HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G2日経賞 2019|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

2019 G2日経賞 有力データ

G2日経賞は4歳上の馬によって行われる中山競馬場芝2,500mの重賞競走、1953年に創設されたこのレースは創設当初は芝3,200mでしたが、その後1967年より現在の中山芝2,500mで定着し、天皇賞春に出走する馬にとって重要な前哨戦として位置づけられています。

 

賞金

1着:6,700万円

2着:2,700万円

3着:1,700万円

4着:1,000万円

5着:670万円

 

 レースの売上

2018年 36億5,238万

2017年 40億1,901万

2016年 28億8,137万

2015年 30億2,918万

2014年 32億9,883万

2013年 31億6,900万

2012年 34億2,070万

2011年 30億9,287万

 

 

 

中山競馬場へのアクセス

・JR西船橋駅からバスで約15分、徒歩で30分。

・JR船橋法典駅から専用地下道(動く歩道設置)で徒歩約10分。

・京成東中山駅からはバスで約10分、徒歩で約20分。

中山競馬場_アクセス

大きなレースがない日でも駐車場はそれなり混み合います。重賞の開催がある日は、気合を入れて早く行くか、大人しく公共交通機関を利用しましょう。

 

入場料:200

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

現地で競馬を100倍楽しむためのグッズを紹介しています。ぜひ参考にしてください。 

www.nabioo.com

 

中山競馬場指定席

現地での観戦を考えている人は指定席も一度考えてみてはいかがでしょうか。意外と知らない人が多いですが、一度行ってみることをオススメします。

 

A-Seat(スタンド3階)

2人掛けで指定席の中では一番ゴール板に近い席となっています。7インチのモニターとコンセントが各席に設置されているので、不便を感じることもありません。一番熱くなれる席であることは間違いありません。ネット予約だけではなく当日発売もしています。

 

K-Seat【+i】(スタンド3階)

1人掛けの席でありながらかなりゆったりとした広さを持っています。各席にi-Seat端末が設置されており、ICカードを利用してキャッシュレスで投票することができます。馬券購入に立ち上がる必要もないので、終日楽しんでも疲れることも少ないでしょう。また。レース実況やパドック動画、オッズや馬体重などの競馬に関する基本情報や投票に役立つ情報を自分の席で全てチェックすることができるので、最高の休日を過ごすことができると思います。

 詳細はこちらでご確認ください。

 

周辺駐車場情報 料金2,000円

パークウインズ時(場外発売時)1,000

JRA直営駐車場のほか民間駐車場があります。

駐車可能台数は1,200台。車で行く=停められる とは限らないので注意が必要です。また、周辺の道路が超混雑するので、公共交通機関のご利用を強く強くおすすめいたします。JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

 

コース紹介

中山競馬場中山 芝・2,500m

有馬記念と同じこのコースは3コーナー途中からスタートし、最初のコーナーまではわずか200mと短く内枠の馬がそのまま好位をとりやすいのも特徴です。有馬記念日経賞天皇賞春というローテンションの馬も多く、やはり特徴あるコースなので1度有馬で経験を得た馬が好成績を残しているのが印象的です。

 

データで見る傾向と対策 過去10年分

配当

年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2018 540円 5,880円 9,850円 23,270円 136,540円
2017 730円 6,370円 12,200円 32,630円 167,310円
2016 330円 370円 770円 530円 2,170円
2015 540円 2,190円 3,940円 8,900円 37,310円
2014 200円 5,920円 8,220円 11,320円 60,560円
2013 200円 4,080円 5,420円 11,320円 48,630円
2012 16,710円 48,480円 169,940円 19,480円 457,140円
2011 200円 300円 510円 220円 930円
2010 1,100円 2,810円 6,570円 12,750円 78,380円
2009 670円 5,370円 9,930円 10,570円 68,310円

 

 

3連単1頭軸マルチで10年購入すると

ここでは3連単を1頭軸マルチで購入した結果を報告します。購入ルールとして軸は1番人気、相手7頭は人気順(2〜8番人気)、点数は126点の1点100円。以下10年分の結果です。

年度 決着順 結果 購入額 払い戻し 累計
2009 4-7-3人気 不的中 12,600 0 -12,600
2010 6-4-7人気 不的中 12,600 0 -25,200
2011 1-2-3人気 的中 12,600 +930 -36,870
2012 12-1-3人気 不的中 12,600 0 -49,470
2013 1-9-7人気 不的中 12,600 0 -62,070
2014 1-10-3人気 不的中 12,600 0 -74,670
2015 4-5-6人気 不的中 12,600 0 -87,270
2016 2-1-4人気 的中 12,600 +2,170 -99,870
2017 4-7-6人気 不的中  12,600 0 -112,470
2018 3-7-6人気 不的中  12,600 0 -125,070

