバスで約10分、徒歩で約20分。

中山競馬場_アクセス

間違いなく混み合います。気合を入れて前日から早く行くか、大人しく公共交通機関を利用しましょう。

 

入場料:200

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

現地で競馬を100倍楽しむためのグッズを紹介しています。ぜひ参考にしてください。 

www.nabioo.com

 

中山競馬場指定席

現地での観戦を考えている人は指定席も一度考えてみてはいかがでしょうか。意外と知らない人が多いですが、一度行ってみることをオススメします。

 

A-Seat(スタンド3階)

2人掛けで指定席の中では一番ゴール板に近い席となっています。7インチのモニターとコンセントが各席に設置されているので、不便を感じることもありません。一番熱くなれる席であることは間違いありません。ネット予約だけではなく当日発売もしています。

 

K-Seat【+i】(スタンド3階)

1人掛けの席でありながらかなりゆったりとした広さを持っています。各席にi-Seat端末が設置されており、ICカードを利用してキャッシュレスで投票することができます。馬券購入に立ち上がる必要もないので、終日楽しんでも疲れることも少ないでしょう。また。レース実況やパドック動画、オッズや馬体重などの競馬に関する基本情報や投票に役立つ情報を自分の席で全てチェックすることができるので、最高の休日を過ごすことができると思います。

 詳細はこちらでご確認ください。

 

周辺駐車場情報 料金2,000円

パークウインズ時(場外発売時)1,000

JRA直営駐車場のほか民間駐車場があります。

駐車可能台数は1,200台。車で行く=停められる とは限らないので注意が必要です。また、周辺の道路が超混雑するので、公共交通機関のご利用を強く強くおすすめいたします。JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

 

コース紹介

中山競馬場中山 芝・2,000m

中山の2,000mは弥生賞と同じコース、スタートからすぐに登り坂に入りそのままコーナーに入ります。4つのコーナーと直線の距離が310mという小回りを求められるコースですので、ここでいかにスピードを保ちながら前へつけられるかだ重要となります。

データで見る傾向と対策 過去10年分

配当

年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2018 1,450円 12,880円 23,570円 53,410円 372,080円
2017 2,240円 8,710円 20,720円 176,030円 1,064,360円
2016 3,090円 6,220円 17,680円 6,000円 70,390円
2015 460円 790円 1,530円 3,110円 12,360円
2014 510円 920円 1,900円 7,690円 33,490円
2013 370円 840円 1,750円 1,210円 5,920円
2012 710円 1,220円 3,190円 2,050円 12,620円
2011 1,080円 1,260円 3,740円 9,220円 55,450円
2010 230円 1,260円 1,920円 11,410円 35,220円
2009 610円 11,940円 18,390円 67,600円 390,930円

 

 

3連単1頭軸マルチで10年購入すると

ここでは3連単を1頭軸マルチで購入した結果を報告します。購入ルールとして軸は1番人気、相手7頭は人気順(2〜8番人気)、点数は126点の1点100円。以下10年分の結果です。

年度 決着順 結果 購入額 払い戻し 累計
2009 3-8-4人気 不的中 12,600 0 -12,600
2010 1-6-11人気 不的中 12,600 0 -25,200
2011 4-1-8人気 的中 12,600 +55,450 +17,650
2012 4-2-3人気 不的中 12,600 0 +5,050
2013 1-2-3人気 的中 12,600 +5,920 -1,630
2014 2-1-8人気 的中 12,600 +33,490 +19,260
2015 3-2-4人気 不的中 12,600 0 -6,660
2016 8-3-1人気 的中 12,600 +70,390 +51,130
2017 9-4-12人気 不的中 12,600 0 +38,530
2018 7-9-8人気 不的中  12,600 0 +25,930

10年で4回の的中と配当の大きさから、珍しくこの企画もプラスで終了できました。1番人気の勝率が思ったより低いことは意外です。単勝の値段を見ても高配当が多いので、イメージとしては上位人気の能力拮抗のイメージでがもたれます。

 

枠順 着度数 勝率 複勝
1枠 2-2-3-31 5.3% 18.4%
2枠 2-4-0-34 5.0% 15.0%
3枠 2-2-2-34 5.0% 15.0%
4枠 3-1-3-33 7.5% 17.5%
5枠 0-4-3-33 0.0% 17.5%
6枠 3-1-4-32 7.5% 20.0%
7枠 4-3-3-48 6.9% 17.2%
8枠 4-3-2-49 6,9% 15.5%

枠順の有利不利に関しては,中山コースで小回りの効く内枠が有利と思いきや、あまり差がありません。最初のコーナーまでの直線が短いのでいかにスタートでいいポジションを取れるかが重要だと思っているので、枠より脚質を重視したいと思います。

 

 

 

