HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G3小倉大賞典 2019|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

2019年 G3小倉大賞典 有力データ

1967年に小倉競馬場、芝・1,800mを舞台とするハンディキャップ戦として創設されました。その後は幾度かの変更を経て、2000年以降は2月に定着して行われており、小倉の名物レースとして楽しまれています。

 

賞金

1着:4,100円

2着:1,600万円

3着:1,000万円

4着:620万円

5着:410万円

 

レースの売上

2018年:27億6968万円

2017年:28億5319万円 

2016年:27億4389万円

2015年:26億7391万円

2014年:22億1026万円 

2013年:21億4423万円

2012年:24億3236万円 

2011年:24億2100万円

 

  

小倉競馬場へのアクセス

交通手段

JR小倉駅より北九州モノレール(競馬場駅下車)で約10分

・下関方面より、九州自動車小倉東ICから北九州都市高速1号線沿い国道10号線(途中から県道)を北方方面へ約15分

・福岡方向より、九州自動車道小倉南ICから国道322号線小倉市街方面へ約15分

北九州市街地より、JR小倉駅より北九州モノレール沿い県道(途中から国道322号)を田川方面へ約20分

 

小倉競馬場_アクセス

 

入場料:100

 

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

 現地で競馬を100倍楽しむためのグッズを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

www.nabioo.com

 

小倉競馬場指定席

現地で観戦しようと思う人へ簡単に指定席について調べピックアップしました。

 

A指定席(スタンド3・4階)

2人掛けの観戦席です。スタンドからゴール前の攻防を間近で観戦することができます。全席に電源設備と無線LANの環境があるので、PC・スマートフォンも快適に使用できます。当日、ネット予約にて購入可能です。お値段は1,500円となっています。

  詳細はこちらでご確認ください。

 

周辺駐車場料金1,000

パークウインズ時(場外発売時)500円)

注記:競馬場周辺のほかに、モノレール企救丘駅前に無料駐車場があります。

注記:小倉競馬場開催日およびパークウインズのG1当日に企救丘駅前無料駐車場をご利用の方に、もれなく北九州モノレール企救丘から競馬場駅前間片道切符引換券を企救丘駅前無料駐車場でもらうことができます。(小倉競馬場開催日は7時、パークウインズは8時から)

注記:駐車台数には限りがあります。

JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。 

コース紹介

小倉競馬場_コース

 

小倉・芝1,800m

スタートから最初のコーナーまでは300mもなく短めです。2コーナーからは上り坂となっておりここでペースダウンとなることが多いです。その後は下りが続きラストの直線は平坦となっています。前半で消耗することを避けたいので、好位置を取るために無理をしないことが大切になってきます。

 データで見る傾向と対策

配当
年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2018 230円 14,620円 19,180円 34,380円 163,430円
2017 780円 9,790円 14,190円 34,780円 141,970円
2016 570円 2,700円 4,910円 8,620円 45,220円
2015 540円 4,670円 7,580円 21,520円 93,800円
2014 270円 2,760円 3,780円 9,000円 34,990円
2013 1,060円 2,260円 5,700円 8,050円 52,270円
2012 1,630円 12,720円 28,100円 13,600円 127,400円
2011 1,970円 19,100円 40,890円 16,620円 179,710円
2010 2,010円 3,580円 10,460円 48,560円 344,930円
2009 1,380円 2,000円 5,020円 5,190円 35,500円 

人気上位のみの決着となることが少ない傾向にあります。穴党オススメのレースです。

 

人気
単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 3-3-4-10 15.0% 30.0% 50.0%
2番人気 3-4-1-12 15.0% 35.0% 40.0%
3番人気 2-2-3-13 10.0% 20.0% 35.0%
4番人気 1-2-2-15 5.0% 15.0% 25.0%
5番人気 1-0-5-14 5.0% 5.0% 30.0%
6~9番人気 6-7-3-64 7.5% 16.3% 20.0%
10番人気以下 4-2-2-128 2.9% 4.4% 5.9%

