【大分県】おすすめブリーダーの紹介|渡瀬かなえブリーダー【評判】

今回は大分県豊後高田市でエキゾチック専門ブリーダーとして評判の「渡瀬かなえ(わたせかなえ)ブリーダー」を取材させていただきました。

大分県豊後高田市は大分県の北部に位置します。この場所にはユニークな町並みがあります。

それが「昭和の町」です。ここは江戸時代から明治、大正、昭和30年代にかけて、国東半島でもっとも栄えた町でした。

江戸時代から海上運輸で栄え、昭和初期にも京阪神に行き来した運搬船が多数停泊していました。

五本の幹線が集まり、半島奥地や海岸部・宇佐方面への要衝になっていたのです。

しかし、徐々に時代の波に取り残され、他の商店街と同じく寂しい町になっていました。

そして商店街が元気だった時代である、昭和30年代の活気を蘇らせようと平成13年(2001年)に立ち上げたのが「昭和の町」の取組みです。

当初7店舗からスタートした昭和の町認定店は現在53店舗に増え、いまでは、年間約40万人の来訪者を迎える商店街になりました。

いちばん近く懐かしい歴史である「昭和」を体験してみて下さい。

また、大分県豊後高田市には神社仏閣も多くあり、山の中を探索するパワースポット巡りができます。

中でも田染蕗(たしぶふき)にある天台宗の仏教寺院である富貴寺(ふきじ)は718年設立されたと言われており、平安建築の一つとして貴重な存在として保存されています。

この記事では大分県豊後高田市でエキゾチックヘアの子猫をメインにブリーディングをしている「渡瀬かなえブリーダー」について紹介しています。

大分県で子猫をお探しの方、ブリーダーをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

大分県豊後高田市で評判のブリーダー「渡瀬かなえブリーダー」とは?

大分県豊後高田市でおすすめのブリーダー「渡瀬かなえブリーダー」とは?

大分県豊後高田市で評判の渡瀬かなえブリーダーは、エキゾチックヘアを専門に取り扱っているブリーダーさんになります。キャッテリーの「pono」で活動しています。

現在ponoで取り扱っている猫種は下記になります。

pono取り扱い猫種
  • エキゾチックショートヘア
  • エキゾチックロングヘア
  • ミヌエット

渡瀬かなえブリーダーは猫舎を2つに分けて管理をしています。

一つはキャッテリーとして飼い主様に見学して選んでいただく物として、もう一つは子猫専用のケージで猫舎では無くご自宅内で管理をされています。

猫ちゃん達は猫舎内で自由に遊んでおり、お客様はご希望の子猫をじっくりお好みの子猫と触れ合うことが出来るのもおすすめポイントです。

ブリーダー概要

犬舎名pono
動物取扱業登録番号大分県第151011号
登録年月日2021/3/17
有効期間の末日2026/3/16
代表取締役渡瀬かなえ
所在地住所:〒879-0606 大分県豊後高田市玉津396-1
上記は見学ルームの住所になります。
連絡先電話:090-3602-9609
メール:ponopono2211@gmail.com

