HONESTY

嘘はつかない。全て正直に書きます。

イケメンとは彼のことなんだろうな

音響式信号機

 

お疲れ様です。

 

仕事しているとやたらと集中力がきれてしまう時ありますよね。そういう時はブレイクしたり、ちょいとネットサーフィンしたり、ガムを買いに行ったりと皆さんそれぞれ対応してると思いますが、私の場合は大抵たばこを吸いに行きます。そのまま缶コーヒーを近くのスーパーに買いに行きます。マルエツです。Tポイントを貯めます。

 

5〜8分くらいで会社に戻るんですが、マルエツから会社までの間に小さな交差点があるんです。小さいんで1分くらいかな?すぐに信号は切り替わります。コーヒーを買って真夏の容赦ない日差しを浴びながら、だらしない顔で交差点に差し掛かると信号は赤でした。

 

そこの信号には大学生っぽいカップル。他数名が信号を待っていました。いつも通りのなんでもない交差点です。大学生カップルはこれからデートですかね?キャッキャッして楽しそうで「あぁ羨ましい」って声に出そうでした。出てたかもしれません。ほどなくして信号は青に切り替わりました。するとカップルのメンズが

 

「さぁ、青だ!進もう!」

 

って言ったんです。確かに青ですね。仕事に行こうかね。と思っていると、彼女が

 

「そんなの見れば分かるよww宣言したかったの?ww」

 

と。彼は「宣言したかったwww」と。後ろからそんな様子をぼけっと見ていると、私の斜め前には白い杖の男性が歩いていました。

 

 

絶対に近い可能性で、彼は白い杖の男性に青だということを伝えたと思うんです。だとしたら相当なイケメン【ハートイケメンこそがイケメンの最上位にいると確信した】であり、彼のような人間は意図せず有名になる資質を持った人間なんだろうなと感じました。多分、彼の気配りに気づいていたのは、杖の男性と私だけ。後から彼女に説明することも自慢することもないだろうし。若いのにすごい。

 

下手すれば一回りも歳の離れた彼。見習うしかないですよね。

 

最近、感謝することはあっても感謝されるようなことはしていないような気がして。だからといってやたらと親切するのもアレなんで、彼のようにニュートラルで対応出来るようにすこーーーしずつ気にしようと思いました。

 

誘導音響信号

「通りゃんせ」などの音楽から「ピヨピヨ」「カッコー」の鳴き声に変更されてきているようです。いくつかの理由から鳥の鳴き声への変更と新規設置が進んでいます。

東西に走る国道の信号が【青】に変わると「ピヨ」と鳴き、少し間を空けて反対側が「ピヨピヨ」と鳴き交わし、これが南北に走る国道になると「カッコー」「カカッコー」と鳴きます。

 

警察庁ではメロディー式よりも擬音式の方が誘導性が高いと分析し、実際に視覚障害者の半分以上が従来のメロディー式よりも横断方向の音が確認しやすいと評価したようです。

 

 

それでは(^_^)