HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

【スワップ投資】531日目報告|下手くそでも勝てるFX【サラリーマンの味方】

スワップで安定収入を得ることは可能なのか!?実践中

こんにちは。ナビオです。

スワップの資産運用を主体としつつ、RCIとピンバーを使ったトレードで微益を積み重ねています。開始資産は200万円。531日目にして198回目の報告です。スワップについての詳細な説明は、以下のサイト様をご参照下さい。とてもよく書かれています。

スワップとは? | 基本的なFX用語 - FX初心者の外為入門

 

※WARNING

このブログは情報発信やHowTo系の記事とは違い、日記と備忘録を兼ねたものなので、あなた様にとって無価値かもしれません。時間の無駄になる可能性もございます。予めご了承ください。

 

0日目報告はこちら


為替記事一覧はこちら


 

 

やり方

  • 低レバエントリーで1日数円のスワップをいっぱいもらう。
  • 200万で2.4lot400万で4.8lot。のような感じでポジションを増やす。
  • 証拠金維持率は1500%以上を死守
  • 毎月なるべく資金追加する。
  • 利益が出ても決済はほとんどしない。
  • あくまでも目的はスワップ運用。
  • つまりトレードによる損益はあまり気にしない。
  • 暴落はお宝ポジションのエントリーチャンスだから積極的にポジる。
  • というか暴落待ち。
  • 最終目標は毎日3千円。毎月9万円のスワップ
  • 仕事を辞める訳ではないので、9万円もらえれば超満足

--2019年8月13日にやり方を少し修正しました--

やり方というかルールはこんな感じです。結構なゆるさですが、厳しいルールだとFXそのものが楽しくなくなってしまいそうなので、ある程度適当な内容でやっていきます。楽しむことが勝つ(運用の)秘訣だと信じています。最終着地は現金5千万円+毎日3千円のスワップを子供に相続出来ればいいなと。名義が違うから無理なのかな...?

 

 

資金とLot数と目標スワップ

資金を増やしつつLotも増やします。証拠金維持率は2000%をなるべくキープ。最悪でも1500%まで。以下、その年の目標資産目標ポジション数年間の獲得スワップ目安です。その年の目標資産はスワップやトレードによる増加を考慮していません。あくまでも資金追加によるものです。

※0.1Lotあたりスワップを5円で計算しています。

 

2019 資産390 (突破!!)

3Lot  150×365日54,750スワップ獲得

 

2020 資産630 ←現在ココを目指しています。

5.6Lot  280×365日102,200スワップ獲得

 

2021 資産870 

8.3Lot  415×365日151,475スワップ獲得

 

2022 資産1110 

11.1Lot  555×365日202,575スワップ獲得

 

2023 資産1350 

14Lot  700×365日255,500スワップ獲得

 

2024 資産1650 

16.9Lot  845×365日308,425スワップ獲得

 

2025 資産1890 

19.7Lot  985×365日359,525スワップ獲得

 

2026 資産2130 

22.6Lot  1,130×365日412,450スワップ獲得

 

2027年 資産2370 

25.5Lot  1,275×365日=465,375スワップ獲得

 

2028年 資産2610万 

28.4Lot  1,420×365日=518,300スワップ獲得

 

2029年 資産2850 

31.3Lot  1,565×365日=571,225スワップ獲得

 

2030年 資産3090 

34.2Lot  1,710×365日=624,150スワップ獲得

 

2031年 資産3330 

37.1Lot 1,855×365日677,075スワップ獲得

 

2032年 資産3570万 

40Lot  2,000×365日730,000スワップ獲得

 

2033年 資産3810 

42.9Lot  2,145×365日782,925スワップ獲得

 

2034年 資産4050万 

45.8Lot  2,290×365日835,850スワップ獲得

 

2035年 資産4290 

48.7Lot  2,435×365日888,775スワップ獲得

 

2036年 資産4530 

51.5Lot  2,580×365日941,700スワップ獲得

 

2037年 資産4770 

54.5Lot  2,725×365日994,625スワップ獲得

 

2038年 資産5010 

57.4Lot  2,870×365日1,047,550スワップ獲得

 

