HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【厳選データ】G3根岸ステークス2020|過去10年分有力情報・傾向【予想の前に】

 2020 G3根岸ステークス有力データ

根岸ステークスは、4歳以上の馬で行われる東京競馬場ダート1,400mの重賞レース、レース名の由来は江戸時代末期の近代競馬場“根岸競馬場”の横浜根岸の地名が由来、距離は1990年からは1,200mでしたが、2001年からは1,400mとなりフェブラリーSの優先出走権が獲得できることで、前哨戦として位置づけられるようになりました。

1着:3,800万円

2着:1,500万円

3着:950万円

4着:570万円

5着:380万円

 

 レースの売上

2018年 52億6,131万円

2017年 60億2,024万円

2016年 53億9,706万円

2015年 54億8,072万円

2014年 53億6,910万円

2013年 49億1,643万円

2012年 49億5,477万円

2011年 49億3,611万円

 

 

東京競馬場へのアクセス

交通手段

京王線府中競馬正門前駅」から専用歩道橋にて正門まで徒歩約2

京王線東府中駅」南口から東門まで徒歩約10

JR武蔵野線南武線府中本町駅」臨時改札口から専用歩道橋にて西門まで徒歩約5

西武線是政駅」から南門まで徒歩約10

東京競馬場 アクセス

  

 

入場料:200

 

現地で競馬を100倍楽しむためのグッズを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

www.nabioo.com

 

開門:時間900分(混雑状況などにより変更あり)

発売:原則として930分から(前日発売は1700分まで)

一部の投票所では920分から発売

 

東京競馬場指定席

現地で観戦しようと思う人へ簡単に指定席について調べ、オススメをピックアップしました。

 

B指定席(フジビュースタンド56階)

当日発売、11,500円からなとなる全席二人掛けの席となっており、席は全席屋外、2席毎に1台ずつモニターが設置されており、コンセント完備はもちろんゴール手前での攻防を間近で観戦することができます。

 

C指定席(フジビュースタンド56階)

当日発売 全席二人がけの席となっており、モニター付きでこちらもコンセント完備、

値段も1,000円とお手頃となっており屋外席なので天気のいい日は是非とってほしい席です。

 詳細はこちらでご確認ください。

 

  

周辺駐車場料金2,000

パークウインズ時(場外発売時)1,000円)

注記:JRA直営駐車場のほか民間駐車場があります。

注記:駐車可能台数は1,200台。車で行く=停められる とは限らないので注意が必要です。また、周辺の道路が超混雑するので、公共交通機関のご利用を強く強くおすすめいたします。

JRA直営駐車場のほかに民間駐車場もあります。

 

コース紹介

東京競馬場 コース

東京 ダート1,400m

東京競馬場のダート1,400mは特殊なコースで中央競馬ダート1,400mは4場あるが、この東京コースのみスタートからダートコースで始まる珍しいコースである。最初の直線までは442mと長く、本来ダートの短距離戦は逃げ・先行が決まりやすいがこのコースは直線の長さからか差し・追い込みも決まりやすい為難解なコースとなります。

 

データで見る傾向と対策 過去10年分

配当
年度 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2018 1,050円 2,010円 5,080円 2,540円 20,200円
2017 300円 860円 1,590円 2,390円 9,330円
2016 220円 1,330円 1,850円 11,480円 34,400円
2015 340円 710円 1,450円 13,290円 48,330円
2014 750円 6,380円 11,380円 29,140円 158,760円
2013 1,280円 1,380円 4,300円 15,560円 103,090円
2012 950円 15,660円 26,230円 58,390円 379,550円
2011 360円 640円 1,290円 12,110円 45,080円
2010 4,590円 5,960円 18,350円 16,330円 156,290円
2009 700円 4,150円 8,150円 15,980円 88,500円

 

3連単1頭軸マルチで10年購入すると

ここでは3連単を1頭軸マルチで購入した結果を報告します。購入ルールとして軸は1番人気、相手7頭は人気順(2〜8番人気)、点数は126点の1点100円。以下10年分の結果です。

年度 決着順 結果 購入額 払い戻し 累計
2009 4-5-7人気 不的中 -12,600 0 -12,600円
2010 11-1-4人気 不的中 -12,600 0 -25,200円
2011 2-3-10人気 不的中 -12600 0 -3,7800円
2012 4-9-5人気 不的中 -12,600 0 -50,400円
2013 5-1-10人気 不的中 -12,600 0 -63,000円
2014 4-8-5人気 不的中 -12,600 0 -75,600円
2015 1-2-15人気 不的中 -12,600 0 -88,200円
2016 1-6-10人気 不的中 -12,600 0 -100,800円
2017 1-3-4人気 的中 -12,600 +9,330 -104,070円
2018 6-1-2人気 的中 -12,600 +20,200 -96,470円

