【黒滝裕美ブリーダー】おすすめブリーダーの紹介|トイプードル【北海道札幌市】

【黒滝裕美ブリーダー】おすすめブリーダーの紹介|トイプードル【北海道札幌市】

今回は、北海道札幌市周辺で評判のトイプードル専門ブリーダーである「黒滝裕美(くろたきひろみ)ブリーダー」の取材をさせていただきました。

札幌市は人口約200万人の北海道の県庁所在地で、観光スポットやイベントが多く開催される人気の観光都市です。

交通機関や商業施設など、充実した都市機能と豊富な自然が、住む場所としても人気の街です。

この記事では、北海道札幌市で活動している黒滝裕美ブリーダーさんにお話を伺ってきました。

札幌市でペットをお探しの方や、トイプードルに興味がある方はぜひ最後までお読みください。

コロナ渦でのペットブームについて

コロナ渦でのペットブームについて

現在、ペットの購入や、飼育が増えてきているのはご存知でしょうか?

いわゆる「ペットブーム」が再来しています。長引く新型コロナウイルスの影響によるおうち時間の増加や自粛生活のストレスから、生活に癒しを求めてペットを飼う人が増えているのです。

ペットショップでは、子犬・子猫の販売頭数が昨年の2倍に増えたというニュースも多く目にする機会がありました。

しかしその一方で、安易に飼った結果として、「テレワークだから自宅にいたものの、解消されて出勤しなければならなくなってしまったので面倒が見られない」「飼ってみたら、飼育が意外と大変だった」「コロナ渦で経済事情が悪化してしまって金銭的に買うのが難しくなった」等の理由で、購入してすぐに動物愛護団体に引取りを依頼したり、放棄・遺棄されてしまう犬・猫が急増しています。

動物愛護法の改正などの取り組みが進む一方で、命がある動物を軽い気持ちで迎え入れる人や、アクセサリー感覚で扱う人が多いのもまた事実です。

しかし、お迎えを検討している犬種の特徴や、自分の生活スタイルとその犬種が合っているかの確認、何かイレギュラーな事態(例えば愛犬が急に病気になってしまった等)が起きた時にも対応できるか、金銭的に余裕はあるか、購入する前に、きちんと事前に調べて知識をつけておけば、ペットを飼うことで生活に癒しが生まれたり、家族として飼い主を守ってくれるというような幸せな未来が待っていることでしょう。

命を預かり育てていくということは、「かわいい」だけでは到底不可能です。

何が起きても、一生涯付き合っていけるか、手放さずに育てていけるか考えて決意するようにしましょう。

そして取材させていただいた黒滝裕美ブリーダーは、取り扱い犬種が飼い主さんに合っているかのアドバイス、しつけや購入後のアフターフォローをしてくれる優良なブリーダーになります。

札幌市のトイプードル専門の黒滝裕美ブリーダーについて

札幌市のトイプードル専門の黒滝裕美ブリーダーについて

北海道札幌市周辺で活動している黒滝裕美ブリーダーですが、トイプードルを専門に取り扱っているブリーダーになります。

黒滝裕美ブリーダーはスタンダードタイプよりマズルの短いドワーフタイプのトイプードルを育てています。

テディベアのような大人になっても子犬のような愛らしい姿が特徴的です。

ティーカッププードルやタイニープードルなどが好きな方にはおすすめです。

マズルとは

口のまわりから鼻の先端までのことを指し、犬のしつけなどに効果的とされているマズルコントロールという方法などがあります。わかりやすくすると顔から棒状に飛び出している口と鼻の部分です。

ブリーダー概要

動物取扱責任者黒滝裕美
動物取扱業登録番号札健動セ登録第173号
登録年月日平成18年12月12日
有効期間の末日令和3年12月11日
所在地北海道札幌市北区拓北3条3丁目1-8
連絡先TEL 080-3179-8453
MAIL naaaaan.123@icloud.com

ブリーダー職を選んだ経緯

ブリーダー職を選んだ経緯

取材の際に、ブリーダーという仕事を選んだ経緯を聞かせていただきましたので紹介します。

まだブリーダーではなかった頃に、たまたま訪れたホームセンターで行われていたイベントにいたアメリカン・コッカー・スパニエルに旦那さんとともに一目惚れ。

ペットとして飼い始めてからアメリカン・コッカー・スパニエルのブリーダーさんと親しくなり、育て方やブリーダーのことなど様々なことを教えてもらううちに、どんどんブリーダーに興味を持つようになりました。