10年で2回の的中率とあまり堅いレースではありませんが、中穴人気の馬がしっかりと実力を発揮できているので、馬券に自信がある競馬ファンにとっては面白いレースです。2桁人気の馬もきているので、ヒモの馬に関してもかなり手広く購入しても問題ないと思われます。

 

枠順 着度数 勝率 複勝
1枠 4-2-2-12 20.0% 40.0%
2枠 1-4-2-14 4.8% 33.3%
3枠 2-3-3-15 8.7% 34.8%
4枠 1-1-2-20 4.2% 16.7%
5枠 3-0-3-21 11.1% 22.2%
6枠 2-5-3-20 6.7% 33.3%
7枠 3-0-2-27 9.4% 15.6%
8枠 4-5-3-28 10.0% 30.0%

枠順の有利不利に関しては,中山コースで小回りの効く内枠が有利ですがデータで見ると意外にも8枠6枠の成績もいいので、とりあえず内枠からという考えはやめ、他のデータを考慮しながら考えていきたいです。

 

 

人気
単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 7-3-2-8 35.0% 50.0% 60.0%
2番人気 2-5-3-10 10.0% 35.0% 50.0%
3番人気 2-3-4-11 10.0% 25.0% 45.0%
4番人気 3-1-4-12 15.0% 20.0% 40.0%
5番人気 3-1-0-16 15.0% 20.0% 20.0%
6〜9番人気 2-6-6-65 2.5% 10.1% 17.7%
10番人気以下 1-1-1-70 1.4% 2.7% 4.1%

枠や天候の影響が少なく、当日の急な有利不利もないことから1番人気から順当に成績が続いています。5番人気から複勝率が若干下がってきていることにも注目したいです。軸馬には1〜4番人気の馬で手堅く攻めていきたいです。

 

 

脚質
脚質 着度別数 勝率 連対率 複勝
逃げ 4-0-0-20 16.7% 16.7% 16.7%
先行 9-11-8-45  12.3% 27.4% 38.4%
差し 7-7-9-57 8.8% 17.5% 28.8%
追込 0-2-3-70 0.0% 2.7% 6.7%

逃げ・追い込みといった極端なスタイルはレースのペースによっての影響を受けやすく、長距離戦では成績は落ち込んでいます。差しと先行に関しましては先行脚質の馬に軍配が上がっていますのでここは予想の際に考慮したいところです。

 

 

出走予定馬

1 メイショウテッコン  武 豊  55  高橋

2 ゴーフォザサミット  石橋脩  56  藤沢

3 アクションスター   大野拓  56  和田

4 サクラアンプルール  横山典  56  金成

5 ブラックバゴ     池添謙  56  斎藤

6 ルックトゥワイス   戸崎圭  56  藤原

7 エタリオウ      Mデム  55  友道

8 グランアルマダ    石川裕  56  西園

9 カフェブリッツ    蛯名正  56  池江

10 ハッピーグリン    服部茂  55      田中

11 チェスナットコート 坂井瑠     56      矢作

12 クリンチャー    三浦皇     56     宮本博

2018年優勝馬

ガンコ

調教師:武英智栗東所属) 馬主:前谷武志

血統

 ナカヤマフェスタ       ステイゴールド

                 ディアウィンク

 

母シングアップロック     シングスピール

                 アンティーケリー



 

日経賞 2018 ガンコ

 

 

動画

2018年:ガンコ

www.youtube.com

 

2017年:シャケトラ

www.youtube.com

 

2016年:ゴールドアクター

www.youtube.com

 

2015年:アドマイアデウス

www.youtube.com

 

 

2014年:フェノーメノ

www.youtube.com

 

2013年:フェノーメノ

www.youtube.com

 

2012年:ネコパンチ

www.youtube.com

 

 

2011年:トゥザグローリー

www.youtube.com

 

2010年:マイネルキッツ

www.youtube.com

 

2009年:アルナスナイン

www.youtube.com

 

 

筆者コメント

2012年のネコパンチが印象に残ってる人も未だに多い日経賞ですが、今年の日経賞ではエタリオウが天皇賞春に向けて菊花賞以来の出走となります。実績は十分のエタリオウは休み明けという事も懸念されてますが、今回斤量55kgで出走できることから不動の1番人気は揺るがないでしょう。私は今回はエタリオウと戸崎騎手のルックトゥワイスを軸に買おうと思っていますが、クリンチャーの復活にも皆で期待したいところです。