今回の的中率は20%と低いですね。1番人気の複勝率は60%ですので、この結果から1番人気馬を軸にして問題はないですが、ヒモ荒れ必須と見えますので相当手広く買うのをオススメします。

 

 

枠順 着度数 勝率 複勝
1枠 2-0-2-33 5.4% 10.8%
2枠 2-4-3-28 5.4% 24.3%
3枠 2-4-0-34 5.0% 15.0%
4枠 5-2-1-31 12.8% 20.5%
5枠 3-3-0-33 7.7% 15.4%
6枠 1-3-4-31 2.6% 20.5%
7枠 2-3-10-25 5.0% 37.5%
8枠 3-1-0-35 7.7% 10.3%

東京ダート1,400mはコース紹介で記載した通り、差しが決まるパターンも多いコースなので、今回枠順成績を見ても7枠の複勝率が高かったりするので、先行インコースの人気馬がいたとしても安易に軸にするのはオススメできません。

 

 

 

人気
単勝人気 成績 勝率 連対率 複勝
1番人気 7-5-1-7 35.0% 60.0% 65.0%
2番人気 2-1-2-15 10.0% 15.0% 25.0%
3番人気 0-6-2-12 0.0% 30.0% 40.0%
4番人気 3-0-3-14 15.0% 30.0% 40.0%
5番人気 1-3-3-13 15.0% 15.0% 30.0%
6〜9番人気 5-4-4-67 6.3% 11.3% 16.3%
10番人気以下 2-1-5-122 1.5% 2.3% 6.2%

荒れるレースですが、やはり1番人気の信頼度は堅実と言えます。対して2番人気の成績が異常に低いこともわかります。6〜9番人気の馬の複勝率が16.3%もあるので、ヒモには必ず抑えておきたい所です。 

 

 

脚質
脚質 着度別数 勝率 連対率 複勝
逃げ 1-2-1-16 5.0% 15.0% 20.0%
先行 5-6-7-63 6.2% 13.6% 22.2%
差し 7-6-4-94 6.3% 11.7% 15.3%
追込 7-6-8-77 7.1% 13.3% 21.4%

コース形態の特性上、後方の馬にもチャンスがあるため表を見ると、前と後ろの脚質にも差がないのがわかります。今回は脚質、コースでデータ上の有利不利が無いため難解なレースとなります。

 

 

出走予定馬

キタサンミカヅキ 牡9 58 森泰斗  佐藤賢

クインズサターン 牡6 56 四位洋文 野中

クロスケ     牡4 55 未定   水野

ケイアイノーテック牡4 58 藤岡佑介 平田

コパノキッキング セ4 56 マーフィ 村山

サイタスリーレッド牡6 56 未定   池添

サトノファンタシー牡6 56 岩田康誠 松田

サンライズノヴァ 牡5 57 戸崎圭太 音無

ノボバカラ    牡7 56 ミナリク 森

ヒロブレイブ   牡6 56 未定   川村

マテラスカイ   牡5 57 武豊   森

メイショウウタゲ 牡8 56 酒井   安達

モーニン     牡7 58 和田   石坂

ヤマニアンプリメ 牝5 54 内田博幸 中村

ユラノト     牡5 56 ルメール 松田

ラブバレット   牡8 56 大野   加藤和

レッドゲルニカ  セ6 56 未定   藤沢和

ワンダーリーデル 牡6 56 柴田大  沖

2018年優勝馬

ノンコノユメ

調教師:加藤征弘栗東所属) 馬主:吉田千津

血統

 トワイニング     ウォーティナイナー

           Courtly Dee

 

母ノンコ       アグネスタキオン

             レディータイクーン


 

根岸S 2018 ノンコノユメ



 

動画

2018年:ノンコノユメ

www.youtube.com

2017年:カフジテイク

www.youtube.com

 

2016年:モーニン

www.youtube.com

 

2015年:エアハリファ

www.youtube.com

 

2014年:ゴールスキー

www.youtube.com

 

2013年:メイショウマシュウ

www.youtube.com

 

2012年:シルクフォーチュン

www.youtube.com

 

2011年:セイクリムズン

www.youtube.com

 

2010年:グロリアスノア

www.youtube.com

 

2009年:フェーラーリピサ

www.youtube.com

 

 

 

筆者コメント

 

 根岸ステークスで印象に残る馬は、私の中では2000年根岸ステークスブロードアピールです。このレースを見た時はとにかく衝撃が走りました。レースから4コーナーまで殿を努めていたこの馬は直線でまさに豪脚を見せつけ、前にいた15頭を全馬抜き去り見事に1着を取りました。7歳牝馬でこの走りはま圧巻であり、年齢の限界はないんだなと教訓を得ることができました。2000年と18年前の出来事になるので、もしかしたら見たことが無い人もいるかもしれないので、まだ見てない人は是非ご覧ください。

 

2000年:ブロードアピール

www.youtube.com