HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G2阪神大賞典 2020|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

2020 阪神大賞典有力データ

阪神大賞典阪神芝3,000m、4歳以上によって行われる重賞競走です。創設時2,000mで行われていましたが1974年に現在の3,000m競争に変更されました。阪神大賞典の勝ち馬には天皇賞春の優先出走権が与えられるので、長距離自慢の馬が集まる名物レースとなっております。

 

賞金

1着:6,700万円

2着:2,700万円

3着:1,700万円

4着:1,000万円

5着:670万円

 

レースの売上

2018年:43億489万円

2017年:48億6,136万円

2016年:40億1,676万円

2015年:46億1,335万円

2014年:39億5,845万円

2013年:38億2,030万円

2012年:46億7,146万円

  

  

阪神競馬場へのアクセス

大阪から阪急神戸線で約30分、同じく神戸三宮から約25分。ともに西宮北口駅で乗り換えて宝塚方面へ。阪急今津線仁川駅から専用地下道、専用通路(サンライトウォーク)で徒歩約5分。

阪神競馬場_アクセス

 

 

入場料:200

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

阪神競馬場指定席

現地で観戦しようと思う人へ簡単に指定席について調べ、オススメをピックアップしました。

 

UMACAシート (スタンド4階 ラウンジフロア 税別2,800円)

UMACAと言われるICカードを購入し、キャッシュレスで競馬を楽しめるシートとなります。モニターではレースやパドック映像はもちろんJRA-VANを利用できたりとサービス面に優れていますね。

 

Sラウンジシート スタンド6階(1名 税別3,300円)

二人掛けの観戦席です。各テーブル2席ごとに1台ずつ小型のテレビが設置されており、1席ごとにコンセントもございます。ゴールからは遠くなっておりますが、 スタンドの最上階から落ち着いてゆっくり観戦できるシートです。阪神競馬場のシートはSからA,B,C,Dとランク分けがされておりSでも1名3,300円とリーズナブルな点もオススメです。

 

周辺駐車場料金1,000円

パークウインズ時(場外発売時)1,000円)

注記:JRA直営駐車場のほか民間駐車場があります。

JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

 

コース紹介

 

阪神競馬場_コース

阪神 芝3,000m

阪神競馬場の内回りコース芝3,000mは、阪神大賞典でのみ使用されるコースです。注目するポイントとしては最初の先行争いと後半1,000m切ってから徐々にペースアップされ熾烈さが増す直線にあり、やはり長丁場に耐えられるスタミナが重視されるコースです。 

 

データで見る傾向と対策 過去10年分

配当
年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2018 560円 1,290円 2,710円 760円 6,530円
2017 110円 140円 170円 470円 740円
2016 300円 670円 1,150円 810円 3,310円
2015 160円 1,720円 2,020円 2,050円 8,090円
2014 170円 940円 1,240円 1,120円 4,060円
2013 110円 320円 360円 1,880円 3,010円
2012 1,340円 400円 2,160円 1,860円 18,590円
2011 540円 790円 2,010円 2,120円 11,690円
2010 700円 1,820円 4,540円 2,910円 20,170円
2009 370円 2,990円 3,970円 6,470円 29,520円

 

 

3連単1頭軸マルチで10年購入すると

ここでは3連単を1頭軸マルチで購入した結果を報告します。購入ルールとして軸は1番人気、相手7頭は人気順(2〜8番人気)、点数は126点の1点100円。以下10年分の結果です。

年度 決着順 結果 購入額 払い戻し 累計
2009 2-6-4人気 不的中 12,600 0 -12,600
2010 5−4−1人気 的中 12,600 +20,170 +8,470
2011 3−1−6人気 的中 12,600 +11,690 -7,560
2012 3−1−5人気 的中 12,600 +18,596 +13,556
2013 1−3−5人気 的中 12,600 +3,010 +3,966
2014 1-5-3人気 的中 12,600 +4,060 -4,574
2015 1-7-2人気 的中 12,600 +8,090 -9,084
2016 1-4-3人気 的中 12,600 +3,310 -18,374
2017 1-2-5人気 的中 12,600 +740 -30,234
2018 3-4-1人気 的中 12,600 +6,530 -36,304

