HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G3ダービー卿チャレンジトロフィー 2019|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

2019 G3ダービー卿チャレンジトロフィー 有力データ

G3ダービー卿チャレンジトロフィーは4歳上の馬によって行われる中山競馬場芝1,600mの重賞競走、1969年に英国騎手招待競争の一つとして行われた。創設時は 東京雨競馬場1,800mでしたが、1990年代から中山競馬場に移行し幾度か距離を替えながら1,600mの距離で定着しました。当初は別定でしたが今はハンデ戦になっていることも注目です。

賞金

1着:3,900万円

2着:1,600万円

3着:980万円

4着:590万円

5着:390万円

 

 レースの売上

2018年 34億8,356万

2017年 33億3,462万

2016年 51億4,670万

2015年 44億5,074万

2014年 50億5,092万

2013年 46億82万

2012年 47億2,547万

2011年 32億2,203万

 

 

 

中山競馬場へのアクセス

・JR西船橋駅からバスで約15分、徒歩で30分。

・JR船橋法典駅から専用地下道(動く歩道設置)で徒歩約10分。

・京成東中山駅からはバスで約10分、徒歩で約20分。

中山競馬場_アクセス

大きなレースがない日でも駐車場はそれなり混み合います。重賞の開催がある日は、気合を入れて早く行くか、大人しく公共交通機関を利用しましょう。

 

入場料:200

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

現地で競馬を100倍楽しむためのグッズを紹介しています。ぜひ参考にしてください。 

www.nabioo.com

 

中山競馬場指定席

現地での観戦を考えている人は指定席も一度考えてみてはいかがでしょうか。意外と知らない人が多いですが、一度行ってみることをオススメします。

 

A-Seat(スタンド3階)

2人掛けで指定席の中では一番ゴール板に近い席となっています。7インチのモニターとコンセントが各席に設置されているので、不便を感じることもありません。一番熱くなれる席であることは間違いありません。ネット予約だけではなく当日発売もしています。

 

K-Seat【+i】(スタンド3階)

1人掛けの席でありながらかなりゆったりとした広さを持っています。各席にi-Seat端末が設置されており、ICカードを利用してキャッシュレスで投票することができます。馬券購入に立ち上がる必要もないので、終日楽しんでも疲れることも少ないでしょう。また。レース実況やパドック動画、オッズや馬体重などの競馬に関する基本情報や投票に役立つ情報を自分の席で全てチェックすることができるので、最高の休日を過ごすことができると思います。

 詳細はこちらでご確認ください。

 

周辺駐車場情報 料金2,000円

パークウインズ時(場外発売時)1,000

JRA直営駐車場のほか民間駐車場があります。

駐車可能台数は1,200台。車で行く=停められる とは限らないので注意が必要です。また、周辺の道路が超混雑するので、公共交通機関のご利用を強く強くおすすめいたします。JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

 

コース紹介

中山競馬場中山 芝・1,600m

中山の1,600mのスタート位置は1コーナーポケットから始まりゴールまで大きくコースを1周する形となりトリッキーなコースとなり、このことから直線距離も短くなるため小回りの効く馬に展開が向きやすいコースとなります。

 

データで見る傾向と対策 過去10年分

配当

年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2018 650円 3,890円 6,770円 27,990円 126,530円
2017 1,110円 2,070円 4,820円 2,100円 15,660円
2016 1,300円 6,110円 12,830円 6,930円 59,230円
2015 310円 1,640円 2,310円 14,860円 51,710円
2014 690円 9,170円 15,340円 63,310円 318,790円
2013 910円 1,970円 4,290円 2,770円 16,390円
2012 730円 1,920円 10,910円 28,420円 163,170円
2011 2,080円 6,060 14,750円 17,280円 135,230円
2010 1,660円 2,860円 6,930円 6,160円 42,880円
2009 670円 3,700円 6,870円 32,780円 185,420円

 

 

3連単1頭軸マルチで10年購入すると

ここでは3連単を1頭軸マルチで購入した結果を報告します。購入ルールとして軸は1番人気、相手7頭は人気順(2〜8番人気)、点数は126点の1点100円。以下10年分の結果です。

