【佐野市】おすすめのサッカースクールご紹介|アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクール【評判】

記事公開日:2021年02月23日
記事更新日:2022年01月31日

今回は栃木県佐野市に拠点を置く「アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクール」を取材させていただきました。

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールには5人の指導コーチがいるのが特徴で、子どもたちがさまざまな技術を取得できるサッカースクールだと感じました。

佐野市に住んでいる方には間違いなくおすすめできるサッカースクールです。

佐野市で「サッカースクール」に興味をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

Contents

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクール

佐野市サッカースクールおすすめ

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールは、以前はプログレッソ佐野FCとフットエナジーが共同で運営するサッカースクールでしたが、2021年10月に「Associe PARK(アソシエパーク)」に移転しました。

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールは、「現代のサッカーの逆をいかないと上手い選手にはなれない」という考えのもと、1人1人の個性を活かしたプレーを大切にし、子どもたちのさらなるレベルアップを図っています。

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールの概要

スクール名アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクール
URLhttps://progresso-sc.webnode.jp/
練習コートAssocie PARK(アソシエパーク)
設備人工芝コート(ゴムチップ入り・ロングパイル人工芝)、クラブハウス、男女シャワールーム・更衣室、トレーニングルームなど
住所〒327-0842
栃木県佐野市奈良渕町316
アクセス・東武佐野線:堀米駅より徒歩11分
・佐野スマートICより車で15分
対象地域佐野市・足利市
ユニフォーム練習用ユニフォーム上着(希望者のみ)
対象年齢年中・年長~小学6年生
無料体験あり・随時実施中
運営会社NPO法人プログレッソスポーツクラブ
〒327-0843
栃木県佐野市堀米町614-8
TEL:090-1058-9294
メール:progresso@herb.ocn.ne.jp

佐野市にサッカースクールを立ち上げた理由

子どもの習い事上位に上がるサッカーですが、なぜ佐野市でサッカースクールを始めることになったのかを今回の取材でお聞きしてきました。

プログレッソ佐野の立ち上げとフットエナジーフットサルコートが完成したのは、ちょうど同じ時期だったそうです。

フットエナジーフットサルコートができた当初、立ち上げたばかりのプログレッソ佐野の現場スタッフが足りていない状況だったため、フットサルのクラブ活動と並行でプログレッソ佐野の手伝いを始めたところ、当時のマネージャーが辞職されることに。

そこで、プログレッソ佐野のオーナーと業務提携を組んで、フットエナジーフットサルコートでも活動をすることを決め、プログレッソ佐野とフットエナジーの共同で行う「プログレッソ佐野フットエナジーサッカースクール」を開校することになったそうです。

そこから2021年10月に、新たなグラウンドが完成し「アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクール」として、移転・開校となりました。

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールの理念

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールにはいくつかの理念があります。

そこで今回は取材したアソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールの3つの理念を紹介します。

個人のテクニックとパスワークの融合・ボールコントロールのこだわり

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールの理念の1つとして、「個人のテクニックとパスワークの融合」と「ボールコントロールの向上」があげられます。

子どもたちは成長するにつれて、身体の作りも異なってきます。

そのため、小さい頃には出なかったパワーやスピード、キック力は、年齢を重ねることに自然とある程度まで身についてくるものです。

しかし、サッカーをするうえで大切なテクニックやボールコントロール力は、練習を積み重ねなければ絶対に身につくものではありません。

特にサッカーのテクニックはプレゴールデンエイジ世代である14歳以下で1番身につくものだと、世界的有名なサッカー指導者たちも断言しているほどです。

サッカーを観戦するとき、皆さんは代表チームの試合やJリーグの試合観戦では選手のテクニックやスーパープレー、美しいパスワークを期待していることも多いでしょう。

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールでは、そんな「プログレッソ佐野のサッカーは観ていて楽しい」とワクワクした観戦を行ってもらえるようなチームを目指しています。

そのためにも、子どもたちの個人のテクニックとパスワークの融合・ボールコントロールにこだわった指導を行っています。

オフ・ザ・ピッチへのこだわり

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールでは、オフ・ザ・ピッチにもこだわっています。

そもそもオフ・ザ・ピッチとは、フィールドから離れた状態、サッカーをしていない時のことを指しています。

サッカーは紳士のスポーツとも呼ばれており、フィールド上でベストを尽くすことは選手として当たり前のこと、フィールドから離れたオフ・ザ・ピッチで挨拶ができない人や礼儀を正せない人は、フィールド上でも優れたパフォーマンスはできないとされています。

