HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G3 CBC賞 2020|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

先日、TRIGGER制作のアニメ映画「プロメア」 を見てきました。いい意味でわかりやすくキャラクターと共に熱くなれるポイント満載でした。話の展開とシーンの切り替えはめまぐるしいほど早く、疲労感はあるものの見終わったあとは満足!と言って帰れる作品だと思います。そんな超特急熱血映画のあとは、超特急短距離競争のことを書いていきましょう。今回はサマースプリントシリーズCBC賞について書いていきます。

 

 

 

2019 G3 CBC賞有力データ

 

創設当初は12月に中京競馬場の砂馬場1,800mで行われていました。始まりは1965年で4歳以上のハンディ戦でしたが、幾度かの条件変更を経て1996年にスプリンターズSの前哨戦に位置付けられました。その後、2006年に開催時期を6月に移し、G3のハンディ戦に変更されました。

 

賞金

1着:3,900万円

2着:1,600万円

3着:980万円

4着:590万円

5着:390万円

 

レースの売上

2018年:46億3004万円

2017年:48億9299万円

2016年:38億2770万円

2015年:42億4978万円

2014年:39億9549万円

2013年:36億3259万円

2012年:39億167万円

 

中京競馬場へのアクセス

・(西入場門)名鉄名古屋本線中京競馬場前駅から徒歩約10分

・(東入場門)名鉄名古屋本線中京競馬場前駅から徒歩約45分

中京競馬場_アクセス

昨年の来場人数は3万人ほどでした。年間通して中京競馬場がもっとも賑わうレースはチャンピオンズカップですが、次いで人気を集めるのがこの高松宮記念でしょう。

 

入場料:200

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

現地で競馬を100倍楽しむためのグッズを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

www.nabioo.com

 

中京競馬場指定席

現地で観戦しようと思う人へ簡単に指定席について調べ、オススメをピックアップしました。

 

UMACAシート (ツインハット6階 ラウンジフロア 税別2,500円)

UMACAと言われるICカードを購入し、キャッシュレスで競馬を楽しめるシートとなります。モニターではレースやパドック映像はもちろんJRA-VANを利用できたりとサービス面に優れていますね。

 

ラウンジシート (4名1組 税別10,000円)

4名様1組グループでのお客様が利用可能となり、区切られた半個室内のテーブル席で競馬をお楽しみいただけます。この席はモニターで観戦はもちろんベランダからもレースを観れるのがオススメの大きな理由です、4名様なので家族で行く人に是非。

 

周辺駐車場料金1,000円

パークウインズ時(場外発売時)1,000円)

注記:JRA直営駐車場のほか民間駐車場があります。

JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

 

コース紹介

中京競馬場 コース


中京 芝・1,200m

スタートは向正面半ばからで3コーナーまでは300mほどの距離です。直線は412.5mという長さに加え急な上り坂があるので、1,200mにしてはタフなコースとなっています。

 

データで見る傾向と対策 過去10年分 

配当

年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2018 910円 7,910円  12,560円  28,250円  166,090円 
2017 570円 18,380円  28,240円  89,500円  417,490円 
2016 750円 11,420円 19,540円 18,140円 136,160円
2015 510円 1,170円 2,400円 2,390円 9,110円
2014 950円 2,670円 5,660円 22,400円 116,100円
2013 360円 980円 1,910円 1,980円 8,000円
2012 450円 3,110円 5,290円 4,520円 27,660円
2011 350円 1,780円 3,020円 27,940円 111,610円
2010 870円 5,290円 10,630円 15,980円 96,400円
2009 3,710円 19,820円 42,940円 60,510円 459,460円

 過去10年で半分以上が10万馬券の配当が出ています。毎年大荒れが期待されるレースです。

 

人気・オッズ

単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 5-2-1-12 25.0% 35.0% 40.0%
2番人気 3-5-2-10 15.0% 40.0% 50.0%
3番人気 3-1-4-12 15.0% 20.0% 40.0%
4番人気 6-1-1-12 30.0% 35.0% 40.0%
5番人気 0-1-1-18 0.0% 5.0% 10.0%
6~9番人気 1-8-5-66 1.3% 11.3% 17.5%
10番人気以下 2-3-5-137 1.4% 3.4% 6.8%
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝
1.9倍以下 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
2.0~2.9倍 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
3.0~4.9倍 5-3-3-13 20.8% 33.3% 45.8%
5.0~7.9倍 6-5-4-24 15.4% 28.2% 38.5%
8.0~14.9倍 5-4-3-46 8.6% 15.5% 20.7%
15.0~19.9倍 1-3-4-71 4.0% 16.0% 32.0%
20.0~49.9倍 2-4-4-71 2.5% 7.4% 12.3%
50.0倍以上 0-2-1-93 0.0% 2.1% 3.1%