年度 決着順 結果 購入額 払い戻し 累計
2009 1-7-12人気 不的中 12,600 0 -12,600
2010 7-4-5人気 不的中 12,600 0 -25,200
2011 8-2-6人気 不的中 12,600 0 -37,800
2012 3-10-7人気 不的中 12,600 0 -50,400
2013 5-1-2人気 的中 12,600 +16,390 -46,610
2014 4-9-8人気 不的中 12,600 0 -59,210
2015 1-4-9人気 不的中 12,600 0 -71,810
2016 5-4-2人気 不的中 12,600 0 -84,410
2017 5-1-2人気  的中 12,600 +15,660 -81,350
2018 5-4-2人気 不的中  12,600 0 -93,950

10年で2回の的中率とあまり堅いレースではありませんが、中穴人気の馬がしっかりと実力を発揮できているので、馬券に自信がある競馬ファンにとっては面白いレースです。2桁人気の馬もきているので、ヒモの馬に関してもかなり手広く購入しても問題ないと思われます。

 

枠順 着度数 勝率 複勝
1枠 1-0-2-30 3.0% 9.1%
2枠 3-3-4-28 7.9% 26.3%
3枠 1-4-4-31 2.5% 22.5%
4枠 4-1-2-33  2.5% 22.5%
5枠 4-3-3-30  10.0% 25.0%
6枠 3-3-0-33 7.7% 15.4%
7枠 3-5-2-31 7.3% 24.4%
8枠 1-1-3-35 2.5% 12.5%

枠順の有利不利に関しては,中山コースで小回りの効く内枠が有利です。しかし注意する点はコース形態上1枠の馬だけは包まれやすいのか成績がガクンと落ちていることは考慮た方が良さそうです、2~5枠を見るに基本的に内枠有利と思って問題ないです。

 

 

 

人気
単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 2-2-3-13 10.0% 20.0% 35.0%
2番人気 2-2-4-12 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 4-2-0-14 20.0% 30.0% 30.0%
4番人気 3-4-0-13 15.0% 35.0% 35.0%
5番人気 3-1-2-14 15.0% 20.0% 30.0%
6〜9番人気 5-6-6-63 6.3% 13.8% 21.3%
10番人気以下 1-3-5-122 0.8% 3.1% 6.9%

荒れやすいこのレース1~5番人気の馬の複勝率にあまり変化がないことから、どの馬にもチャンスはあり、枠など優位性がわかりやすいことを考慮した方がよさそうです。

 

 

脚質
脚質 着度別数 勝率 連対率 複勝
逃げ 5-1-0-19 20.0% 24.0% 24.0%
先行 7-9-7-55 9.0% 20.5% 29.5%
差し 7-6-10-96 5.9% 10.9% 19.3%
追込 1-4-3-81 1.1% 5.6% 9.0%

逃げ・先行と中山コースらしい脚色が有利ということがわかります。最後の直線も短いため後方脚質の成績は低いので、ポジション取りしやすい前の馬から軸馬を選びたいです。

 

 

出走予定馬

※出走予定馬確定しだい更新させていただきます。

 

 

 

2018年優勝馬

ヒーズインラブ

調教師:藤岡健一栗東所属) 馬主:シルクレーシング

血統

 ハービンジャー        Dansili

                 Penang Pearl

 

母シーズインクルーデッド   Include

                 Dancingonice



  

2018 ダービー卿チャレンジトロフィー ヒーズインラブ

 

 

動画

2018年:ヒーズインラブ

www.youtube.com

 

2017年:ロジチャリス

www.youtube.com

 

2016年:マジックタイム

www.youtube.com

 

2015年:モーリス

www.youtube.com

 

2014年:カレンブラックヒル

www.youtube.com

 

2013年:トウケイヘイロー

www.youtube.com

 

2012年:ガルボ

www.youtube.com

 

 

2011年:ブリッツェン

www.youtube.com

 

2010年:ショウワモダン

www.youtube.com

 

2009年:タケミカヅチ

www.youtube.com

 

 

筆者コメント

2014年の優勝馬カレンブラックヒルが印象に残りますね。この馬はデビューから5連勝で一気にスターホース街道を駆け上っていきましたが、この5連勝以降は、このダービー卿と2015年の小倉大賞典にとどまることになります。ただ、毎日王冠ではあのジャスタウェイに勝ったりと当時の話題性は十二分にありました。天皇賞秋からはダイワメジャー産駒らしいその早熟性から、劣ることが増えてしまいますが、一時を彩った名馬だと私は思います。