つまり、サッカーでは、オフ・ザ・ピッチこそが重要で、オフ・ザ・ピッチで紳士的な行動をとれる人だけが将来的に一流のサッカー選手になれると考えられています。

そのため、サッカーをする上で、オフ・ザ・ピッチは非常に大切であり、子どもたちには挨拶や返事、礼儀や後始末、勉強や生活習慣といったことをしっかりと身に着けさせることが必要です。

そこで、アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールでは、サッカーを通じて人間性を高めて欲しいと考え、サッカーに限らず、挨拶や返事・後始末などを身に着けさせる指導を行っていきます。

例えば、サッカースクールを開いていない時間帯は2階のサロンで子どもたちと一緒に宿題を行うなど、サッカー以外にも全力で取り組める環境づくりをしています。

いつでも相談に帰ってこられるクラブチーム

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールでは、子どもたちの悩みをいつでも聞くことができるように、子どもたちとのコミュニケーションを積極的に行っています。

そして、アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールでは今スクールに通っている子どもたちだけでなく、子どもたちがサッカースクールを卒業した後も、悩みを抱え、何かしらの壁にぶつかったときには、いつでも相談に帰ってこられるクラブチームを目指しています。

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールの指導者プロフィール

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールの指導者を紹介します。

片原 正郎

片原コーチは、広島県出身です。B級ライセンスを取得し、ウニオンサンジョンECでは、ロベルト・カルロス(元ブラジル代表)とチームメイトとしてサッカーをプレーした経験を持っています。

選手経歴
  • 広島フジタSCユース
  • 単身でブラジルへ渡り、プロテスト合格
  • イトゥアーノEC(サンパウロ1部)→インテルナッショナルEC(サンパウロ1部)→ ピラジュFC(サンパウロ3部)
  • ケガのため、現役引退
指導歴
  • 引退後、クルゼイロEC(ミナスジュライス1部)で指導研修 ・帰国後、ペドロロッシャ(元・京都サンガ監督)、シルバ(サンパウロFCU-15監督)と全国でサッカースクールを実施し、デモンストレーター兼通訳として活動
  • ブラジルフットサルセンター(群馬)呑竜FC U-12で指導
  • NPO法人プログレッソスポーツクラブ理事長
  • 栃木県クラブユース連盟理事
  • 元栃木県トレセンスタッフ
  • フットエナジー統括部長
  • アソシエグループ わたらせインターナショナル(株)取締役社長

庭山 裕亮

庭山コーチは、栃木県出身です。指導経験が豊富で、技術指導面で高い評価を得ています。

佐瀬 充輝

佐瀬コーチは栃木県出身です。指導者としての経験も豊富で、丁寧な指導のできるコーチとして知られています。

選手経歴
  • プログレッソ佐野スクール
  • 佐野日大高校
  • 上武大学
  • 図南群馬SC
指導歴
  • 佐野日大高校コーチ
  • プログレッソ佐野

新井 一弘

新井コーチは東京都出身です。分かりやすく丁寧な仕事ができるコーチとして知られています。

選手経歴
  • 国学院久我山高校
  • びわこ成蹊大学
指導歴
  • 元栃木県トレセンスタッフ

藤井 靖

選手経歴
  • 国士舘大学
  • 町田ゼルビア
  • ヴェルディSS小山
  • JFAナショナルトレセンGKコーチ

片原 明美

コミュニケーションスキルの高いスタッフ!
試合、遠征の動画配信やSNS作成などを担当しています。

峯 哲人、丸山 重、國森 敬大、

  • 審判員
  • 栃木県クラブユース連盟審判部
  • 佐野市サッカー協会レフリースタッフ

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールの練習場

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールは、栃木県佐野市奈良渕にある「アソシエパーク(住所:栃木県佐野市奈良渕町316)」で練習を行っています。

毎週スクールの予定が組まれており、土日は試合や

他にも、トレーニングルームやシャワー室、リラックススペースなども揃っており、プレー後のクールダウンも行えます。

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールのクラス分け

佐野市サッカースクール練習

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールには、年中・年長を対象としたクラスから小学6年生を対象としたクラス、また女子向けクラスまであります。

子どもたちの身体やスタミナなどは年齢に応じて異なることから、2学年単位ごとにクラス分けが行われています。

U-6クラス

U-6クラスは年中・年長を対象としたクラスです。まだ幼い4~6歳の子どもたちには、ボールに触れあうことを中心に指導を行っています。

例えば、ボールに慣れながらサッカーで使う身体の動き方を学んだり、サッカーの基本ルールを遊びながら覚えたりと、サッカーの楽しさを知ってもらうことを大切にしています。

U-8クラス

U-8クラスでは、小学1年生・2年生を対象としたクラスです。U-8クラスからはボールの操作テクニックを習得することを目的とした、指導を行っていきます。

U-8クラスではサッカーにより慣れ親しんでいき、サッカーの基本を学ぶと共に他の子どもたちとサッカーを楽しむ、チームプレーの大切さを一緒に学ぶことを大切にしています。

