読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナビ男の競馬録

惚れた馬とレースを共に。

圧倒的存在 ロードカナロア

 

勇士の軌跡シリーズ第2段です。

高松宮記念を控えた今、近年のスプリントを代表するサラブレットである「ロードカナロア」の軌跡をここに綴ります。

 

プロフィール

2008311日、父キングカメハメハ、母レディブラッサムの間に生まれた鹿毛の牡馬。馬主はロードホースクラブ。冠名のロード、ハワイに伝わる海の神カナロアから馬名が決められた。2012年、2013年の最優秀短距離馬として選ばれ2013年は年度代表馬にも選出。スプリンターで年度代表馬は珍しい。19戦(海外含む)の成績は(13-5-1-019戦して全て馬券圏内という驚異的な強さを誇る。G16連勝。入厩は安田厩舎。主戦は前半を福永祐一、後半を岩田康誠が手綱をとる。

 

デビュー

2010125日。デビューの地は小倉1200m。上がり最速34.9をマークし2着馬に1秒(6馬身差)をつけて電撃デビューを飾る。前評判が高く単勝オッズは1.2倍と集中。噂に違わぬ強さを見せつけた。

 

続く2戦目は15日の中山1600m。マイル。このころは、マイルをフィールドにするべく調教が施されており、挑戦の意味で中山を選択した。スタート後、4番手につけるが400mほどで先頭にたってしまう。狙ったものではなく掛かってしまったような感じ。最終コーナーを回って後続を引き離しにかかるもゴール手前で2番人気デルマドゥルガーに差され半馬身差の2着。オッズは2.1倍だった。

 

2週で挑む3戦目は京都の1400m。逃げ馬不在もあってかスタートからハナをきる。押し出されたよう形。淡々としたながれで進み最終コーナーで仕掛け引き離しにかかるが、またも先行していた1頭ラトルスネークに差されてしまう。2戦続けて目標にされてしまった。ちなみに3着には先日引退したダコール(牡9)も参戦しロードカナロア3着と迫っていた。ここで安田調教師は1200mがベストだと判断を下す。この早い判断が吉とでる。

 

スプリンターとして

休養を挟み416日、デビューを飾った小倉の地で1200を走る。圧倒的人気の1.3倍。力上位なのはファンもわかりきっていた。前走同様ハナをきる。そのまま逃げ切り3馬身以上の差をつけ1着。続く5月の京都1200mも危なげなく勝利。連勝を始める。夏を全休し11月の京都1200m。調整過程が不満足な内容であったのと、初の古馬対戦の影響のためかオッズは2.9倍とそこそこ。騎手はここから福永祐一。しかし、ロードカナロアは全く問題にしなかった。不安もなかった。ここで現役通して最速となるあがり32.7稍重馬場で記録。古馬相手に1馬身以上の差をつけて勝利。スプリント重賞戦線に突入していく。

 

 

3歳最後のレースは京阪杯ジョーカプチーノワンカラットなど短距離界を牽引する馬もいるなか3歳のロードカナロア1.6倍の断然人気。前走の勝ち方の衝撃がいかに強かったかをオッズが物語っていた。好意にとりつき3番手で最終コーナーを周り直線へ。内でためた脚をいかんなく発揮し1馬身以上の差をつけて悠々ゴール。着差もあるが、それ以上に強い勝ち方だった。古馬の重賞クラスを相手に先行押し切り。これをスプリントでしかも3歳馬がやってのけるには並大抵の素質では難しい。視界が広がる。G1が、高松宮記念が見えてきた。

 

4歳になったロードカナロアを自信をもってシルクロードステークスへ送り出す。ここを勝って堂々と高松宮記念へと考えていた。自信はあった。どんな競馬でも対応できる、どんな馬場でも対応できる、どんなコースでも対応できる。であれば、どのパターンであれば倒せるか。4歳になったばかりの馬がシルクロード1倍台。マークが厳しくなることが予想される中スタートがきられた。内外各馬が押して先行していく。得意の好位差しのパターンには持ち込ませない。これが各騎手の戦法だった。中段で囲まれる形になった。どうだろうか。揉まれ弱いケースなど考えたくもない。そのまま9番手で最終コーナーを回って直線へ。若干馬群がバラけるもここは京都。なだれ込むように先行集団は追い出す。馬群を捌くことをやめ、外にだすロードカナロア。エーシンダックマンが先頭のまま粘りこみを図る。

先頭との差は5、6馬身。京都の直線は短い。さぁどうか。積んでいるエンジンが違う。一気に先団を飲みこむロードカナロア。一頭別次元の競馬だった。2馬身以上の差をつけてゴール板を駆け抜けた。追い出しが遅れたにもかかわらず上がりは最速の33.6。さぁ、いよいよ一線級の電撃スプリント対決へ。

 

高松宮記念 G1

2012年3月25日。舞台は回収が終わった新しい顔の中京競馬場。回収後初のG1が当レースとなる。スプリントを代表する馬が出揃った。その中でロードカナロアは初の古馬G1にも関わらず2.4倍の一番人気に押された。5連勝しての参戦。納得のいく人気だった。しかしこれはG1。2番人気には昨年のスプリンターズステークス覇者であり同厩のカレンチャンがつける。3.9倍。3番人気は吉田豊のお手馬、6歳ベテランのサンカルロ。4番人気は昨年京阪杯で下したジョーカプチーノ。5番人気はこちらも同厩、安定した成績を持つダッシャーゴーゴー。新たなコースで、芝も強く重たい馬場となっていた。ある程度ペースが早くなるとサンカルロの末脚が怖い。スローになれば重い馬場が味方して先行有利なレースとなる。しかし、その場合カレンチャンが強敵となる。鞍上の福永は

当日の朝、自らの足で馬場を確認していた。重い。積極的なレースで前に出していこう。そう答えをだした。枠は最内の1枠1番。

 

体制完了。スタート。

 

絶好のスタートをきるロードカナロア。おっつける訳ではなく、本来のスピードに福永は託した。外からエーシンダックマンが押してハナを主張、カレンチャンもそれに続く。数頭に被されるような形で道中むことになった。ペースはスロー。予想通り先行有利の流れとなった。最終コーナーまで隊列かわらない。スローを読みきったのか、直線入り口でカレンチャンが早くも動く。ワンテンポ遅れてロードカナロアも追い出しを開始。ラスト300となっても先頭集団の体制は変わらない(ハナを主張したエーシンダックマンは脱落)カレンチャンの内をつくロードカナロアダッシャーゴーゴーカレンチャンの外。しかし中々その差が詰まらない。外から一頭猛追のサンカルロ。ラスト100。サンカルロの勢いがいい。逃げ粘るカレンチャンロードカナロアの脚はここまでが限界だった。勝ったのはカレンチャンサンカルロの猛追をクビ差凌いだ。褒めるべきはサンカルロの脚。先行圧倒的有利の状況で中段後方から一気の脚をみせ負けて強しの内容。ロードカナロアは3着。評価はそれぞれだったが、悲観する内容では決してない。勝ち馬とは差を詰めることが出来なかったが、広げられた訳でもない。ポジションによっては結果が逆だった可能性もある。改めて底力を確信できる内容だった。

 

高松宮記念結果

1着 カレンチャン

2着 サンカルロ

3着 ロードカナロア