ブリーダーになってからはたくさんの犬種を取り扱っていましたが、現在はトイプードルを専門としています。

ブードルブームの初期の頃、ロシアのチャンピオン直子の子に一目惚れをしてからは、プードルに魅了され現在までたくさんのプードルを育ててきました。

自分が考える最もかわいい子を目指して、日々研究しています。

黒滝裕美ブリーダーは生涯家族の一員として可愛がり面倒を見てくれる方に飼ってほしいと話してくださいました。

チャンピオン直子(ちょくし)とは

犬の血統団体が純粋犬種の保護や普及、育成などの目的で、定期的にドッグショーが開催されています。

スタンダードが理想的な姿と定められており、優れた成績を修めた犬は「チャンピオン」と呼ばれます。このチャンピオンの子どもが「チャンピオン直子」ということになります。

チャンピオンとしてスタンダードの理解のある飼い主が大切に育ててきたという証明になるので、ショップなど購入する前の指標のひとつになるでしょう。

トイプードルの特徴

黒滝裕美ブリーダーが取り扱っている犬種を飼育する際のポイントや犬種の特徴等を直接伺ってきました。これから購入や飼育をしようと思っている方には必見です。

トイプードル

明るく温厚で賢い子が多く、とても活動的で運動神経抜群です。

性格もフレンドリーで、家族以外の人やほかの犬種とも友好関係を築くことが得意な犬種です。

散歩やドッグカフェ、ドッグランに連れて行っても、問題なく過ごせる子がほとんどです。

全犬種の中で最も頭がいいとされる「ボーダーコリーの次に頭がいい犬」と言われています。

そのため、しつけもすぐに覚えてくれるので、初めて犬を飼う人にとっておすすめの犬種といえるでしょう。

また、甘えん坊の子が多く、飼い主さんが大好きになる傾向があります。

そのため、長時間お留守番をさせるとストレスをためて、物をかじるなどのいたずらをすることもあります。

お散歩は好みによるので、好きな子は連れ出してあげましょう。

ただし休む時間は十分に与えて、遊ぶ時間とメリハリをつけるようにしてください。

ずっと構ってしまうとそれがストレスになり食欲不振になることもあるので、休める場所を確保し、ゆっくり休ませてください。

ティーカッププードルタイニープードル

トイプードルは小さいサイズに分類されますが、さらに一回り小さいサイズの子を「タイニープードル」、さらに小さいサイズの子をティーカッププードルと呼びます。

ブリーダーやショップによって異なりますが、一般的には以下のサイズで分類されています。

トイプードル 体高24~28cm 体重3kg前後

タイニープードル 体高20~27cm 2~3kg

ティーカッププードル 体高23cm以下 2kg以下

トイプードルの散歩量について

小型犬とはいえ室内だけでは運動不足になりがちです。

毎日30分程度の散歩が必要になってきます。

広い室内での運動が可能な環境の場合でも、気分転換や様々な物に触れて刺激を与えるために、外の空気を吸わせてあげるとストレスが溜まりにくいでしょう。

また、夏の時期のアスファルトは80℃くらいまで温度が上昇します。散歩をする場合は早朝や夜遅くのアスファルトの温度が低い時間帯にしましょう。

トイプードルの餌について

黒滝裕美ブリーダーの使用している餌はベッツ・チョイス・ジャパンのセレクトバランスです。

使用している理由は油分が少なく無添加であるからです。

油分の多い餌は体に蓄積されていくので、徐々に体を蝕んでいきます。

飼育環境

どの犬種でも共通することではありますが、季節ごとの温度管理は特に注意してあげるようにしましょう。

室温は25℃〜27℃で、湿度は50%以上が適温です。

乾燥はNGのため、温度だけではなく湿度も気にかけてあげてください。

フローリングなど滑りやすい環境の場合、床にマットを引いて頂いたり、滑り止めワックスを塗って頂いたりと足腰に負担のかからないような環境作りも必要です。

また、骨折しやすい犬種でもありますのでソファーや階段からの転落等の防止対策もしっかりしてあげましょう。

お手入れ方法

トイプードルはブラッシングなどの定期的なお手入れが必要です。

トイプードルのお手入れ方法をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

トイプードル

必要なケア用品は、以下になります。

  • シャンプー
  • スリッカーブラシ
  • コーム
  • 獣毛ブラシ
  • ブラッシングローション

トイプードルは、全身がカールしたシングルコートの被毛に覆われています。

ダブルコートの犬種と比べると抜け毛が少ないメリットがありますが、どこまでも毛が伸びるのでこまめな被毛のケアが大切です。

カールした巻き毛は手入れを怠ると毛玉ができてしまいます。

ただの毛玉と油断していると、皮膚疾患を招くこともあるので要注意です。

トイプードルの被毛を清潔に保つため、月に1度のトリミングサロンの中間を目処に、シャンプーをしてあげましょう。

シングルコートとダブルコートとは?

