ナビ男の競馬録

競馬ビギナーからベテランまで、読み応えのあるブログを目指します(^ ^)

4月29,30日 出走確定

出走確定_ナビ男の競馬録

こんにちは!ナビ男です。珍しいことが起こりまして、私の愛馬たちが今週はいつもより多く出走するのですが全て土曜日。全て土曜日なのです。しかも8頭も。

これはどういうことか?日曜はゆっくり天皇賞を楽しめと?土曜のレースはしっかり勝ってやるから天皇賞を楽しめと?土曜のレースはどんなに人気がなかろうが3馬身以上離して悠々ゴールしてやるから天皇賞を楽しめと?

そうか。そうだったか。馬主でも調教師でもないただのファンでしかない私をそんなにまで労ってくれるとは。新人研修をしてるのかされてるのかわからない状態で駆け抜けた4月。頑張ればいいことあるんだな。まるで「ご苦労さん。ハイネケンでも飲みながら財布も気持ちもホクホクになってよ」そう出馬表が言っている。ありがたや〜。

 

以下、残業の貴公子ことナビ男の推しメン出走馬。

*スタート時刻の早い順

 

サンマルライバル

4月29日(土曜)東京7R 2枠3番

ダート1,600m

横山の継続騎乗。ポツンがどうのこうの言われてるけど、個人的には特に残念したり歓喜したりはしない。あの位置からじゃ届かないよな。と思ったら届いてしまうことも正直あるもので。後方からいい脚を使って伸びた前走。3着入線の舞台ではあるが、距離を伸ばしてどうなるか。未勝利や新馬をそこそこの着差で勝った馬達が人気しそうな感じがする。前走3着もそこまで人気にならないでしょう。先行馬たちがやりあってペースを上げてほしいが、ゆっくりたっぷりの〜んびり♪しそうな予感。それを見極めてミツバのような逃げを打ちそうな予感。土曜初戦から楽しみな一戦。

 

ジョリガーニャント

4月29日(土曜)東京8R 7枠14番

ダート1,400m

ニャント!中1週は未勝利を勝ち上がったローテなのです。その時も東京だったのです。その時も1,400だったのです。ニャント!?騎手は武藤雅(ムトウミヤビ)すまん。知らん。でも頑張れ。斤量が52まで落ちる。これはチャンス。今年まだ1勝だが初騎乗が3月なのでほやっほやの新人騎手。でも1ヶ月ちょっとで1勝してるんだから大したもんだよ。新人研修中の私としては更に応援に熱がはいります。

 

スズカフロンティア

4月29日(土曜)京都9R あやめ賞 6枠8番

芝1,800m

It always seems impossible until it's done.

"何事も成功するまでは不可能に思えるものである。"

ネルソン・マンデラ ノーベル平和賞受賞者 

 

アンセム

4月29日(土曜)京都9R あやめ賞 5枠7番

芝1,800m

OMG.スズカフロンティアとぶつかってしまった。共にサトノアーサー繋がりの2頭。ここから秋に向けてのスタートとなる。体が弱いので無理使いできない。調教評価を見る限りあまりよろしくない。他人の評価を気にする意味はないのだけれど情報として「平均以下の調教をしてレースに挑む」という事実は知っておくべきだと思う。ファンの多い当馬。無理せずに。。。

 

コウエイエンブレム

4月29日(土曜)京都11R 天王山ステークス 5枠10番

ダート1,200m

OP連勝を狙い、重賞戦線に駒を進めたい当馬。ただ1,200は久々。この距離も対応レンジにいれておかないと、出走レースが限られてくるから仕方なしか。それでも京都は8回出走して(2-4-1-1)と馬券率90%弱の好相性。枠も悪くない。スマートアヴァロンが1番人気で次いで当馬だろう。デビューから応援してきて少しづつ少しづつ勝ち上がってきた。本当に競馬を楽しませてくれる1頭。厳しいレースになると思うが騎手とのコンビ愛で勝利してほしい!

※前回馬券を買い損ねた痛い覚えがあるのでその分も頑張ってくれ!

 

 

・・・!

 

 

青葉賞_ナビ男の競馬録

 

東京11R 青葉賞(G2)

芝2,400m

日本優駿トライアル

2着までに優先出走権

 

4枠4番 ポポカテペトル

ついにきた。まるで本番のような気分。ムーアが乗った新馬戦(1着)からは、燃焼出来ないレースが続き、前走の阪神ゆきやなぎ賞で兄マウントロブソン(休みボケ中)を彷彿とさせる堂々とした走りで勝利をもぎ取り青葉賞の出走にたどり着いた。11月デビューの5戦目が青葉賞。いいローテだ。たぶん。府中2,400は決して悪くないはず。ただ、間違ってもハナを切ってはダメだ。府中の直線はそういうものだ。限られた馬でしか逃げきれない。そこはテン乗りルメールも分かっている。タガノアシュラが軽快に飛ばす。4馬身はなれてポポカテペトル。これだ。先行3、4番手から直線むいたら豊富なスタミナを解放。ロングスパートでそのまま押し切るんだ。できる。君ならできる。5月28日に府中で会おうじゃないか。

 

7枠9番 ベストアプローチ

殿下の期待馬。個人的にはまだ底を見せていないんじゃないかなと思う。毎回あれ?もっと出来るはず。って感じでレースを終える。広い府中は合うはずだし、全馬が力を出し切れる2,400。12頭と少数なので無理にインをつく必要もない。ここで真価を見る。

 

8枠11番 トリコロールブルー

 前走のダメージは大丈夫か?大外からあの追われ方は青葉賞を控えた馬としてはマイナスな印象。とは言え当馬もこれが5戦目。しっかりとケアされて出てくるだろう。3頭の中で唯一の東京勝ち馬。キレる脚はないので中段より前で競馬を進めてほしいところ。

 

 

以上の8頭。

 

 

この顔ぶれ。この豪華面子。色物キャラが定着しつつあるジョリガーニャントを始め、いよいよダート重賞ランクに突入するコウエイエンブレム。期待と期待と期待しかないアンセム。そこにあるのは「愛」ポポカテペトル。若干・・・いやかなり贔屓目が入ってるが、それはもうどうしようもない。ファンファーレがもう聞こえてくる。

 

贔屓目の応援メンバーはこちら

www.nabioo.com

 

前々から土曜は大事な予定があって観戦に行けないけど、みんな頑張れ!

最後まで読んでいただきありがとうございました!