HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G1桜花賞 2020|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

世間では新元号のリーク情報などで賑わっていますが、もう新元号の公式発表も間近となりました。変化というものは不安なこともありますが、基本的にはプラスになって行くと思っています。元号が変更になってからは収支もプラスに向かってくれると信じて、本日も情報を更新していきます。G1桜花賞はもう目前まで迫っています。

 

 

2019年 桜花賞有力データ

5大クラシックの1つである桜花賞は1939年に3歳牝馬限定で中山競馬場・芝1,800mを舞台として創設されました。1974年に京都競馬場開催になり、距離を芝1,600mに変更したと同時にレース名も「桜花賞」に変わりました。

本競走は牝馬三冠レースの第一弾となっており、5着以内で決着するとオークスへの優先出走権を与えられます。昨年の覇者であるアーモンドアイは見事三冠牝馬を達成いたしました。

 

賞金

1着:1億500万円

2着:4,200万円

3着:2,600万円

4着:1,600万円

5着:1,050万円

 

レースの売上

2018年:169億1801万円

2017年:161億9844万円

2016年:156億7897万円

2015年:160億9053万円

2014年:152億8523万円

2013年:140億9342万円

2012年:146億8697万円 

2011年:120億7287万円  

阪神競馬場へのアクセス

大阪から阪急神戸線で約30分、同じく神戸三宮から約25分。ともに西宮北口駅で乗り換えて宝塚方面へ。阪急今津線仁川駅から専用地下道、専用通路(サンライトウォーク)で徒歩約5分。

阪神競馬場_アクセス

 

 

入場料:200

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

阪神競馬場指定席

現地で観戦しようと思う人へ簡単に指定席について調べ、オススメをピックアップしました。

 

UMACAシート (スタンド4階 ラウンジフロア 税別2,800円)

UMACAと言われるICカードを購入し、キャッシュレスで競馬を楽しめるシートとなります。モニターではレースやパドック映像はもちろんJRA-VANを利用できたりとサービス面に優れていますね。

 

Sラウンジシート スタンド6階(1名 税別3,300円)

二人掛けの観戦席です。各テーブル2席ごとに1台ずつ小型のテレビが設置されており、1席ごとにコンセントもございます。ゴールからは遠くなっておりますが、 スタンドの最上階から落ち着いてゆっくり観戦できるシートです。阪神競馬場のシートはSからA,B,C,Dとランク分けがされておりSでも1名3,300円とリーズナブルな点もオススメです。

 

周辺駐車場料金1,000円

パークウインズ時(場外発売時)1,000円)

注記:JRA直営駐車場のほか民間駐車場があります。

JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

 

コース紹介

 

阪神競馬場_コース

阪神 芝・1,600m

外回りコースを走ることになりますが3コーナーから4コーナーを抜けるまで緩やかな下りが続きます。直線距離は476.3mありゴール手前に急な上り坂があります。直線で脚を使えるように道中に力を溜めながら器用に走る馬が好走する傾向にあります。遅いペースで動いた場合、逃げ馬が有利になってきます。

 

データで見る傾向と対策 過去10年分

配当

年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2018 390円 480円  990円  830円  3,780円 
2017 4,080円 17,000円  45.330円  5,020円  94,890円 
2016 500円 960円 1,950円 5,650円 20,330円
2015 1,020円 7,860円 17,370円 34,480円 233,390円
2014 120円 370円 450円 1,310円 2,540円
2013 1,800円 3,300円 9,350円 102,860円 679,300円
2012 490円 1,850円 3,150円 5,110円 24,020円
2011 380円 620円 1,230円 1,480円 5,880円
2010 280円 1,440円 2,430円 8,500円 38,520円
2009 120円 640円 780円 2,480円 5,680円

 

人気・オッズ

単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 5-5-3-7 25.0% 50.0% 65.0%
2番人気 5-5-1-9 25.0% 50.0% 55.0%
3番人気 2-2-3-13 10.0% 20.0% 35.0%
4番人気 1-2-2-15 5.0% 15.0% 25.0%
5番人気 1-0-5-14 5.0% 5.0% 30.0%
6~9番人気 4-4-3-69 5.0% 10.0% 13.8%
10番人気以下 2-2-3-169 1.1% 2.3% 4.0%
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝
1.9倍以下 3-2-1-3 33.3% 55.6% 66.7%
2.0~2.9倍 2-1-0-2 40.0% 60.0% 60.0%
3.0~4.9倍 5-5-2-6 27.8% 55.6% 66.7%
5.0~7.9倍 2-1-3-14 10.0% 15.0% 30.0%
8.0~14.9倍 3-5-6-31 6.7% 17.8% 31.1%
15.0~19.9倍 2-2-0-16 10.0% 20.0% 20.0%
20.0~49.9倍 3-2-6-69 3.8% 6.3% 13.8%
50.0倍以上 0-2-2-155 0.0% 1.3% 2.5%

