HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G3京都牝馬ステークス 2019|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

2019年 G3京都牝馬ステークス 有力データ

 

京都牝馬ステークスは、京都競馬場の芝1,400mで開催される4歳以上牝馬で行われる重賞競走、設立当初は芝2,000mでしたが、後に現在の距離になり、その事で春に開催されるヴィクトリアマイルに参戦する馬が多く集います。

賞金

1着:3,500万円

2着:1,400万円

3着:900万円

4着:540万円

5着:360万円

 

レースの売上

2018年:48億4,930万円

2017年:27億8,422万円 

2016年:27億9,513万円

2015年:31億3,630万円

2014年:33億558万円 

2013年:29億2,383万円

2012年:42億7,071万円 

2011年:44億3,611万円

 

  

京都競馬場へのアクセス

交通手段

京阪電鉄淀駅下車徒歩2

JR山崎駅からバスで約20

阪急電鉄西山天王山駅からバスで約15

 

開催年によって混雑度にばらつきがあるレースとなっています。公共の交通機関の利用をオススメします。参考として同競馬場で開催されるG1天皇賞春は約65,000人、アーモンドアイの2018秋華賞44,000人でした。

 

京都競馬場 アクセス

入場料:200

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

現地で競馬を100倍楽しむためのグッズを紹介しています。ぜひ参考にしてください。 

www.nabioo.com

 

京都競馬場指定席

現地で観戦しようと思う人へ簡単に指定席について調べ、オススメをピックアップしました。

 

ラウンジシート 当日発売

屋内席と屋外席があり、屋内席はコンセントがついています。

屋外席にコンセントはなく自由席になりますが、晴れてる日は屋外席の方が臨場感が味わえます。

 

Lーテーブル ネット予約

テーブル単位の発売となり2名から4名で席をとれます。

友人や家族での利用が理想的です。

 

ネット予約は会員制になるので事前に登録が必要になります。

詳細はこちらでご確認ください。

 

周辺駐車場料金2,000

パークウインズ時(場外発売時)1,000円)

注記:京都競馬場では駐車場タイムサービスがあります。詳しくは 京都競馬場 駐車場タイムサービスのお知らせをご覧ください。

京都競馬場 駐車場タイムサービスのお知らせ JRA

 

JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

・駐車台数は8,000台とのことです。G1dayは周辺の道路が渋滞するので、なるべく公共交通機関をおすすめします。

 

コース紹介

京都競馬場 コース

京都・芝1,400m外回りのコースは、スタート地点から3コーナーの上り坂まで512mと長くハイペースになりやすので、逃げ馬には少々相性が悪いです。内回りよりも上りの傾斜が強いため難解なコースとなり、この京都コース特有の坂は下りで馬が振られ直線で馬群が開きやすです。

 

データで見る傾向と対策 過去10年分

配当
年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2018 310円 860円 1,580円 2,930円 10,260円
2017 300円 3,070円 4,500円 6,510円 33,820円
2016 470円 3,500円 5,920円 6,220円 36,210円
2015 2,360円 86,460円 141,900円 451,980円 2,865,560円
2014 420円 880円 1,870円 2,470円 11,080円
2013 170円 690円 890円 5,690円 14,580円
2012 440円 1,070円 2,010円 2,270円 10,930円
2011 1,070円 2,120円 4,810円 21,460円 125,740円
2010 330円 2,790円 4,470円 5,210円 28,940円
2009 1,210円 9,720円 18,470円 10,560円 96,550円

 

3連単1頭軸マルチで10年購入すると

ここでは3連単を1頭軸マルチで購入した結果を報告します。購入ルールとして軸は1番人気、相手7頭は人気順(2〜8番人気)、点数は126点の1点100円。以下10年分の結果です。

年度 決着順 結果 購入額 払い戻し 累計
2009 6-7-1人気 的中 12,600 +96,550 +83,950
2010 1-7-2人気 的中 12,600 +28,940 +100,290
2011 5-1-9人気 不的中 12,600 0 +87,690
2012 2-1-3人気 的中 12,600 +10,930 +86,020
2013 1-2-10人気 不的中 12,600 0 +73,420
2014 2-1-5人気 的中 12,600 +11,080 +71,900
2015 9-15-8人気 不的中 12,600 0 +59,300
2016 1-6-3人気 的中 12,600 +36,210 +82,910
2017 1-7-5人気 的中 12,600 +33,820 -104,130
2018 1-4-5人気 的中 12,600 +10,260 +101,790

