HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G3共同通信杯 2019|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

 2019 G3共同通信杯有力データ

共同通信杯東京競馬場 芝1,800mで行われる3歳限定の重賞競走、設立当初は芝1,400mで行われていた本競争ですが、その後1600mを経て1971年に現在の1,800mの距離に改定されました。2001年より現在の共同通信杯の名称になり、現在では春のクラシック戦線への重要なレースとして位置づけられています。

 

1着:3,800万円

2着:1,500万円

3着:950万円

4着:570万円</

5着:380万円

 

 レースの売上

2018年 48億4,930万円

2017年 46億292万円

2016年 42億1,571万円

2015年 50億3,983万円

2014年 35億8,625万円

2013年 39億858万円

2012年 46億3,947万円

2011年 47億1,917万円

 

 

東京競馬場へのアクセス

交通手段

京王線府中競馬正門前駅」から専用歩道橋にて正門まで徒歩約2

京王線東府中駅」南口から東門まで徒歩約10

JR武蔵野線南武線府中本町駅」臨時改札口から専用歩道橋にて西門まで徒歩約5

西武線是政駅」から南門まで徒歩約10

東京競馬場 アクセス

  

入場料:200

 

現地で競馬を100倍楽しむためのグッズを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

www.nabioo.com

 

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

東京競馬場指定席

現地で観戦しようと思う人へ簡単に指定席について調べ、オススメをピックアップしました。

 

B指定席(フジビュースタンド56階)

当日発売、11,500円からなとなる全席二人掛けの席となっており、席は全席屋外、2席毎に1台ずつモニターが設置されており、コンセント完備はもちろんゴール手前での攻防を間近で観戦することができます。

 

C指定席(フジビュースタンド56階)

当日発売 全席二人がけの席となっており、モニター付きでこちらもコンセント完備、

値段も1,000円とお手頃となっており屋外席なので天気のいい日は是非とってほしい席です。

 詳細はこちらでご確認ください。

 

  

周辺駐車場料金2,000

パークウインズ時(場外発売時)1,000円)

注記:JRA直営駐車場のほか民間駐車場があります。

注記:駐車可能台数は1,200台。車で行く=停められる とは限らないので注意が必要です。また、周辺の道路が超混雑するので、公共交通機関のご利用を強く強くおすすめいたします。

JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

 

コース紹介

東京競馬場 コース

東京 芝1,800m

東京競馬場の1,800mといえば秋に行われる毎日王冠と同じコースです。このコースはスタートがコーナーのポケットの位置にある特殊な形状をしておりますが、道中の位置取り争いはさほど、熾烈にはならずラストの直線での瞬発力とキレ味が重要なコースのため上位人気の実力馬が結果を出しやすいコースでもあります。

データで見る傾向と対策 過去10年分

配当
年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2018 1,360円 5,080円 13,620円 77,670円 566,290円
2017 310円 3,410円 4,860円 2,260円 16,620円
2016 2,260円 9,650円 22,270円 10,020円 98,880円
2015 610円 710円 1,810円 2,380円 10,870円
2014 220円 680円 1,050円 740円 3,190円
2013 560円 1,140円 2,370円 16,010円 79,330円
2012 410円 210円 780円 640円 3,790円
2011 490円 2,090円 3,680円 5,690円 30,970円
2010 740円 1,440円 3,230円 590円 6,750円
2009 280円 610円 1,240円 5,670円 19,920円

 

3連単1頭軸マルチで10年購入すると

ここでは3連単を1頭軸マルチで購入した結果を報告します。購入ルールとして軸は1番人気、相手7頭は人気順(2〜8番人気)、点数は126点の1点100円。以下10年分の結果です。

年度 決着順 結果 購入額 払い戻し 累計
2009 1-2-9人気 不的中 12,600 0 -12,600
2010 3-2-1人気 的中 12,600 +6,750 -18,450
2011 3-6-5人気 不的中 12,600 0 -31,050
2012 2-1-3人気 的中 12,600 +3,790 -39,860
2013 4-2-9人気 不的中 12,600 0 -52,460
2014 1-3-2人気 的中 12,600 +3,190 -61,870
2015 3-1-4人気 的中 12,600 +10,870 -63,600
2016 6-5-3人気 不的中 12,600 0 -76,200
2017 2-6-1人気 的中 12,600 +16,620 -72,180
2018 6-3-10人気 不的中 12,600 0 -84,780

10年で5回的中とかなりの数値ですが、結果は惨敗です。5回の3連単的中金額も平均すれば10,000円を割っていますのでかなり堅めのレースということがわかります。自分の選んだ軸馬からどれだけ点数を絞って厚く買えるかが重要なレースとなります。

 