10年で的中数は9回、的中率でいうと異常に高く書いている自分でも驚きました。これはつまり1番人気の馬が9年連続で複勝圏内にいることになり、2011年から2017年までの7年連続で連帯していることを見ても、軸馬は間違いなく1番人気の馬で問題ないと思います。かなり堅いレースです。

 

枠順 着度数 勝率 複勝
1枠 4-2-2-12 20.0% 40.0%
2枠 1-4-2-14 4.8% 33.3%
3枠 2-3-3-15 8.7% 34.8%
4枠 1-1-2-20 4.2% 16.7%
5枠 3-0-3-21 11.1% 22.2%
6枠 2-5-3-20 6.7% 33.3%
7枠 3-0-2-27 9.4% 15.6%
8枠 4-5-3-28 10.0% 30.0%

枠順の有利不利に関しては、内外に関わらず差はあまりありません。3,000mの長距離レースなので枠の位置よりもレース道中の位置取り等実力が反映されやすいことがわかり、これが実績のある1番人気の馬が好成績を残せている要因でもあると思います。

 

 

 

人気
単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 11-5-3-1 55.0% 80.0% 95.0%
2番人気 3-5-2-10 15.0% 40.0% 50.0%
3番人気 3-1-6-10 15.0% 20.0% 50.0%
4番人気 1-3-2-14 5.0% 20.0% 30.0%
5番人気 1-3-4-12 5.0% 20.0% 40.0%
6〜9番人気 1-3-3-73 1.3% 5.0% 8.8%
10番人気以下 0-0-0-37 0.0% 0.0% 0.0%

枠や天候の影響が少なく、当日の急な有利不利もないことから1番人気から順当に成績が続いています。堅いこのレース、10番人気以下の馬に関しましては複勝率も0%なのでヒモに入れなくても 問題ないと思います。

 

 

脚質
脚質 着度別数 勝率 連対率 複勝
逃げ 0-2-2-18 0.0% 9.1% 18.2%
先行 18-13-9-36 23.7% 40.8% 52.6%
差し 2-4-5-45 3.6% 10.7% 19.6%
追込 0-1-4-58 0.0% 1.6% 7.9%

逃げ・追い込みといった極端なスタイルはレースのペースによっての影響を受けやすく、長距離戦では成績は落ち込んでいます。差しと先行に関しましては先行脚質の馬に軍配が上がっていますのでここは予想の際に考慮したいところです。

 

 

出走予定馬

※出走予定馬、わかりしだい随時更新していきます。

 

2018年優勝馬

レインボーライン

調教師:浅見秀一栗東所属) 馬主:三田昌宏

血統

 ステイゴールド        サンデーサイレンス

                 ゴールデンサッシュ

 

母レーゲンボーゲン      フレンチデピュティ

                 レインボーファスト



 

阪神大賞典 2018 レインボーライン





 

動画

2018年:レインボーライン

www.youtube.com

 

2017年:サトノダイヤモンド

www.youtube.com

 

2016年:シュヴァルグラン

www.youtube.com

 

2015年:ゴールドシップ

www.youtube.com

 

 

2014年:ゴールドシップ

www.youtube.com

 

2013年:ゴールドシップ

www.youtube.com

 

2012年:ギュスターヴクライ

www.youtube.com

 

 

2011年:ナムラクレセント

www.youtube.com

 

2010年:トウカイトリック

www.youtube.com

 

2009年:アサクサキングス

www.youtube.com

 

 

筆者コメント

過去の阪神大賞典勝馬を見ていると名馬揃いということがわかり、中でもゴールドシップ阪神大賞典3連覇は圧巻の成績です。ゴールドシップは過去に京都大賞典天皇賞春など1倍台の期待を受けながらも、出遅れ等気性面が原因で安定した成績ではありませんでしたが、阪神大賞典に関しては得意コースだけあって3年連続で1着を取り能力の高さを証明しました。思い出しても宝塚記念2連覇の偉業など本当にスタミナに特出していて華のある馬でした。