10年で7回的中と異常な数値です。結果は+10万と上々の結果となりました。1番人気が絡んでこの平均配当ということは、かなり荒れ気味のレースということがわかります。際立って目立つのは2015年の配当2,865,560円という破格の金額が出ているので夢のあるレースです。

 

 

枠順 着度数 勝率 複勝
1枠 2-0-2-27 6.5% 12.9%
2枠 2-3-2-27 5.9% 20.6%
3枠 5-0-2-30 13.5% 18.9%
4枠 3-3-3-28 8.1% 24.3%
5枠 2-3-2-32 5.1% 17.9%
6枠 3-3-6-28 7.5% 30.0%
7枠 3-6-0-34 7.0% 20.9%
8枠 0-3-2-38 0.0% 11.6%

データ上の差はあまりありませんが、1番人気のデータに関しましては他のレースと見比べると低くマイナス評価、2,5,6,7枠に入った馬はプラス評価の認識でいいと思われます。

 

 

 

人気
単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 7-3-3-7 35.0% 50.0% 65.0%
2番人気 4-3-3-10 20.0% 35.0% 50.0%
3番人気 0-1-3-16 0.0% 5.0% 20.0%
4番人気 4-1-1-14 20.0% 25.0% 30.0%
5番人気 2-2-4-12 10.0% 20.0% 40.0%
6〜9番人気 3-9-3-65 3.8% 15.0% 18.8%
10番人気以下 0-2-2-120 0.0% 1.6% 3.2%

1〜3番人気の馬は実力通りの成績です。総合では1番人気の成績は圧倒的ですが6〜9番人気の馬の複勝率も高いことに注目すると、3連系の馬券は上位人気の馬から手広く購入していきたいです。10番人気以下の馬からは複勝率も一気に落ちますので、よっぽどの過小評価の馬でないかぎり手を出さないほうがいいでしょう。

 

脚質
脚質 着度別数 勝率 連対率 複勝
逃げ 2-2-1-15 10.0% 20.0% 25.0%
先行 5-11-4-60 6.3% 20.0% 25.0%
差し 8-3-13-90 7.0% 9.6% 21.1%
追込 5-5-1-79 5.6% 11.1% 12.2%

逃げ・先行といった前で競馬の数値が優秀です。差し馬は連帯率以外では先行脚質と然程大差のない数値ですので、やはり重要になるのは下りの勢いを殺さずに直線で瞬発力を発揮できるかが重要となります。 

 

出走予定馬

※出走予定馬、わかりしだい随時更新していきます。

 

2018年優勝馬

ミスパンテール

調教師:国枝栄美浦所属) 馬主:福井明

血統

 ダイワメジャー      サンデーサイレンス

               スカーレットブーケ

 

母エールドクラージュ   シンボリクリスエス  

               ジョウノマチエール



 

f:id:nabioo:20190211172932p:plain




 

  

動画

2018年:ミスパンテール

www.youtube.com

 

2017年:レッツゴードンキ

www.youtube.com

 

2016年:クイーンズリング

www.youtube.com

 

2015年:ケイアイエレガント

www.youtube.com

 

2014年:ウリウリ

www.youtube.com

 

2013年:ハナズゴール

www.youtube.com

 

2012年:ドナウゴール

www.youtube.com

 

2011年:ショウリュウムーン

www.youtube.com

 

2010年:ヒカルアマランサス

www.youtube.com

 

2009年:チェレブリタ

www.youtube.com

 

 

筆者コメント

私は京都牝馬ステークスは昔から一度も的中した記憶がなく、難解なレースの印象がまず出てきましたが、それ故に逆に考えようがあり面白いレースとも言えます。2018年はワンスインナムーンを本命に推していましが、直線に入ったときには後続との差もあり、勝利を確信しましたが後続からエスティタートとミスパンテールがグイグイ伸びてきて交わされた記憶が印象的です。2018年のミスパンテールの末脚を動画で是非御覧ください。