HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

競馬との距離を作る

ナビ男

お疲れ様です。

 

6月終わりに体調を壊してから、競馬に対する考えが少し変わってきました。布団で横になりながら、スマホ見続けるのも気持ち悪くなるし、本を読むと腕と肩が疲れてしまうので、目を閉じて深く考えるを繰り返していたのです。その影響もあってか7月は少しだけしか競馬をやってません。追いかけスタイルの馬券もポポカテペトルマウントロブソンしか購入しないんです。

 

 

競馬との向き合い方を改めて考える

好きな馬を追いかけ単勝を購入するスタイルは、金銭的にもエンジョイ的にも健全でありました。予想する時間もなく(購入金額も負け分から算出するので考える必要はない)出走確認をするだけでした。時間効率もいいし、何よりも楽しめています。かろうじて今年はプラス収支を保っているし不満という不満はないんです。ただ、唯一注文を付けるとすれば、購入してようがしてまいが土日のデイタイムを競馬にもっていかれてしまう。これです。今独身ですし、自分時間の確保は容易に行えるんですが将来的なことを視野にいれると競馬依存が強いのは後々自分の首を締めることに繋がりそうな気がしています。

 

競馬との距離感

皆さんは競馬との距離感はどうしていますか?私は、一週間の中で結構な割を競馬が占めています。

 

月曜:結果やニュース記事を見まくる

火曜:唯一気にならない日

水曜:重賞や開催レースを確認する

木曜:出走馬を確認する。注目馬の情報を集める

金曜:色々と競馬に支配される

土曜:play

日曜:play

 

ご飯食べてる時も、入浴中も、掲示板見たり競馬メディアを見たり。開催中はグリーンチャンネルで全レース垂れ流し状態です。これはこれで楽しいんで別にいいんですが、このままだと色々とまずいと思いませんか?競馬人の中でも依存度の高い人間だと個人的には思うんです。金銭的ではなく時間的に。買ってるレースしか見ない、気にならないって人も多いと思いますが、買ってなくても気になっちゃうんですよね。。。

 

 

 

そこで意図的に競馬との距離感を離そうと決意しました。具体的にどうするかは以下のとおりです。

 

 

1、追いかける馬を精査する

ダービーが終わって2ヶ月弱が経過しました。新馬戦も熱を帯びていて新しい時代が走り出したって感じです。私は現2歳〜古馬含めて30頭を追いかけていますが、一度精査して頭数を少し絞ろうと思います。1/3〜1/2くらいですかね。来年2月頃になるとクラシック戦線の影響で結局今と同じ頭数になる可能性が高いので、毎年宝塚ウィークにでも精査する機会を設けようと思います。とりあえず今回は今週の土日でそれを行おうと思います。

 

 

2、購入したレースだけに注目する

リアルタイムで見るのは購入したレースだけにして、後の全レースはハイライトとして結果だけを確認することにします。これで大きく時間を削減できます。

 

 

以上です。

確保した時間は、新しい何かに取り組んでみようと思います。まぁフリータイムって感じです。とりあえず本屋に行って何かを発見しに行ってきます。

 

大好きで趣味でもある競馬をこのような扱いをするのは自分的にもかなり気が引けますが、競馬関係の仕事をしている訳でもないのに四六時中競馬に支配されてしまってる現状を抜け出すためにテコ入れしてみます。

 

かと言って競馬をやめる訳ではないし、むしろ更に熱が入るかもしれません。時間という限られたものを有効に使うための策です。将来対策でもあります。生きていくって難しいですね本当に。

 

それでは(^ ^)