ブリーダー職についた経緯

取材にあたってなぜブリーダーをやろうと思ったのかと渡瀬かなえブリーダーに伺ったところ、「元々猫が好きでその中でもエキゾチックショートヘアが特に好きでした。

ある日、ふらっとペットショップに見に行った時に顔がスタンダートでは無い様な顔つきの子が多くいました。

その後、家に帰って調べてみると、世の中には悪徳なブリーダーも多くいるという事を知りました。

自分が好きな猫種だっただけに非常に残念な気持ちになりました。

その後にきちんと管理が出来て、その猫種の特徴がしっかりと残った猫を販売したいと思ってブリーダーを始めました。」とお話ししていただきました。

また、ブリーダーとしての飼い主様への思いを聞くと「可愛くて、性格も体調も良い子を販売できたらどれほど良いか、と思いながらブリードしています。」と話されました。

渡瀬かなえブリーダーが猫ちゃん達に対する愛情が深い方なのが分かりますよね。

エキゾチックヘアの魅力

渡瀬かなえブリーダーにエキゾチックヘアの魅力について伺ったところ、「エキゾチックヘアの特徴は丸い顔と潰れた鼻です。

あまり活発ではありませんが、見ているだけで癒やされます。性格がマイペースで甘えん坊な所が魅力的です。」と話してくれました。

エキゾチックは見ているだけで癒やされる猫種です。これが現代人に評価を受けているのかも知れませんね。

最近ではエキゾチックロングヘアが流行っているそうで、渡瀬かなえブリーダーの元にもよくお問い合わせが来るそうです。

渡瀬かなえブリーダーの現在販売中の子猫情報

渡瀬かなえブリーダーの現在販売中の子猫情報をご紹介させていただきます。

お問い合わせ

お問い合わせはお電話もしくはメールよりお願いいたします。
【お問い合わせ可能時間】
10:00~19:00

CFAでは、グランドチャンピオン
TICAでは、シュープリームグランドチャンピオン

キャットショーでのトリプルグランドチャンピオン

渡瀬かなえブリーダーはキャットショーでも活躍されています。

キャットショーとは各種類の猫ちゃん達を集めて骨格や目の色、毛並みなどの美しさ、健康状態など競う競技です。

なんと渡瀬かなえブリーダーはキャットショーの受賞を受けていてCFAではグランドチャンピオンを獲得、TICAではダブルグランドチャンピオンを獲得されています。

CFA JapanRegion(世界最大の愛猫協会として1906年に米国で創立)

TICA(1979年に米国で創立された世界最大の血統登録団体)

キャットショーについてあまり馴染みのない方に説明をしますと、CFAとは健康状態をメインに体型や毛質など含めて理想的かどうかを比べる大会です。

そしてTICAは血統証から判定対象となり審査を受ける大会です。

つまりこの2つのキャットショーにて受賞されると遺伝的な病気から遠く、そして理想的なブリーダーであると証明される事になます。

取材をさせていただいた際もキャットショーの勲章が列に並んでいて、他のブリーダーには無い魅力を感じました。

ブリード技術は誰から習ったのか

ブリード技術は誰から習ったのか

「エキゾチックヘアが好き」「正当な猫種を広めたい」と言う考えからブリードを始めて、キャットショーに受賞する様になった渡瀬かなえブリーダーですが、何処でブリードを習ったのでしょうか?

これは他のブリーダーや獣医師に聞いたそうです。何人も聞くことで渡瀬かなえブリーダーが目指す理想的なキャッテリーをイメージしていったそうです。

また、猫のグルーミングの講習にも参加しているそうで、「こちらは今後も通っていく予定です。」とお話ししてくれました。

渡瀬かなえブリーダーは大分県に住んでいて、東京の講義に参加するだけで、時間も費用もそれなりにかかります。

それでも技術と知識を身に着けたくて参加されていったそうです。

この情熱と行動力こそがキャットショーの結果につながっていくのですね。

スタンダードに基づいたブリーディング

渡瀬かなえブリーダーは子猫をブリーディングする際にTICAのスタンダードに基づいた子猫の産出を心がけています。

スタンダードとは「それぞれの猫種ごとの標準的な見た目を定めた基準のこと」です。猫種標準があることによって、猫種ごとの特徴を細かく分類して規定することができています。

スタンダードは純血種の理想的な姿を示しているとされています。猫種標準には、純血種をスタンダードとして定めることによって、純血種を守るという目的もあります。

猫種標準は同じ猫種であっても、国や団体によっても基準が微妙に異なることがあるので注意が必要です。

渡瀬かなえブリーダーはそれぞれの猫種のスタンダードに基づいた美しい子猫であることはもちろん、健康で初めて猫を飼う方でも扱いやすいフレンドリーな性格の良い子猫を作出し、飼い主様にお届けしたいという思いからブリーディングをしているそうです。

出産回数の制限

出産はどの動物でも身体に負担がかかるものです。猫の場合も同様で渡瀬かなえブリーダーのキャッテリーでは母猫の状態を見て、そして必ず親猫の休息期間をとって体を休ませるそうです。

「メス猫は48ヶ月から1歳半くらいで発情期が来るので、交配をするつもりがないのならちゃんと管理すべきです。

うちではケージ内の横に広いスペースを確保して、動き回れてストレスが減るようにしています。

そして出産はキャッテリー内にある別の部屋に分けて、猫ちゃんが安心した空間で落ち着いて出産ができるようにしています。」と話していました。

子猫の育て方について

子猫は飼い主さんがお迎えされる日、もしくは完全に離乳するまで、親兄弟と共に生活しています。

人とのふれあいだけでなく、猫同士のコミュニケーションを学び、社会性のある子に育てているのも渡瀬かなえブリーダーの特徴です。

見学の時だけ見学部屋に移動してお客様と触れ合い、夜はケージでの睡眠、日中はお部屋で遊ぶというような管理で、色々な家庭環境に適応できるようケージにもなれるようにしているそうです。

