HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G2 東海ステークス2019|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

2019 G2東海S有力データ

 

東海Sは中京ダート左回り距離1,800m、4歳以上の馬によるダート重賞戦、1997年よりG2に格上げされ、それまでは東海テレビ杯 東海ウインターステークスという名称でした。施行距離は創設当初は2,200mでしたが1,800mに変更され、その為、現在ではフェブラリーSへのステップレースとして1着の馬には、優先出走権が付与されています。

賞金

1着:5,500万円

2着:2,200万円

3着:1,400万円

4着:830万円

5着:550万円

 

レースの売上

2018年:47億9,725万円

2017年:37億6,333万円

2016年:29億4,208万円

2015年:31億9,612万円

2014年:34億1,384万円

2013年:32億8,371万円

2012年:25億円6,260万円

  

  

中京競馬場へのアクセス

・(西入場門)名鉄名古屋本線中京競馬場前駅から徒歩約10分

・(東入場門)名鉄名古屋本線中京競馬場前駅から徒歩約45分

中京競馬場_アクセス

チャンピオンズカップの平均来場者数はおよそ3万5,000人ほどです。年間通して中京競馬場がもっとも賑わうレースなのは間違いありません。

 

入場料:200

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

現地で競馬を100倍楽しむためのグッズを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

www.nabioo.com

 

中京競馬場指定席

現地で観戦しようと思う人へ簡単に指定席について調べ、オススメをピックアップしました。

 

UMACAシート (ツインハット6階 ラウンジフロア 税別2,500円)

UMACAと言われるICカードを購入し、キャッシュレスで競馬を楽しめるシートとなります。モニターではレースやパドック映像はもちろんJRA-VANを利用できたりとサービス面に優れていますね。

 

ラウンジシート (4名1組 税別10,000円)

4名様1組グループでのお客様が利用可能となり、区切られた半個室内のテーブル席で競馬をお楽しみいただけます。この席はモニターで観戦はもちろんベランダからもレースを観れるのがオススメの大きな理由です、4名様なので家族で行く人に是非。

 

周辺駐車場料金1,000円

パークウインズ時(場外発売時)1,000円)

注記:JRA直営駐車場のほか民間駐車場があります。

JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

 

コース紹介

中京競馬場 コース


中京 ダート1,800m

中京競馬場ダート1,800mは直線距離410mと、東京競馬場に次ぐ特選距離の長さとなっております。またスタート地点が上り坂の途中からの位置となるのでペースが前半は緩みやすい傾向になります。

 

 

データで見る傾向と対策 過去10年分 

配当
年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2018 130円 4,260円  5,530円  14,690円  49,170円 
2017 260円 12,560円  17,380円  88,830円  465,440円 
2016 670円 1,290円 3,010円 1,120円 8,200円
2015 250円 6,110円 7,790円 7,690円 50,080円
2014 160円 680円 830円 5,670円 15,380円
2013 660円 6,030円 10,070円 4,430円 33,790円
2012 690円 2,410円 4,940円 35,710円 159,380円
2011 480円 3,280円 5,710円 10,650円 62,720円
2010 390円 750円 1,640円 13,220円 49,090円
2009 420円 1,870円 3,480円 5,480円 28,060円

 

3連単1頭軸マルチで10年購入すると

ここでは3連単を1頭軸マルチで購入した結果を報告します。購入ルールとして軸は1番人気、相手7頭は人気順(2〜8番人気)、点数は126点の1点100円。以下10年分の結果です。

年度 決着順 結果 収支 累計
2018 1-12-5人気 不的中 -12,600 -12,600
2017 1-12-10人気 不的中 -12,600 -25,200
2016 4-2-1人気 的中 -4,400 -29,600
2015 1-9-3人気 不的中 -12,600 -42,200
2014 1-2-8人気 的中 +2,780 -39,420
2013 3-7-1人気 的中 +21,190 -18,230
2012 4-3-11人気 不的中 -12,600 -30,830
2011 2-6-5人気 不的中 -12,600 -43,430
2010 3-1-10人気 不的中 -12,600 -56,030
2009 2-3-4人気 不的中 -12,600 -68,630

今回の的中率は30%、その結果としは、-68,630円でした。しかし上の配当と一緒にご覧いただくと10年間での1番人気の複勝率が70%あるのがわかり、結論としては1番人気の信頼度は高いですが、同時に2桁人気馬の複勝率も高いため難解なレースと言えます。

 

 