最終2039年 資産5010万変わらず

60Lot  3,000円×365日=1,095,000

※2040年になるまでに獲得するスワップの合計は10,924,450円ぐらいになる。はず

 

 

 

報告

現状はスクショで報告。 

FXスワップ運用

2020年6月8日現在の状況 + リザルト

YJFX資産:3,260,496円 △260,496円

FX経過日数:531

FXによって資産が260,496増えた。嬉しい。

スワップ86,033円増やした)

(トレードで174,463円増やした)

※YJFX開始資産:2,000,000円

※YJFXへの資金追加:1,000,000円

 

コメント 

週頭なので現在のポジションをTwitterに投稿しました。

 

6月はロケットスタートを切って無敗のまま1000pips獲得しました...こんなことあるもんですね。2000pips獲得目指して頑張ります。

証拠となる約定履歴をその都度あげてると流石に鬱陶しいと思うので月初にアップします。金額もミクロなわけですし^_^;

累計のプラスが26万を突破しました。夏明けには30万になっていることでしょう!

 

アーモンドアイの単勝

話変わりまして、競馬の話ですが、G1安田記念にてアーモンドアイが負けましたね。競馬カテゴリのどこかで1倍台の馬がいるときは回避推奨という記事を書きました。

その馬に予想が引っ掻き回されるためです。オッズを考慮せずに予想出来たとしても、ミニマムの配当を確認するとあまりにも低いため、買い目を変えてしまう。など。

本末転倒です。当てやすいように見えて当てにくく(外れる方向に自ら動く)なっています。

 

Twitterを見ると給付金をアーモンドアイの単勝に入れた方が多いようで、とても推奨できる買い方ではありません。100円でも10万円でもお金はお金。孫子の兵法が如く勝てる試合以外はするべきではないのです。今回、アーモンドアイの単勝に突っ込んだ方は勝てる試合と踏んで購入したのでしょうけど、おそらく勝てる試合の定義付けが出来ていないかと。

定義付けは難しいですが、負けた時の敗因を予測すると自ずと出来上がってきます。今回は

1.良馬場ではなかった

2.中2週のローテーションは初だった

3.前走の安田記念も負けている

この3つです。負けた今だから言えることではなく、レース前から負けた時に考えられる敗因です。前走のヴィクトリアマイルと比べるとそれは明らか。突っ込むならヴィクトリアマイルだったわけです。

 

パチンコスロット、競馬、FXに取り組んだ感想を簡単に書きます。

・パチンコスロット

アンフェア。非効率的。主催側が有利すぎるため投資という観点では無価値です。娯楽として低レートでやる分には良いが、お金と時間を使うに値しません。

 

・競馬

効率的に見えて非効率。リスクリターンは良し。競馬のレースそのものは数分で決着するため効率が良さそうに見えますが、リサーチに膨大な時間がかかります。また、出走直前の情報(馬体重、天候、馬場、騎手交代等)にも気を配る必要があり拘束されます。肝心のリターンは悪くないですが、控除率の壁が確実に立ちはだかるので常勝は困難。年数回〜数十回のビックチャンスをしっかりと拾うこと大事。ゲーム性としての問題点は「騎手のミス」「他馬からの影響」といった不運はプレイヤー側でどうにもならないことです。

 

・FX

効率的でフェア。リスクリターンはコントロール可能。圧倒的と言ってよいでしょう。取り組むに値する確実な価値があります。難しいように見られがちですが、競馬やパチンコもそれなりの知識が求められるので、覚えなければならない基礎知識量で言えば同じくらいかと。負ける金額も勝つ金額も全てコントロール可能で、時間的拘束もありません。世界のどこにいてもネットさえ繋がれば問題なし。強いてマイナス要素をあげるならば、日本時間の夜にマーケットが活発化する傾向にあること。

 

贔屓目なしにFXが最も優れています。お金を使ってお金を生み出すという意味ではこの3つしか取り組んだことがないので比較対象が少なく申し訳ありませんが、経験がないことを書くのは推測になってしまいますのでご容赦ください。

パチンコスロット = 遊戯

競馬 = 馬主もファンも勝ちにくい

FX = 投資

 

それではまた次回。

 

 

2019年スワップ投資まとめ


為替記事一覧はこちら