人気
単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 5-4-3-8 25.0% 45.0% 60.0%
2番人気 2-4-4-10 10.0% 30.0% 50.0%
3番人気 2-2-4-12 10.0% 20.0% 40.0%
4番人気 2-1-2-15 10.0% 15.0% 25.0%
5番人気 1-0-0-19 5.0% 5.0% 5.0%
6〜9番人気 6-6-4-64 7.5% 15.0% 20.0%
10番人気以下 2-3-3-166 1.1% 2.9% 4.6%

1〜3番人気の成績が安定していることから軸馬を選ぶなら上位で決めたいですが、ここ最近は6番人気以下が多く来ているのも考慮して2頭軸で買うのも面白いかもしれません。5番人気の成績がかなり悪いのも特徴です。 

 

脚質
脚質 着度別数 勝率 連対率 複勝
逃げ 2-1-2-19 8.3% 12.5% 20.8%
先行 5-7-5-59 6.6% 15.8% 22.4%
差し 13-8-10-124 8.4% 13.5% 20.0%
追込 0-4-3-92 0.0% 4.0% 7.1%

逃げ・先行と中山コースらしい脚色が有利ということがわかります。最後の直線も短いため後方脚質の成績は低いので、ポジション取りしやすい前の馬から軸馬を選びたいです。差し馬でも中段8番手あたりからだと馬券に絡む事も多いので、差し馬を減点する理由はなさそうです。

 

 

出走予定馬

 

1アドマイヤマーズ  牡3  57.0  Mデムーロ 友道

2サトノルークス   牡3  57.0  池添    池江

3ファンタジスト   牡3  57.0  武豊   梅田

4ダノンキングリー  牡3  57.0  戸崎圭  萩原

5ランスオブプラーナ 牡3  57.0  松山   本田

6クラージュゲリエ  牡3  57.0  横山典  池江

7ヴェロックス    牡3  57.0  川田  中内田

8ニシノデイジー   牡3  57.0  勝浦   高木

9メイショウテンゲン 牡3  57.0  三浦  池添兼

10シュヴァルツリーゼ 牡3  57.0  石橋脩   堀

11ラストドラフト   牡3  57.0  シュタル 戸田

12サートゥルナーリア 牡3  57.0  ルメール  角居

13ブレイキングドーン 牡3 57.0  福永   中竹

14ダディーズマインド 牡3  57.0  未定  青木

15クリノガウディー  牡3  57.0  藤岡佑  藤沢則

16タガノディアマンテ 牡3  57.0  田辺   鮫島

17アドマイヤジャスタ 牡3  57.0  岩田康  須貝

18ナイママ      牡3  57.0  柴田大  武藤 

 

 

2018年優勝馬

エポカドーロ

調教師:藤原英昭 (栗東) 馬主:ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン

血統

 父オルフェーブル        ステイゴールド

                 オリエンタルアート

 

ダイワパッション      フォーティナイナー

                 サンルージュ



  

皐月賞 2018 エポカドーロ



 

 

動画

2018年:エポカドーロ

youtu.be

 

2017年:アルアイン

www.youtube.com

 

2016年:ディーマジェスティ

www.youtube.com

 

2015年:ドゥラメンテ

www.youtube.com

 

2014年:イスラボニータ

www.youtube.com

 

2013年:ロゴタイプ

www.youtube.com

 

2012年:ゴールドシップ

www.youtube.com

 

 

2011年:オルフェーブル

www.youtube.com

 

2010年:ヴィクトワールピサ

www.youtube.com

 

2009年:アンライバルト

www.youtube.com

 

 

筆者コメント

競馬ファンとしては、やはりクラシックが始まると胸が熱くなってきますね。去年と一昨年は荒れに荒れて散々な思いをしましたが、今となっては2017年の皐月賞アルアインペルシアンナイトの1.2着の結果に納得できますね。今年はどの馬がこの皐月賞から競馬界を盛り上げてくれるのか楽しみです。注目馬はなんといってもサートゥルナーリアの1強ムードが漂っていますが、個人的には弥生賞馬のメイショウテンゲンがなにか起こしてくれることに期待しています。

 

追記

枠順が決まり、1番人気サートゥルナーリアは6枠12番、ダノンキングリーは2枠4番に入りました。金曜の段階ではサートゥルナーリアが単勝オッズ2倍、ダノンキングリーが単勝オッズ4.9倍になっていますが、サートゥルナーリアがタイム上では今まで良いタイムを出していないことから、ダノンキングリーのオッズは更に下がると見込まれます。この2頭を軸馬にする人も多いと思います。サートゥルナーリアの調教では現在絶好調のシャケトラを圧倒したことからポテンシャルが高いのは間違いないでしょう。

 

 

同週開催の記事もよかったら見てください。

www.nabioo.com