 1番人気から4番人気まで勝率、複勝率にほぼ差がなく安定していないのがわかります。いかに穴馬を見抜くかが勝利の鍵です。

 

3連単1頭軸マルチで10年購入すると

ここでは3連単を1頭軸マルチで購入した結果を報告します。購入ルールとして軸は1番人気、相手7頭は人気順(2〜8番人気)、点数は126点の1点100円。以下10年分の結果です。

年度 決着順 結果 購入額 払い戻し 累計
2009 12-5-3人気 不的中 12,600 0 -12,600
2010 4-7-3人気 不的中 12,600 0 -25,200
2011 1-4-13人気 不的中 12,600 0 -37,800
2012 2-7-1人気 的中 12,600 27,660 -22,740
2013 1-2-3人気 的中 12,600 8,000 -27,340
2014 4-3-10人気 不的中 12,600 0 -39,940
2015 2-1-3人気 的中 12,600 9,110 -43,430
2016 3-7-2人気 不的中 12,600 0 -56,030
2017 2-13-8人気 不的中 12,600 0 -68,630
2018 4-9-8人気 不的中 12,600 0 -81,230

結果は惨敗でプラスになったのが1レースのみでした。1番人気が入っても2桁人気が3着内に入ってしまったりとCBC賞のような荒れやすいレースでは難しい買い方です。

血統

種牡馬 着度数 勝率
回収率
複勝
回収率
ディープインパクト 10-12-3-54 12.7%
73.3%
31.6%
69.2%
サクラバクシンオー 8-3-3-42 14.2%
83.0%
25.0%
66.3%
ダイワメジャー 7-7-9-81 6.7%
36.9%
22.1%
79.6%
アドマイヤムーン 5-5-3-51 7.8%
84.8%
20.3%
87.5%
エンパイアメーカー 3-0-0-7  30.0%
402.0%
30.0%
86.0%

出走予定馬

馬齢 年齢 騎手 調教師

セイウンコウセイ 牡6 幸英明 上原博之

アウィルアウェイ 牝3 浜中俊 高野友和

アレスバローズ 牡7 川田雅将 角田晃一

レッドアンシェル 牡5 福永祐一 庄野靖志

ショウナンアンセム 牡6 藤岡康太 田中剛

グランドボヌール 牡5 福永祐一 鈴木孝志

ビップライブリー 牡6 池添謙一 清水久詞

ラインスピリット 牡8 和田竜二 松永昌博

イエローマリンバ 牝4 高倉稜 河内洋

メイショウケイメイ 牝3 未定 南井克己

トウショウピスト 牡7 未定 土田稔

タマモブリリアン 牝6 西村淳也 南井克己

2018年優勝馬

アレスバロース

調教師:角田晃一栗東所属) 馬主:猪熊晃一

血統

ディープインパクト  サンデーサイレンス

            ウインドインハーヘア

 

母タイセイエトワール  トニービン

            エンスラーリング

 

f:id:kbmanabu:20190623190706p:plain

動画 

2018年:アレスバローズ

www.youtube.com

 

2017年:シャイニングレイ

www.youtube.com

 

2016年:レッドファルクス

www.youtube.com

 

2015年:アンビシャス

www.youtube.com

 

2014年:ウインマーレライ

www.youtube.com

 

2013年:ケイアイチョウサン

www.youtube.com

 

2012年:マジンプロスパー

www.youtube.com

 

2011年:ダッシャーゴーゴー

www.youtube.com

 

2010年:ヘッドライナー

www.youtube.com

 

筆者コメント

3歳馬から8歳馬までが一緒に出走するうえに、1,200mという波乱が含まれやすいレースなのもあって毎年読みにくいと思います。自分も普段なら回避しがちなレースですが、当てた時のリターンは大きいですよね。

ハンデ戦なので負担重量でみると、55キロ以上の馬の成績が優秀です。しかし57キロは過去10年で12頭全てが3着以下という面白い結果になっています。今年は軽ハンデ馬に日の目は当たるのか、どんでん返しを期待しています。