 

枠順 着度数 勝率 複勝
1枠 3-3-1-14 14.3% 33.3%
2枠 3-4-1-14 13.6% 36.4%
3枠 4-1-4-16 16.0% 36.0%
4枠 2-0-5-20 7.4% 25.9%
5枠 3-2-2-24 9.7% 22.6%
6枠 2-4-1-28 5.7% 20.0%
7枠 1-2-4-31 2.6% 18.4%
8枠 2-4-2-32 5.0% 20.0%

一目に見ると、内枠の馬の好走率が高いのがわかります。しかし4枠のみ複勝率2.5%と著しく低く、具体的な原因は不明ですが、ここまでの数値を出しているのであれば4枠に注目馬が入ってもバッサリと切る事もありかもしれません。

 

 

 

人気
単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 6-4-2-8 30.0% 50.0% 60.0%
2番人気 3-3-2-12 15.0% 30.0% 40.0%
3番人気 4-3-4-9 20.0% 35.0% 55.0%
4番人気 3-0-3-14 15.0% 15.0% 30.0%
5番人気 0-5-3-12 0.0% 25.0% 40.0%
6〜9番人気 3-4-3-70 3.8% 8.8% 12.5%
10番人気以下 1-1-3-54 1.7% 3.4% 8.5%

一目に1〜4番人気の成績が優秀です。総合では1番人気の成績は圧倒的なので、穴党の方には手を出しづらいレースです。少頭数の上位4,5頭で買ってはトリガミになる可能性も高く、妙味を出すには逆に難解なのがわかります。

 

 

脚質
脚質 着度別数 勝率 連対率 複勝
逃げ 2-2-1-20 8.0% 16.0% 20.0%
先行 8-10-9-45 11.1% 25.0% 37.5%
差し 6-7-4-54 8.5% 18.3% 23.9%
追込 4-1-6-60 5.6% 7.0% 15.5%

直線の長い東京コースですが、ここは1,600mや1,400mと違い前目の脚質に成績が偏っている訳でもないようで、差しもしっかり決まっています。さすがにこのコースでも追い込みの馬ではやや厳しく、追い込み馬のみ多少の減点が必要かもしれません。

 

 

出走予定馬

アドマイヤマーズ 牡3 57 Mデムーロ 友道

クラージュゲリエ 牡3 57 武豊    池江

ゲバラ      牡3 56 大野    伊藤大

ダノンキングリー 牡3 56 戸崎圭太  荻原

ナイママ     牡3 56 柴田大知  河津祐

フォッサマグナ  牡3 56 ルメール  藤沢和雄

マードレヴォイス 牡3 56 三浦皇成  田村

 

2018年優勝馬

オウケンムーン

調教師:国枝栄美浦所属) 馬主:福井明

血統

 オウケンブルースリ    ジャングルポケット

             シルバージョイ

 

ムーンフェイズ     エリシオ

               アフターザサン



 

共同通信杯 2018 オウケンムーン



 

  

動画

2018年:オウケンムーン

www.youtube.com

 

2017年:スワーヴリチャード

www.youtube.com

 

2016年:ディーマジェスティ

www.youtube.com

 

2015年:リアルスティール

www.youtube.com

 

2014年:イスラボニータ

www.youtube.com

 

2013年:メイケイペガスター

www.youtube.com

 

2012年:ゴールドシップ

www.youtube.com

 

2011年:ナカヤマナイト

www.youtube.com

 

2010年:ハンソデバンド

www.youtube.com

 

2009年:ブレイクランアウト

www.youtube.com

 

 

筆者コメント

この記事を書きながら、過去10年の優勝馬を見るとかなりの豪華絢爛なメンバーが揃っていることがわかりますね。特別記憶に残るのは2015年の共同通信杯、優勝馬リアルスティールと2着馬のドゥラメンテ、この時現地で観戦しており堅いレースということで、ドゥラメンテ単勝を1万円勝って外した記憶は懐かしく感じます。この時はドゥラメンテリアルスティール、3着のアンビシャスが後の競馬界であれ程の喝采を浴びると思っていませんでしたので、これから大舞台に挑戦する馬を応援できるというのが、やはり3歳戦の魅力かもしれません。

今回の2019年の共同通信杯での注目馬といえば、やはり無敗馬アドマイヤマーズ、この共同通信杯に勝てば5連勝に加え重賞3連勝、現状の3歳牡馬の横綱ともいえるサートゥルナーリアとの無敗馬どうしの一騎打ちに競馬ファンも期待しているはずです。鞍上のデムーロ騎手も先日サートゥルナーリアをルメール騎手に譲る形となった悔しさもあり、気合十分で挑んでくるのも見どころの一つです。