読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナビ男の競馬録

惚れた馬とレースを共に。

複勝とワイドのオッズ範囲

複勝_ワイド_オッズの範囲_ナビ男の競馬録

自分が競馬を始めたころは「なんで2.2-4.3のように幅があるのか?」と考えたことはありましたが、しっかり調べたことはありませんでした。ただなんとなく、人気薄が馬券に絡めば高め、人気馬で決着すれば安めというように勘づいてはいました。同じように思っている方も多いのではないでしょうか?この仕組みを知って競馬人として1ランクアップです。何かで役にたつことがあるかもしれません。

 

日本競馬のシステム

まずは競馬がどのように成立しているか。日本競馬の配当は、ハズレ馬券の売上を的中馬券へ分配することで決定します。つまり胴元(主催)であるJRAは一定の割合を徴収し、残った金額を的中馬券に分配します。なのでJRAが負ける(利益無し)ことはまずありえません。詳細を割愛して、ざっくり言えば馬主への賞金や施設の整備費、社員への給与などの運営費用は主にこれで捻出しています。なので、大穴が優勝しようと圧倒的一番人気が優勝しようとそのレースでのJRAでの利益は変わりません。総売上高が上がれば利益も上がります。よって、オグリキャップディープインパクトのようなスターホースの誕生は、ファンだけでなく総売上が期待できる主催者JRAにも喜ばしいことなのです。

 

オッズの範囲(オッズの幅)について

日本競馬のシステムを知っていただいたのなら、勘の鋭い方はお気づきかもしれません。ワイドと複勝を除くその他の馬券は同着が発生しなければ本来的中するのは一通りです。(当たりは各券種で一つ)つまり、その時、その時点でのオッズを常に提示可能です。しかし、ワイドと複勝は的中が3通りあります。なので、3つを提示しなければなりません。じゃあすればいいじゃないか?正確に言えば出来なくはないですが出走頭数の関係で膨大なパターンとなってしまいます。ABCが入線した場合、ABDが入線した場合、ABと・・・終わりません。なので分かりやすく(2.2-4.3)のように最小と最大を表示しています。必ずと言えませんが、人気決着すれば最小へ、人気薄で決着すれば最大へと振れることが必然です。

 

相手は誰?

つまり、馬券とは自分との戦いです。ポーカーや麻雀といった他のプライヤーと競うのではなく自分との戦いです。聞こえは悪いですが、奪い合いに近いものがあります。単勝馬券を1,000円購入して外した場合、その何割かをJRAが徴収し、残った金額を的中者に分配します。賭けた金額は、となりの的中者に間接的に渡っていると言えます。

 

補足その1  資金配分は慎重に

上記のことから複勝やワイドの購入は、最低人気が突っ込んでくることは確率から考えても稀なので、基本的には最小値配当だと考えて資金配分を行うべきと言えます。高いところで払い戻しされるのはラッキーな時だけです。

 

補足その2 JRAプラス10

http://www.jra.go.jp/keiba/plus10/

競馬法附則第5条における「2号給付金」の通称。通常の払戻金が「100円元返し」となる場合に、10円を上乗せして110円で払戻しするもの。ただし、特定の馬番号、組番号に人気が著しく集中した場合には競馬法の規定により「100円元返し」となることがある。 

JRAにはこのようなシステムが導入されており、超人気馬の複勝でも1.1倍の配当を得られやすくなっています。ただし、尋常じゃないほどに投票が集中した場合は100円。配当を出しませんよってことになっています。平たく言えば、元返しが怖くて買えなかった馬券もお求めやすくしましたよ。ってことです。お求めやすく???お求めやすくって罠っぽくないか???

 

補足その3 悪魔のささやき

JRAプラス10_ナビ男の競馬録

ワイドはド本命ともう一頭を選ぶため悪魔は現れにくいです。しかしこと複勝に関しては違います。ウヨウヨいます。気づけば後ろにいるのです。。。

 

悪魔:負ける訳がねぇ。負けても23着なら的中だ。普段の2倍、いや10倍やっちまえ。ほらやっちまえ。

 

理性:そんな大金を失ったら精神を保てない!当たっても1.1倍にしかならない!ハイリスクすぎる!

 

悪魔:はい?えっ?てめぇは初心者かよ?え?鉄板て言葉知らねぇのかよ?ん?勘弁してくれよ。あんなのほっといて目の前の確実な1.1をもらいましょうやダンナ。10万突っ込めば1万だよ。その1万で美味しいもんでも食べに行きましょうや。

 

理性:バカなことはやめろ!競馬に絶対はない!出遅れや落馬、不利を受けることもある!勝ってもそれに味を占めて同じことを繰り返し、いつの日か致命傷を負うことになる!

 

悪魔:だぁから初心者かよ!出馬表見ろよ!10頭しかでねぇし他の馬なんて全て前走掲示板にも届いてねぇんだよ。絶対に近いことくらいわかるだろ?おん?

 

理性:体調や馬場のことは考えないのか⁉︎絶対は存在しない!冷静に考えるんだ。直線で伸びない姿を想像するんだ。それでも買うのか⁉︎やめておけ!今なら間に合う。そのお金は働いて得たものだ!いくら好きな競馬とは言え限度ってものがある!後悔してからでは遅い。頼む。やめてくれ。

 

悪魔:絶対が無いことなんて小学生でもわかってんだよ!あぁん?年に何度かある絶対に最も近いレース。それが今回だ。後悔だぁ?買わねぇ方が後悔だっつの。1着にきた時は責任取ってくれんだろうなぁ?コラ?ん?コラ?