また、渡瀬かなえブリーダーのキャッテリー内では自由に動き回れるので、いろんな人から触られて親しみやすく、人懐っこく、人見知りしない子に育てています。

頭数が多くてもきめ細やかな対応ができ、何より、渡瀬かなえブリーダーが猫ちゃんと飼い主さんの両方のことを考えてブリーディングをしていると感じました。

渡瀬かなえブリーダーの取り扱い猫種について

渡瀬かなえブリーダーの取り扱い猫種について

渡瀬かなえブリーダーが取り扱っている猫種の特徴や性格、飼育する際のポイントをご紹介いたします。

これから飼育をしようとしている方、検討している方には必見です。

●エキゾチックショートヘア

エキゾチック・ショートヘアの歴史は、アメリカン・ショートヘアとペルシャの交配によって生まれた、シルバーの毛と緑色の目をした子猫から始まりました。

「ペルシャの特徴を受け継いだ短毛種」として作り出された猫です。幅の広い丸顔に短くてやや離れた耳、大きくて丸い目、低い鼻が特徴です。

足は太くて短くしっかりしており、尾も短く丸みを帯びています。

全体的に体は筋肉質でがっしりしていますが、厚いふわふわの毛に覆われているため、その見た目はまるでぬいぐるみのようです。

毛は短く、様々な色と模様があります。ペルシャ譲りの顔立ちと気質を持ち、ブラッシングの手間もほとんど掛からないためペルシャに比べて飼いやすい種類です。

●エキゾチックロングヘア

名前の通りふさふさと豊かな長毛が特徴のエキゾチックロングヘア。

猫にはセルフグルーミングの習慣がありますが、それでも飼い主の手でブラッシングしてあげる必要があります。

ブラッシングには専用のブラシやコームを使用します。また換毛期には大量の抜け毛が発生しますので、1日1回はお手入れの機会を持ちましょう。

抜け毛を放置することは、室内を毛だらけにしてしまうだけではなく、「毛球症」という病気の原因にもなります。

子猫のころから徐々にブラッシングに慣れさせて、どこを触っても平気になるようトレーニングしましょう。

●ミヌエット

ペルシャのようにふわふわして柔らかく手ざわりのよいミヌエットの被毛は、エキゾチックと同じだそうです。

ミヌエットもエキゾチックと同じくロングヘアとショートヘアがいます。

ひとつの毛穴から複数本の毛が生えているため、毛が厚く密集しています。

ダブルコートには毛が生えかわる換毛期があり、多く毛が抜けますのでケアが必要です。

また、足の長さは足長タイプと短足タイプに分かれています。

ミヌエットは柔らかな毛質をしているため、普段からブラッシングを欠かさずに行うことが豊かな被毛をケアするポイントです。

飼育時のポイント

【フード】

渡瀬かなえブリーダーのキャッテリーではロイヤルカナンのフードをメインに使用しているそうですが、複数社のフードをミックスしてあげることもあるそうです。

その理由を伺ってみると、商品が欠品などの万が一の時に困らないためにも、食べられるご飯はできるだけ多い方が良いと考えているからです。

また、猫ちゃんは環境が変わると緊張から慣れた餌でも食べなくなる時があります。

そういった時は匂いが強い餌を少し混ぜると好奇心が湧いて食べやすくなるとのことでした。

渡瀬かなえブリーダーが実際にあげているフードの種類をご紹介させていただきます。

  • ロイヤルカナン
  • ハイパーセン
  • オリジン

今は質の良いフードがたくさんあるため、猫ちゃんがおいしく食べられるものが一番だと思いますが、ご飯の切り替えは少しずつ行って下さい。

これは渡瀬かなえブリーダーもおっしゃっておりましたが「猫ちゃんはストレスが原因で病気になる可能性がある」からです。

新しいものは少しずつ混ぜていき、ゆっくり慣れさせましょう。また、猫は肉食の動物のため、おやつで鶏胸肉を茹でてあげたりしてあげても良いです。

【飼育環境】

屋内外の出入りは事故や病気の危険がありますので、完全室内飼育をお願いしています。

キャットタワーなどといった、猫ちゃんの遊ぶ場所があると室内でも遊びながら過ごすことができるのでおすすめです。

また、子猫の時は悪戯、誤飲が多いので気をつけましょう。

大人の猫を引き取る際は、かなり落ち着いているためお迎えした後はあまりかまいすぎずにそっとしていてあげてくださいとのことです。

特に緊張している時は一人にしてほしいという子も多いため、お迎え後直後はあまり構いすぎないことも大切です。

お迎えして1週間はトイレや食事のチェックのみをしてあげるのが良いでしょう。

【お手入れについて】

基本的に日々のブラッシングのみで大丈夫です。毎日できると理想的です。

猫は自分の体をなめてグルーミングをするため、原則としてシャンプーやカットは必要ありません。一生シャンプーの必要のない子もいます。

長毛の子は必要に応じてカットもしますが、トリミングはストレスがかかってしまったりもするのでバリカンやカットで毛をかったりするのがおすすめです。