犬の被毛は下毛(アンダーコート)と上毛(オーバーコート)の二重構造になっています。

オーバーコート

表面に生えている硬い被毛です。紫外線や刺激から地肌を保護してくれる効果があります。

アンダーコート

オーバーコートの中に生えている柔らかい被毛です。保温効果があり、季節に合わせて増えたり減ったりするのが特徴です。

ダブルコートの犬達の場合、寒くなる秋口にこのアンダーコートが生えてきて、暖かくなる春先に下毛アンダーコートが抜けていきます。

シングルコートの犬達の場合、アンダーコートが多く発達していて、オーバーコートはほとんどなく、換毛期にも抜け毛が少ないのです。

黒滝裕美ブリーダーの見学予約方法

黒滝裕美ブリーダーの見学予約方法

札幌市で活動している黒滝裕美ブリーダーは一般家庭の為、見学や購入を希望する場合は、事前に見学のご予約をお願いしているそうです。

空いていれば当日でも可能とのことですが、必ず事前に予約が必要です。

電話、メール、Instagramから予約が可能です。

アクセス

北海道札幌市北区拓北3条3丁目1-8

学園都市線拓北駅から徒歩で約10分

札幌して活動中の黒滝裕美ブリーダーの実際の評判は?

札幌して活動中の黒滝裕美ブリーダーの実際の評判は?

黒滝裕美ブリーダーから実際にペットを購入した方の口コミ・評判を紹介します。

口コミ1

今回、黒滝裕美ブリーダーのおかげで、我が家にとても小さく可愛い女の子をお迎えしました。

とても丁寧親切に対応して下さり、飼育するにあたり細かく教えていただき安心して迎える事が出来ました。信頼のできるブリーダーさんです。

ご縁が結んだ可愛い子を大切に育てて行きたいと思います。

黒滝裕美ブリーダーはとても信頼の出来るブリーダーさんで、いろいろと相談にのっていただきました。

見学に伺った時のわんちゃんはみんな人懐っこくて、ブリーダーさんの愛情をいっぱいうけて育っているのを感じました。

とてもかわいいトイプードルが家にきて、毎日楽しくなりました。

黒滝裕美ブリーダーには大変感謝しております。ありがとうございました。

口コミ2

黒滝裕美ブリーダーのおかげで、愛犬のトイプードルと巡り会えたことに感謝しています。

小鳥のようにさえずり、尻尾フリフリ家中駆け回るその姿に皆癒されてます。

黒滝裕美ブリーダーとは家も近いですし、今後も末永くお付合いさせていただきたいと思っています。本当にありがとうごさいました。

口コミ3

子犬の見学日時をこちらの都合で急遽変更していただき、また見学時には親切に説明や質問に答えていただきありがとうございました。

黒滝裕美ブリーダーの子犬への愛情をたくさん感じることができました。

可愛い子犬のトイプードルを出会うことができて、大変感謝しております。

大切に家族の一員として育ててまいります。

実際に調べた黒滝裕美ブリーダーの評判では、「愛情を持って大切に育てられたのが伝わってきた」「初めて飼う人にも親身になってくれた」「見学時の対応がとても信頼できる」というような評判通りの口コミが多かったのが印象です。

トイプードル専門ブリーダーの黒滝裕美の取材を終えて

トイプードル専門ブリーダーの黒滝裕美の取材を終えて

今回は札幌市でトイプードルを専門に取り扱っている黒滝裕美ブリーダーを取材させていただきました。

取材や口コミを通して黒滝裕美ブリーダーがトイプードルにかける想いの強さを思い知らされました。

理想の可愛さを追求し、愛情を持って育てることの大切さがわんちゃんたちから伝わってきます。

大人になっても小さい子犬のような愛らしさを残しているわんちゃんばかりなので、タイニープードルやティーカッププードルが好みの方には、ぜひ一度見学に来ていただきたいと思います。

犬を買うのが初めての人やアレルギ-のある方にもおすすめの犬種ではありますが、アレルギー検査を受けた上で最後まで責任が持てる方以外にはお渡しはできないと、犬のことを一番に考えお断りする場合もあります。

一緒に住んでいる家族全員と話し合い、全員が家族として協力して育てていける状態を目指しましょう。

気になる子犬がいる、これから犬を飼おうと検討している方は、黒滝裕美ブリーダーにお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です