枠順 着度数 勝率 複勝
1枠 3-2-2-26 9.1% 21.2%
2枠 3-1-3-27 8.8% 20.6%
3枠 3-3-4-26 8.3% 27.8%
4枠 4-0-2-30 11.1% 16.7%
5枠 3-2-2-33 7.5% 17.5%
6枠 0-3-1-35 0.0% 10.3%
7枠 2-3-4-31 5.0% 22.5%
8枠 2-6-2-28 5.3% 26.3%

中京の1,800mはスタートからゴールまでのコーナーの数が4つと多く、6〜8の外枠勢が不利な傾向にあります。また中京競馬場に開催してからは1〜3枠から3年連続で3着内にきていることを加味し、内枠有利、外枠不利の傾向になります。

 

 

 

 

人気
単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 6-3-3-8 30.0% 45.0% 60.0%
2番人気 5-1-2-12 25.0% 30.0% 40.0%
3番人気 1-7-2-10 5.0% 40.0% 50.0%
4番人気 3-0-1-16 15.0% 15.0% 20.0%
5番人気 2-0-2-16 10.0% 10.0% 20.0%
6〜9番人気 2-5-6-67 2.5% 8.8% 16.3%
10番人気以下 1-4-4-107 0.9% 4.3% 7.8%

同じ中京1,800mが舞台のチャンピオンズカップでは4.5番人気の馬の成績が目立ちましたが、今回の東海Sでは4.5番人気の馬の成績は打って変わって落ち込んでいます。軸馬としてはやはり1番人気の信頼度が高く、そこから手広く流すのをオススメします。

 

 

脚質
脚質 着度別数 勝率 連対率 複勝
逃げ 3-7-0-13 13.0% 43.5% 43.5%
先行 10-9-8-41

14.7%

27.9% 39.7%
差し 7-4-11-88 6.4% 10.0% 20.0%
追込 0-0-1-94 0.0% 0.0% 1.1%

コース形態上スタートが上り坂から始まり、コーナーは4つと先行が有利といえるコースになってます。しかし直線距離が長いのもこのコースの特徴です。差し馬でも好位から抜け出すことで近年勝ち星をつかんでいます。軸馬では4コーナーで4番手以内にいるのが好ましいです。

 

 

出走予定馬

馬齢 年齢 騎手 調教師

アスカノロマン 牡7 太宰 川村

アポロケンタッキー 牡6 未定 山内

アングライフェン 牡7 鮫島 安田

アンジュデジール 牝4 横山典 昆

インティ 牡5 武豊 野中

カゼノコ 牡8 未定 野中

クインズサターン 牡5 未定 野中

グレンツェント 牡6 ミナリク 加藤

コスモカナディアン 牡6 未定 金成

サルサディオーネ 牝5 丸山 羽月

サングラス 牡8 未定 谷繁

シャイニービーム 牡7 未定 羽月

スマハマ 牡4 藤岡 高橋亮

タムロミラクル 牡7 未定 西園

チュウワウィザード 牡4 川田 大久保

マイネルバサラ 牡6 未定 松山

ミツバ 牡7 福永 加用

メイショウスミトモ 牡8 古川 南井

モルトベーレ 牡7 藤岡 松永

 
 
2018年優勝馬

テイエムジンソク

調教師:木原一良栗東所属) 馬主:竹園正繼

血統

クロフネ      フレンチデピュティ

           ブルーアヴェニュー

 

母マイディスカバリー フォーティナイナー

           マイグリーン

東海S 2018 テイエムジンソク




動画

 

2018年:テイエムジンソク

www.youtube.com

 

2017年:グレンツェント

www.youtube.com

 

2016年:アスカノロマン

 

www.youtube.com

 

2015年:コパノリッキー

www.youtube.com

 

2014年:ニホンピロアワーズ

www.youtube.com

 

2013年:グレープブランデー

www.youtube.com

 

2012年:ソリタリーキング

www.youtube.com

 

2011年:ワンダーアキュート

www.youtube.com

 

2010年:シルクメビウス

www.youtube.com

 

2009年:ワンダースピード

www.youtube.com

 

 

筆者コメント

印象に残るのは、記憶に新しい2018年の優勝馬テイエムジンソクです。先日引退したこの馬ですが、この東海Sの時の仕上がりは圧巻でした。単勝1.3倍の人気をうけたテイエムジンソクですが、スタートからハナを切りゴールまでその脚力は衰えることなく一気にゴールへ、2着との着順は3/4馬身ですが、2着から3着の馬までは6馬身差と開いていましたので、完勝といえる内容だったと思います。そして今回の注目馬はなんといっても武豊ジョッキー騎乗のインティ、この馬は新馬戦は9着でしたがその後休養を挟んだものの前走まで5連勝、前走の観月橋ステークスも2着との着差は5馬身と強さは本物なので、是非ここを勝ってG1の舞台で活躍してほしいと応援したくなります。