大きく荒れる年と堅い年との差がはっきりしているのが特徴的なレースです。上位人気が弱いわけではないが、チューリップ賞で1、2番人気に推されている馬が上位人気にいる場合、かなり期待ができる結果となっているので、前走の確認は必須です。

 

 

3連単1頭軸マルチで10年購入すると

ここでは3連単を1頭軸マルチで購入した結果を報告します。購入ルールとして軸は1番人気、相手7頭は人気順(2〜8番人気)、点数は126点の1点100円。以下10年分の結果です。

年度 決着順 結果 購入額 払い戻し 累計
2009 1-2-5人気 的中  12,600 5,680 -6,920
2010 1-3-11人気 不的中 12,600 0 -19,520
2011 2-1-4人気 的中 12,600 5,880 -26,240
2012 2-3-4人気 不的中 12,600 0 -38,840
2013 7-2-14人気 不的中 12,600 0 -51,440
2014 1-2-5人気 的中 12,600 2,540 -61,500
2015 5-7-8人気 不的中 12,600 0 -74,100
2016 3-2-6人気 不的中 12,600 0 -86,700
2017 8-3-1人気 的中 12,600 94,890 -4,410
2018 2-1-3人気 的中  12,600 3,780 -13,230

的中率は50%でしたが2017年の高配当のおかげで小さいマイナスで済みました。2017年以外で的中したレースの配当は全てトリガミだったため、人気サイドでの決着がもう1レースでも少なければプラスになることができたでしょう。桜花賞に関してはこの買い方は全くおすすめできません。

血統

種牡馬 着度数 勝率
回収率
複勝
回収率
ディープインパクト 53-48-48-272 12.6%
59.7%
35.4%
76.7%
ダイワメジャー 17-19-20-148 8.3%
106.0%
27.5%
90.7%
ステイゴールド 14-9-12-105 10.0%
84.7%
25.0%
101.6%
キングカメハメハ 12-9-15-120 7.7%
80.1%
23.1%
57.8%
ハーツクライ 12-9-15-110  8.2%
43.2%
24.7%
58.9%

 

出走予定馬

馬齢 年齢 騎手 調教師

ダノンファンタジー 牝3 C.デムーロ 中内田充

クロノジェネシス 牝3 北村友一 斉藤崇史

グランアレグリア 牝3 C.ルメール 藤沢和雄

ビーチサンバ 牝3 福永祐一 友道康夫

アクアミラビリ 牝3 M.デムーロ 吉村圭司

ルガールカルム 牝3 三浦皇成 田村康任

エールヴォア 牝3 松山弘平 橋口慎介

シェーングランツ 牝3 武豊 藤沢和雄

フィリアプーラ 牝3 丸山元気 菊沢隆徳

アウィルアウェイ 牝3 石橋脩 高野友和

シゲルピンクダイヤ 牝3 和田竜二 渡辺薫彦

レッドアステル 牝3 戸崎圭太 国枝栄

プールヴィル 牝3 秋山真一郎 庄野靖志

ノーワン 牝3 坂井瑠星 笹田和秀

ノーブルスコア 牝3 岩田康誠 藤原英昭

ホウオウカトリーヌ 牝3 大野拓弥 栗田徹 

ジュランビル 牝3 松若風馬 寺島良

メイショウショウブ 牝3 池添謙一 池添兼雄

メイショウケイメイ 牝3 古川吉洋 南井克巳

 

2018年優勝馬

アーモンドアイ

調教師:国枝栄 (美浦所属) 馬主:シルクレーシング

血統

 ロードカナロア      キングカメハメハ

            レディブラッサム

 

フサイチパンドラ   サンデーサイレンス

              ロッタレース

桜花賞_アーモンドアイ


動画

2018年:アーモンドアイ

www.youtube.com

 

2017年:レーヌミノル

www.youtube.com

 

2016年:ジュエラー

www.youtube.com

 

2015年:レッツゴードンキ

www.youtube.com

 

2014年:ハープスター

www.youtube.com

 

2013年:アユサン

www.youtube.com

 

2012年:ジェンティルドンナ

www.youtube.com

 

2011年:マルセリーナ

www.youtube.com

 

2010年:アパパネ

www.youtube.com

 

2009年:ブエナビスタ

www.youtube.com

 

筆者コメント

昨年の勝利馬のアーモンドアイは3月30日ドバイ・ターフでも勝利し、現在G1を5連勝中とのことです。こんなに強い馬が現れてくれると競馬界も盛り上がって嬉しいですよね。スターホースを見に競馬場に脚を運ぶ人も増えるし、みんなで応援するのも楽しいです。

今年はアーモンドアイに続くスターホースが現れるのでしょうか。現在4連勝中の2歳女王ダノンファンタジーがどのような走りを見せてくれるのか期待ですね。制御ができないくらい前進姿勢なようで、コントールさえできれば桜花賞でも一番にゴール板を通過するのではないかと思っています。