U-10クラス

U-10クラスでは、小学3年生・4年生を対象としたクラスです。U-10クラスではサッカー技術のさらなる充実を図るだけではなく、チームプレーの大切さを一緒に習得していきます。

また、徐々に身体が作られ始める小学3年生・4年生では、体力と運動能力の向上を目指したトレーニングも行っていきます。

U-12クラス

U-12クラスは、小学5年生・6年生を対象としたクラスです。U-12では更なる体力と運動機能の向上を目指したトレーニングを始め、チームプレーを考えながら、1人1人のテクニックを伸ばすことを目的としています。

U-12クラスでは個人のサッカーの適性を見ながら、これからのサッカーに向けて適切なポジションを模索していきます。

なでしこ(女子)クラス

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールでは、男子だけではなく、女子向けのなでしこクラスが設けられています。

なでしこクラスは、小学生から社会人と幅広い年齢を対象としており、サッカーの基礎を中心として、楽しく指導を行っています。

もちろん、和気あいあいとした雰囲気でプレーをするだけではなく、妥協しないトレーニングも行っていきます。

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクール練習スケジュール

佐野市サッカースクール練習風景

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールは、基本的に月曜日、木曜日に開かれていて、月間4回の参加となります。

以下はクラス別の練習スケジュールです。

クラス曜日時間コース
U-6
年中/年長
木曜17:00~17:50(50分)週1回
U-8
小学1/2年生
月曜・木曜17:00~18:30(90分)フリー
U-10
小学3/4年生
月曜・木曜18:30~20:00(90分)フリー
U-12
小学5/6年生
月曜・木曜18:30~20:00(90分)フリー

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールの料金

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールは、クラスごとに料金が異なります。

クラス月謝入会金年会費
(スポーツ障害保険含む)
U-6
年中/年長
¥1,500¥0¥0
U-8
小学1/2年生
¥5,500¥3,000¥5,000
U-10
小学3/4年生
¥5,500¥3,000¥6,000
U-12
小学5/6年生
¥5,500¥3,000¥7,000

ただし、初年度の年会費は月割りとなります。また、兄弟・姉妹が入会する場合、入会金と年会費は上のクラス1名分のみになります。

別途、希望者には練習用ユニフォーム代(上のみ)が¥4,500かかります。

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールの無料体験申し込み方法

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールでは、無料体験を随時実施しています。

持ち物は基本的に動きやすい服(練習用ユニフォームは希望者のみ¥4,500)、靴、飲み物、すねあて、着替えなどが必要です。

入会後はボールをネットなどに入れて持ってくる必要がありますが、無料体験ではボールはスクール側が用意しているため、持参する必要はありません。

無料体験希望の方はNPO法人プログレッソ・スポーツクラブに電話やメール、または直接スクールに行くなどして、お気軽にお問い合わせください。

Tel:090-1058-9294 Mail:progresso@herb.ocn.ne.jp

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールの強み・特徴

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールを取材させていただき、このクラブの強みと特徴を教えていただきました。

魅せて勝つ技術を学べる

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールでは、「ただ勝つだけではつまらない。サッカーはエンターテイメントである」という考えのもと、魅せて勝つということを大切にしています。

エンターテイメントとして子どもたちのプレーが観客を楽しませるよう、魅せて勝つための技術をこのサッカースクールでは学ぶことができます。

特に片原コーチにしかできない特別スクールである「ドリテクスクール(ドリブルテクニックスクール)」は金曜日に行われており、ブラジル3部で選手として活躍していた経験をもとに子どもたちに魅せるプレーを指導しています。

また、プログレッソ佐野の選手や近隣チーム選手の参加が多く、学校以外の子どもたちとつながることで、切磋琢磨できる環境を作っています。

クラブチームとなると親御さんの送迎や当番などが必須となるチームも少なくありません。

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールの卒業生進路

アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールは年中~小学生を対象としたクラス編成のサッカースクールですが、多くの子どもたちはプログレッソ佐野や近隣チームの選手が参加しています。

子どもたちの卒業進路としては、以下のようなところがあります。

栃木県・佐野日大高校
・栃木高校
・小山南高校
・小山西高校
・小山高専
・小山高校
・国学院栃木高校
・宇都宮白楊高校
・足利大付属高校
・白鴎足利高校
・佐野高校
・佐野東高校
・佐野松桜高校
・青藍泰斗高校
・足利工業高校
・栃木SCユース
青森県・青森山田高校
・青森工業第一高校
秋田県・ノースアジア明桜高校
宮城県・聖和学園高校
新潟県・新潟西高校
群馬県・前橋育英高校
・常盤高校
・館林高校
・伊勢崎商業高校
・桐生第一高校
・西邑楽高校
・館林商工高校
・共愛学園高校
・樹徳高校
・太田工業高校
・ザスパクサツ群馬ユース
埼玉県・昌平高校
・花咲徳栄高校
茨城県・鹿島学園高校
長野県・松本国際高校
・東京都立大学塩尻高校
静岡県・清水桜が丘高校(※旧:清水商業高校)
・静岡学園
・清水エスパルスユース
滋賀県・野洲高校
高知県・高知中央高校
長崎県・長崎総科大学附属高校