 

単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝
1.9倍以下 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0%
2.0~2.9倍 2-2-4-2 20.0% 40.0% 80.0%
3.0~4.9倍 3-5-1-14 13.0% 34.8% 39.1%
5.0~7.9倍 4-3-2-20 13.8% 24.1% 31.0%
8.0~14.9倍 4-5-11-39 6.8% 15.3% 33.9%
15.0~19.9倍 2-1-1-28 6.3% 9.4% 12.5%
20.0~49.9倍 5-3-1-77 5.8% 9.3% 10.5%
50.0倍以上 0-1-0-76 0.0% 1.3% 1.3%

上位人気の複勝率が全て50%を切っており、過去10年で見ると1番人気の勝率は10%と落ち込んでいます。5〜9番人気の好走が非常に多く、ヒモ荒れのみでなく先頭での決着も多く見られるので難しいかつ面白いレースです。

 

3連単1頭軸マルチで10年購入すると

ここでは3連単を1頭軸マルチで購入した結果を報告します。購入ルールとして軸は1番人気、相手7頭は人気順(2〜8番人気)、点数は126点の1点100円。以下10年分の結果です。

年度 決着順 結果 購入額 払い戻し 累計
2009 7-1-5人気 的中 12,600 35,500 +22,900
2010 7-2-13人気 不的中 12,600 0 +10,300
2011 6-9-1人気 不的中 12,600 0 -2,300
2012 5-10-1人気 不的中 12,600 0 -14,900
2013 6-2-5人気 不的中 12,600 0 -27,500
2014 1-8-4人気 的中 12,600 34,990 -5,110
2015 3-6-11人気 不的中 12,600 0 -17,710
2016 2-6-5人気 不的中 12,600 0 -30,310
2017 4-8-5人気 不的中 12,600 0 -42,910
2018 1-15-4人気 不的中 12,600 0 -55,510

荒れやすい傾向にあるレースなので、的中率が悪く大幅なマイナスとなりました。その代わり的中時の配当は高くなっており、穴馬の見切りをしっかりできれば1番人気軸も悪くはなさそうに感じました。

 

血統
種牡馬 着度数 勝率
回収率
複勝
回収率
ディープインパクト 29-26-18-142 13.5%
82.1%
34.0%
82.4%
ハーツクライ 11-8-12-80 9.9%
95.9%
27.9%
102.7%
ステイゴールド 10-10-12-116 6.8%
70.0%
21.6%
72.3%
ヴィクトワールピサ 7-0-4-51 26.9%
151.2%
42.3%
138.8%
スペシャルウィーク 5-3-3-21 15.6%
146.9%
34.4%
97.8%

  

2018年優勝馬

トリオンフ

調教師:須貝尚介栗東) 馬主:KTレーシング

血統

タートルボウル     Dyhim Diamond

                                 Clara Bow

メジロトンキンイーズ  ダンスインザダーク

            メジロクロヒメ

 

f:id:kbmanabu:20190212003308p:plain

 

動画

2018年:トリオンフ

www.youtube.com

 

2017年:マルターズアポジー

www.youtube.com

 

2016年:アルバートドック

www.youtube.com

 

2015年:カレンブラックヒル

www.youtube.com

 

2014年:ラストインパクト

www.youtube.com

 

2013年:ヒットザターゲット

www.youtube.com

 

2012年:エーシンジーライン

www.youtube.com

 

2011年:サンライズベガ

www.youtube.com

 

2010年:オースミスパーク

www.youtube.com

 

 

筆者コメント 

 

荒れる傾向にある小倉大賞典で今年は逃げ馬が多く出走予定となっています。その中で注目するのはタニノフランケルです。前走の中山金杯では3着につけており、逃げに徹する走りが非常に印象に残っています。先に行きたがる馬が多い中で好ポジションを奪えるかが勝負になってきそうです。

今年は先行争いで消耗した上位組をしっかり脚を溜めた穴馬が差しそうなレース展開も見えてきますね。