 

理性:馬券は自己責任だ。外れても誰のせいにも出来ない。大人になるんだ。これを乗り越えてスキルを上げるんだ。その確定ボタンから指を離すんだ。悩んでいるならやめるんだ。覚悟のない大張りは不幸しか生まない。近づいてるぞ。離すんだ。押したら戻れなくなるぞ。勝っても負けても不幸しかない。そんな道誰が望むんだ。そのお金で両親やパートナー、友達に何か買ってあげなさい。それから考えても遅くないだろう?

 

悪魔:覚悟ぉ?自己責任んん?そんな言葉並べる奴はギャンブルをわかっちゃいねぇ。ド素人と話してもキリがねぇ。ほら。あと4分だ。電波状況とかもあっからもう確定押しとかねぇとマジで間に合わねぇぞ。お前なら出来る!アドバイスするならば、馬も騎手も調教師も信頼出来る。勝てると踏んでここに出して来たんだ。わかるよな?どの角度から見てもくるのはこの馬だ。あぁ、あと3分だ。行け!買え!押せ!おーせ!おーせ!おーせ!

 

 

 

ポチ

 

 

 

理性:あ。

 

 

悪魔:YES!!わーったか?理性さんよ?理性さんとやらよ?よーく見とけや。プロっつーのは勝てるところで勝っとくもんよ。

 

 

理性:・・・。

 

 

 

ガチャコン!!

 

 

スッタートしましたぁ!キレイなスタート。徐々に隊列が決まっていきます。圧倒的人気のアクマノササヤキは好位の一角三番手に付けます。折り合いもついて先頭をピタッとマーク。後続は少し離れて二番手集団を形成。更にその後ろ、23番人気が控えます。

 

先頭は軽快にとばします。 

 

1000m通過が58.6!未勝利2000mにしてはちょっと早い流れ。二番手集団までは5馬身。このままいけるかどうか。

 

先頭は4コーナーを迎えて、後続を引き離しにかかります。ジョッキーの手が動く。アクマノササヤキはまだ持ったまま。手応え十分で直線へ。

 

 アクマノササヤキが前の二頭を捉えて先頭へ!押し切り体制に入ります!

 後続も殺到。後ろに控えていた2頭は外からの追い込みにかけます!

 

 アクマノササヤキ粘れるか⁉︎後続が押し寄せる!

 内から一頭アクマノササヤキに馬体を併せる。アクマノササヤキちょっと苦しいか⁉︎

 

 外から二頭の強襲!すごい脚!一気に先頭へ!クビの上げ下げ!どっちだどっちだどっちだゴーーーールイン!

 

 外か内か?これはわかりません。早めのペースを制したのは後方待機の2頭。未勝利戦には早い時計。場内にストップモーションが流れます。んー。どうでしょうか。これはわかりません。写真判定へと持ち込まれます。3番手には3馬身以上を離しての決着。末脚勝負の競馬となりました!

 

 

悪魔:へいへいへい。ラジオの実況使えねぇなぁ~。3着が聞きてぇんだよ。さんちゃくぅ。でも大丈夫だろ。ちょっと苦しいとか言ってたけど、ちょっとなワケだし。ビビんなって大丈夫だから。

 

理性:実況の「ちょっと苦しいか?」はダメな時だ。だから言った。だから止めた。

 

実況:人気のアクマノササヤキは6着でしょうか。

解説:あのペースではさすがに苦しいでしょう。折り合いがついていただけに残念ではありますが、自力はありますし次走はしっかり立て直してくることでしょう。

 

・・・・・・・・

 

 

・・・・・

 

 

・・・

 

悪魔:じゃ、俺は次があるからよ。まだ、入金すりゃどうにでもなっから。2倍の単勝5万かければそれでチャラにできっからよ。

 

理性:あいつはとことんだな。2倍に5万賭けて的中してもまだマイナス5万だ。とりあえず風呂に入ろう。明日は仕事だ。引きずるな。何があっても俺はお前の味方だ。だからお前も俺を裏切るなよ。

 

 

この後彼がどうなったかはご想像にお任せします。このようなケースが毎週どこかで発生していることでしょう。JRAプラス10はこんなにも残念な結末を演出することもあるのです。もちろんプラス10のおかげで常勝している方もいます。それがいつまで続くのか。勝ち残れるのは一握りです。1万は日用品目線で見れば大金ですし、10万は旅行目線で見れば十分過ぎるほど楽しめる金額です。

 

単勝の1.1〜1.4倍、複勝の1.1倍は一番当たりやすい馬券(パターン)であることに違いありません。ただ、それでも確定なんかじゃないのです。銀行レースだ鉄板だと言われていてもコロっと負けてしまうこともあるのです。的中率90%とデータが表していても10回に1回、100回に10回は外れてしまうのです。それが2回続けば同じ方法で回収することは極めて難しくなります。そして競馬を嫌いになってしまうかもしれません。

 

馬券購入は自己責任。複勝1.1に魅了されないよう、1.1に取り付かれないよう、上手にプラス10と向き合うことをおススメします。

 

 

以上で【複勝ワイドのオッズ範囲】の記事を終わります。どうでしょうか?少しはお役に立てたでしょうか?またお役に立てそうなことがあればアップさせて頂きます。

 

この記事は筆者の経験に基づいて作成されています。