【その他注意点】

渡瀬かなえブリーダーのキャッテリーでは、病気や望まない妊娠を防ぐだけでなく、猫を愛して欲しいとお願いをして引き渡しているそうです。

動物を捨てることは法律で禁止されており、罰則(50万円以下の罰金)が課せられる場合もあります。

見学予約方法

見学予約方法

大分県豊後高田市で活躍している渡瀬かなえブリーダーから子猫を購入したい場合は事前に予約が必要になります。

予約方法

◉お問い合わせ可能時間

10:00~19:00

アクセス

アクセス

〒879-0606

大分県豊後高田市玉津396-1

見学ルームの住所になります。

最寄駅:JR九州 柳ヶ浦駅

駅からは離れていますのでバスもしくはタクシーのご利用をお勧めします。日程によっては、最寄り駅まで車での無料送迎も行っているそうです。

大分県豊後高田市でおすすめの渡瀬かなえブリーダーの実際の口コミ

大分県豊後高田市でおすすめのブリーダーである渡瀬かなえブリーダーの実際の口コミ・評判を紹介します。

口コミ1

この度はとても可愛い猫ちゃんをお譲りくださり、ありがとうございました。

私が以前飼っていた子が急に遺伝疾患で亡くなったこともあり、病気に関してかなり心配で、色々と質問をしてしまいました。ウザかったと思いますが、嫌な顔一つせずに答えてくださいました。本当にありがとうございました。

子猫ちゃんは初日から部屋を走り回り、元気いっぱいです。私が近づくとゴロゴロと喉を鳴らして寄ってきてくれます。とても可愛いです。

長生きできるように、大切に育てます。

今後とも宜しくお願いいたします。

口コミ2

この度は、やんちゃで人懐っこくてお利口なかわいい子猫ちゃんを譲ってくださり、ありがとうございました。

初めて猫ちゃんを迎えるにあたり不安も多かったのですが、見学に伺った際に、自由に楽しく、そして穏やかに過ごす幸せそうな猫ちゃんたちを拝見して、是非我が家にも迎えたいと決意することができました。

私の不安や細かい質問にも丁寧に答えてくださり、グッズだけでなく心の準備も整えて猫ちゃんを迎え入れることができました。

うちに来た猫ちゃんはやんちゃだったのですが、食事もおトイレも睡眠もすぐに安定しました。

お迎えまで猫ちゃんは、お父さん猫とお母さん猫、たくさんの兄弟猫、そしてブリーダーさんご家族から、たくさんの愛情を注がれて育ってきたからだと思います。

お迎えして一週間、おかげさまで我が家も笑顔が絶えず、猫ちゃんのかわいい仕草に目を細める毎日です。

猫ちゃんが健康で幸せに暮らしていけるよう、精一杯頑張っていこうと思います。

この度は本当にありがとうございました。

大分県で子猫をお探しなら渡瀬かなえブリーダーがオススメ!

大分県で子猫をお探しなら渡瀬かなえブリーダーがオススメ!

今回は大分県豊後高田市で活躍している渡瀬かなえブリーダーの取材をさせていただきました。

渡瀬かなえブリーダーはブリーダーになる前から動物が大好きで、猫に対する愛情も深いブリーダーさんになります。

また、飼い主さんが飼いやすい子猫のブリーディングに力を入れていて、それぞれの猫種のスタンダードに基づいたキャットショーに通用する子猫、そして誰にでもフレンドリーな子猫を産出することを目標としています。

また、アフターサポートも充実していて、購入後のご相談やアドバイスもしているそうです。

子猫の引き渡し時には、一通り飼育方法は説明し、フードの好みなどもお渡しの際にお伝えしているそうです。

最後に渡瀬かなえブリーダーからのメッセージをお伝えさせていただきます。

「エキゾチックヘアは大人しく飼いやすいので、初めて猫を飼う方にも飼いやすい猫です。見た目や性格は本当に癒やされます。

そして飼う様になったら病気や怪我になる日も来ます。例えばご飯を食べるとエキゾチック汁という茶色い涙が出たりします。大抵の病気は問題がありません。まずは落ち着いて2,3日は様子を見て下さい。

小さい事に大きく慌ててしまうと、その不安が猫ちゃん達にも伝わってしまいます。ご主人自体が猫ちゃんにとって安心できる場所にしましょう。」とのことです。

エキゾチックヘアは大人しく飼いやすいので、初めて猫を飼う方にも飼いやすい猫です。見た目や性格は本当に癒やされます。

そして飼う様になったら病気や怪我になる日も来ます。例えばご飯を食べるとエキゾチック汁という茶色い涙が出たりします。大抵の病気は問題がありません。まずは落ち着いて2,3日は様子を見て下さい。

小さい事に大きく慌ててしまうと、その不安が猫ちゃん達にも伝わってしまいます。ご主人自体が猫ちゃんにとって安心できる場所にしましょう。

とのことです。

新しい子猫を迎えたい、大分県豊後高田市の近隣に住んでいる方は渡瀬かなえブリーダーにお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です