取材を終えて

片原様は、本場ブラジルで選手として活躍された経験を持ち、あの悪魔の左足と称された「ロベルト・カルロス」ともチームメイトだったそうです。

ブラジルでの経験を元に、「ただ勝つだけではつまらない。魅せて勝つことに繋がる技術を会得する。」このことを学んだそうです。

そして縁がありこの佐野市で活動を始められて、芯がブレないように教えていくことを中心に指導されていました。

ドリブルスクールでは、手本として見せてから、子供たちは限られた時間の中でプレーをしていました。

練習でミスするのは当たり前です。

どんどんチャレンジしていくなかで、得られるものは大きいと思いますし、お手本となるコーチの方が常にそばにいるので、わからなければ「聞く、見る、する」これが成り立っているのが、見ててわかりました。

ドリブルでこそ、魅了するプレーの醍醐味だと感じております。

この環境でしっかりと技術を学ぶことによって、そのまま中学生チームに上がり、数多くの有名校やJユースチームへも輩出しております。

遠方から時間をかけて通うお子さんもいるくらい、アソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールへ通うことには意味があると思います。

小学生年代で学べることは山ほどあります。

サッカーを通じて、礼儀を伝えることも意識していました。

是非一度体験の問い合わせをしてみてください。

栃木県佐野市とは

栃木県佐野市

補足として、今回取材させていただいたアソシエ・プログレッソ佐野サッカースクールのある「佐野市」について紹介します。

買い物しやすい環境

佐野市は「佐野プレミアムアウトレット」があることで知られ、県内外から多くの人が訪れる市でもあります。

アウトレット施設には有名ブランドだけではなく、キッズ用のお店や飲食店も充実しているため、子連れで訪れても十分楽しめることができます。

また、佐野市内はアウトレット以外にも大型商業施設やスーパーなども多数あり、食品や日用品などの生活雑貨の買い物に困ることはありません。

郊外に行くと新鮮な野菜が買える道の駅もあるので、美味しい野菜を食べることができるでしょう。

自然が身近にある環境

佐野市は市の北部に行くと、唐沢山や安蘇山(あそやま)、三毳山(みかもやま)といった山々が広がっており、大自然を身近に感じることができます。

佐野市は都会すぎず、田舎過ぎないバランスの取れた街であるため、美しい自然のある環境でのびのびと子育てをするのに適しています。

子どもに関する支援が充実

佐野市は特に子どもに関する支援が充実していることから、子どもを育てやすい街としても知られています。

例えば、中学3年生までの子どもに対して医療費(自己負担分)は市が助成をしてくれます。

子どもの医療費は所得制限がかかる場合が多いですが、佐野市では所得制限がなく、すべての子どもに平等な支援を行っています。

また、妊産婦健診だけではなく、他の医療費も助成しており、健康保険が適用になる診療を受けた場合は市が自己負担分を助成してくれるため、妊婦さんにも優しい街です。

さらに第3子以降は1人つき10万円の支給や3人目以降のお子さんは保育料免除、未熟児の養育医療給付、不妊治療・不育症治療費の助成なども行っています。

都会へのアクセスが良い

佐野市は電車やバスが通っているものの、本数が限られていることから都会に比べて交通の便が良いわけではなく、どうしても車社会となってしまいます。

しかし、佐野市には東北自動車道と北関東自動車道が交差する位置にあるため、市内には3つのインターチェンジがあり、比較的、都会へのアクセスが良い環境にあります。

栃木県の最南部に位置する佐野市は都心から70km圏内にあり、東北自動車道の浦和ICから佐野藤岡ICまでは約30分でアクセス可能となります。

映画やドラマの舞台・ロケ地にも

佐野市は「佐野フィルムコミッション事業」によって、有名な映画やドラマの舞台・ロケ地にも選ばれています。

例えば、ドラマでは「テセウスの船」や「直ちゃんは小学三年生」、映画では「小説の神様 君としか描けない物語」や「犬鳴村」、「蜜蜂と遠雷」、「青夏 きみに恋した30日」といった有名な作品で佐野市が取り上げられています。

佐野市の中を散策していくことで、映画やドラマの撮影ロケ地を目にすることができるでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です